髪の毛について知っておくべき知識とは

髪の毛はおしゃれやファッションにも欠かせないものとなっています。一方でAGAなどの脱毛症への意識の高まりから、髪の毛を大切にするシャンプーや育毛剤なども数多く研究され、開発され、販売されるようになりました。

髪の毛に関する正しい知識を持つことによって、自分で必要なケアを日常生活に取り入れることができるようになります。いつまでも元気な髪の毛をキープできるようにしましょう。

髪の毛の構造とは

髪の毛が元気でフサフサしていると、それだけで気持ちの良いものですし、いろいろなおしゃれやファッションも楽しめるようになります。短い髪型にしても、健康であれば伸びてくるので季節に合わせて髪型を変えることもできるでしょう。髪の毛は、おしゃれやファッションに欠かせないわけですが、髪の毛の本来の役割は他のところにあります。

まず頭部を保護する役割です。頭には脳を含めて重要な器官が数多くあります。外からの刺激、雨や風、暑さや寒さ、衝撃、紫外線など数多くの事から頭部を保護しているのです。さらに毛根が敏感のため、感覚器官としての働くもあります。もう一つあげると体内の不要物を排出する働きがあります。体内に有害物質が入り込んでしまった時には、髪の毛を通して体外に排出する仕組みがあるのです。

ですから薄毛になったりしてしまうのは保護する役割も失われていくことになります。しっかりと治療をおこなう動機付けにもなるでしょう。

ではさまざまな役割を果たしている髪の毛の構造はどうなっているのでしょうか。基本的には三層構造になっており、一番外側がキューティクルと呼ばれており、一番固い部分となっています。そして二層目がコルテックス、三層目がメデュラと呼ばれています。一番根本にある毛根が三層構造を束ねているのです。

硬毛と軟毛の違い

このように重要な役割を果たしているわけですが、次のような話を聞いたことはないでしょうか。髪質が硬い、髪質が柔らかいという話です。同じ髪の毛で同じ目的を果たしているのに、硬いとか柔らかいということはあるのでしょうか。結論から言うとあるのです。

硬毛と軟毛の違いは、一番外側にあり、一番硬くて髪の毛を保護するキューティクル、そしてキューティクルの下にあるコルテックスが関係しています。一般的に硬い髪と言われている人の髪の毛は、キューティクルの層が厚くなっています。またコルテックスの密度も濃くなっているため、結果として髪質が硬いということになります。

では柔らかい髪はどうでしょうか。これも理屈で考えると単純な話になりますが、キューティクルの層が薄くなっており、コルテックスの密度も硬い髪と比較すると密度が高いわけではありません。この結果が硬い髪と柔らかい髪の違いを生み出すのです。

髪は大切にしよう

このように髪の毛は頭部を保護する役割があり、さらに髪の毛の構造も複雑で自分自身で保護する構造になっています。元気な髪の毛が多ければ多いほど、おしゃれやファッションを楽しむと共に、しっかりと保護していくことが可能になります。

AGAなどの病気によって抜け毛や薄毛が進行してしまうことがありますが、AGAに関する正しい知識と理解を持つようにし、気になる時には早めに医療機関で受診すること、そして自分で行える毛をしっかりと行うことを大切にしましょう。

そうすることによって大切な髪の毛を長年にわたってキープすることが可能になります。AGAの予防だけではなく、髪の毛をしっかりとケアすることを意識した生活を心がけるようにしましょう。

まとめ

これまで取り上げたように毛根が三層構造(外側からキューティクル、コルテックス、メデュラ)を束ねており、どの層が厚く密度が高いかによって、髪質が硬くなったり柔らかくなったりします。そして何よりも大切な頭部を保護する役割を果たしているのです。AGAなどの病気によって薄毛や抜け毛が注目されるようになりましたが、本来の役割を発揮できるように、そしておしゃれやファッションも楽しめるように髪の毛を大切にする気持ちを持つようにしましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る