AGA治療とホルモンバランスの関係性とは

ホルモンバランスは普段はあまり意識することがありませんが、健康を保つうえで非常に重要な役割を担っており、めまいや頭痛など、あらゆる周辺症状を引き起こします。

男性の場合、AGAになってからホルモンバランスの乱れを指摘されるケースも少なくないようです。

AGA治療とホルモンバランスの医学的な関連性や治療上の注意点、日常生活でできるケアについてまとめました。

女性型脱毛症についても解説していますので、ぜひとも御参考になさってください。

ホルモンバランスの乱れが薄毛の原因!?

薬やレーザー治療などのアプローチは確実ですが、毎日の栄養補給こそホルモンバランスの調節にもっとも有効だと考えられています。皮膚は体内の末端組織であり、短期間栄養が欠乏するだけでも直接影響を受けることがあります。とりわけ、ビタミンの欠乏は悪影響を及ぼし、毛根の正常なターンオーバーを妨げ、さらに血流の悪化を招くなど、あらゆる有害な影響を引き起こします。意識的に日常生活の中でビタミンC、ビタミンA、ビタミンEなどを積極的に摂取して、栄養が適切に頭皮の奥深くに浸透させるようにしましょう。

そして質の良い睡眠もAGA治療には重要です。「睡眠は人体にとって最高の薬」と言われています。人は、翌日の健康を得るために睡眠と体の歪みをリセットすることによって、1日の疲れをクリーンアップしています。確実な睡眠を確保するためには、特に睡眠のゴールデンタイムとよばれる22時から2時の間にノンレム睡眠に落ちることによって、肌に長期間効果的な栄養補給を行い、AGAの原因となる頭皮のストレスの軽減につながります。

便秘とAGAもまた驚くほど深く結びついているといわれています。便秘になると腸内環境がどんどん悪くなり、それはそのまま肌の栄養不足につながります。乳酸菌を積極的に摂取すると、正常な排便サイクルを促すことで腸内環境を良好に保ち、全身の代謝を活性化させます。その結果、頭皮のターンオーバーも正常化され、古い皮脂が周期的に代謝される理想的なリズムが回復します。もちろん、栄養バランスを保つため乳酸菌だけでなくビタミンB群なども一緒に摂取すると、肌の免疫力が向上し、ストレスに負けない頭皮を手に入れることができます。

男性の場合は増えすぎることが原因に!

AGA治療の医学的アプローチの代表として外用薬があります。薬にはさまざまな種類がありますが、主に脱毛の進行を抑える作用と再発を防ぐ作用に分けられ、これらの2つの作用をバランスよく組み合わせることで、ストレスがほとんどない肌の環境を回復します。

外用薬の中にはステロイドも含まれていますが、ステロイドアレルギーを防ぐためには、まず自分の体質をチェックし、弱い薬から始めてみる必要があります。

脱毛症ケアの内科的アプローチは、内服薬によって欠けた栄養素を補充し、頭皮のバランスを正常化することです。特にビタミンCの積極的な摂取は脱毛症だけでなく、あらゆる皮膚トラブルの予防に非常に重要であり、インフルエンザ予防にもつながります。しかし、内服薬への過剰な依存は、むしろ身体のトラブルを引き起こし、脱毛症などをかえって起きやすくするため注意が必要です。

脱毛症への物理的なアプローチとしてレーザー治療があります。レーザーで頭皮に刺激を与えるものですが、短時間で治療ができるというメリットがあります。しかしながら、少なからず体を傷つける行為であるため、場合によっては副作用が目立つことがあり、問題が完全に解決されない場合があります。治療にあたっては主治医のスキルを慎重に見きわめ、カウンセリングを繰り返し、納得したうえで治療を受けるようにしましょう。

食生活の改善などというと難しく感じられるかもしれませんが、要するに、バランスの取れた食事を心がけ、特に食物繊維を多く含む食べ物を積極的に摂取することで栄養バランスが正常化され、肌トラブルが起こりにくくなるということです。食物繊維を摂取して排泄のリズムを整えることにより、老廃物の代謝が促進され、毛穴が詰まるリスクを最小限に抑えることができます。

脱毛症に対しては、日常生活の中で多くの予防的アプローチが可能です。典型的なアプローチは、肌・頭皮に潤いを与えることです。とくにこまめな洗顔は皮膚を清潔に保つだけでなく、間接的に頭皮の保湿にもつながります。洗顔の際にはぬるま湯を使用して肌を刺激しないように注意してください。力を入れすぎることなく円を描くようにやさしく洗うとより効果的です。

女性の場合にはエストロゲンの減少が関係している

意外とあまり知られていないことかもしれませんが、女性型脱毛症の場合は頭皮環境そのものよりもホルモンバランスの崩れによる、体調不良などが原因となっていることがあります。

とくに脱毛の進行がなかなかおさまらない場合は、胃腸の機能不全が背景として隠れている可能性があります。毛根の詰まりの主な原因が老廃物の蓄積であることを考慮すると、胃腸が正常にはたらかないことにより老廃物の代謝サイクルが乱され、結果として脱毛症になりやすい頭皮環境となってしまうのです。

不規則な食生活もまた大きな原因のひとつと考えられており、消化器系に負担をかけるジャンクフードなどの脂っこい食事を続けていると、頭皮に良くない油分が蓄積することがあり、発毛サイクルが著しく阻害されてしまいます。治療後も脱毛症が進行しつづける場合は、アプローチを大幅に見直す必要があるので、皮膚科以外の受診も考えてみましょう。特に女性は男性よりも、便秘や肌トラブルが多いといわれているので、皮膚科や内科へ駆け込むのもよいですね。

もともと、心と体の緊張を保つためには一定程度のストレスが必要ですが、強いストレスが慢性化すると体内のバランスが失われ、体の不快感を引き起こします。脱毛症はそれらのひとつであり、強いストレスは老廃物の代謝サイクルを崩壊させ、結果として健康な毛髪が育たなくなるという悪循環に陥ります。また女性は月経があるので、ホルモンバランスが崩れやすく脱毛症に結びつくことがあります。この場合、根本的なストレスの原因をとりのぞかないかぎり、表面的なスキンケアを行っても治療に結びつくことはありません。積極的な治療をしても思うように現れない場合は、睡眠不足や腸内環境の改善といった、他の原因も考えてみましょう。

まとめ

AGAとホルモンバランスは、実は密接に結びついています。男性・女性問わずホルモンバランスが崩れると少なからず頭皮にダメージがあることは確かです。

また胃腸障害や肌荒れなどさまざまなトラブルを引き起こす可能性があるため、できるだけ早い段階で専門医の治療を受けるようにしましょう。

ストレスを軽減させることで、ホルモンバランスが改善することもあるので、できるだけストレスをなくすのもAGA治療には有効だといえます。

この記事をシェアする
TOPへ戻る