AGA治療の種類と注意点とは?

いざAGA治療を受けようとクリニックや育毛サロンを探し始めると、どのような治療方法があるのか、どこで治療を受けるべきか悩みますね。症状によっても治療法は変わります。初期の症状であればごく短期間で改善するでしょうし、進行した症状であれば気長に様々な治療法を試しながら、効果が出るまで付き合っていきたいですね。その為に、基本的な治療法の種類や治療を受けるに当たって注意したい点を考えていきたいと思います。

治療薬を服用、塗布する方法

AGA治療を始めると症状に合わせた投薬が行われます。治療薬には錠剤を服用するものと頭皮に塗布するものとがあります。それぞれどのような使い方をすべきでしょうか。まず服用するタイプの治療薬は、フィナステリドという成分を錠剤にしており、特に初期のAGAには大きな発毛効果が期待できます。1日に1回、1錠ずつを服用します。服用するタイミングは、朝、昼、晩のいつでもよいのですが、有効成分の量を一定に保つために、できるだけ毎日決まった時間に服用することが大切です。また塗布する治療薬の場合、塗ってから吸収されるまでに、5から6時間程度かかります。その間は汗をかいたり、せっかく塗った薬がとれるようなことは避けた方がよいでしょう。また効率よく薬の効果を得るために、朝晩2回塗ると薬の効果を持続させることができます。

施術を伴う方法

AGA治療を始めると、薬以外にも施術を伴う治療法があります。まだ抜け毛が始まった初期段階や薄毛とはわからない段階であれば、治療薬の服用で一定の効果が得られる場合が多いでしょう。また薬の服用のみであれば、AGA専用クリニックでなくても皮膚科などへの通院で治療可能でしょう。しかし症状が進行していたり、前頭部や頭頂部の毛髪が大分抜け落ちている状態からの治療では、施術を行わなければ満足な効果が得られません。具体的にはどのような施術をするのでしょうか。施術には、髪の毛の成長を促す栄養成分や治療薬を頭皮に直接注入することで発毛を促す方法があります。メソセラピー療法やHARG療法と呼ばれ、新しいAGA治療法として注目を浴びています。他にもまだ残っている自分の毛根ごと採取し毛根の無くなった場所に移植する自毛植毛という方法もあります。

AGA治療を行う際の注意点とは

AGA治療を受けるに当たり、どのようなことに注意しておくべきでしょうか。まずどこで治療するのかですが、一般の病院の皮膚科で治療する場合と専用クリニックでの治療とあります。自分のAGAの進行度合いによりますが、一般的に皮膚科の場合は、脱毛の進行度合いを緩やかにするなど現状維持にウェイトを置いています。そのため検査などを行わない医療機関も多いようです。次に費用についてですが、専用クリニックや皮膚科を受診して治療する場合、保険適用外となるため、費用は全額自己負担になります。また専用クリニックでの治療では、月に約15000円から30000円程度かかることもあります。症状が軽度であれば通院頻度も低く、1回の費用も抑えられる皮膚科での治療もいいでしょう。AGAの進行度合いによって、どのような治療を受けるか決めていくとよさそうです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る