AGA治療と男性ホルモンとの関連性

AGA治療とは、たんに薄毛を克服して髪の毛を増やすことではありません。最新の研究でAGAの進行度と男性ホルモンのバランスが密接にかかわりあっていることがわかっており、従来とは違ったアプローチでの治療法が開発されています。なぜ、男性ホルモンが多いとAGAが進行しやすくなるのでしょうか。髪の毛が生えるメカニズムから解説するとともに、AGAと診断されたあとも進行を食い止める方法についてまとめています。加齢現象だからとあきらめずに、若いうちからAGA治療に取り組みましょう。

なぜAGAが男性ホルモンと関係しているのか

おおまかに言えば、AGAは、男性ホルモンの異常分泌によって発毛サイクルが正常にまわらなくなることによって起こります。健康な人であれば発毛周期は正常に保たれていますが、何らかの理由でこのリズムが乱されると、髪の毛が抜けるばかりで新しい髪がほとんど生成されず、AGAという状態になります。男性ホルモンの代表であるジヒドロテストステロンの過剰な増加は発毛周期を見出し、薄毛を進行させます。

一般的なAGA治療では病院を訪れなければならず、コストと時間のロスが心配です。AGA治療においては最初のクリニック選びが重要となりますが、カウンセリングの段階で髪の毛が増えることの利点だけを強調するクリニックを信頼するべきではありません。本当の意味で自信を持ったクリニックでは、治療のリスクと総費用を適切に説明してくれるはずです。また、本来必要不可欠なはずの重要事項の説明を省いて、すぐに治療をはじめたがる医師にも注意してください。AGA治療というと何やら特別な治療のように思えるかもしれませんが、結局は普通に病院を選ぶ時とポイントは同じです。基本的なチェックポイントを事前に整理し、信頼できるクリニックを選択しましょう。AGAとひと口におこなっても症状の表れ方にはいくつかのパターンがあるので、それぞれのパターンに合わせた治療法を臨機応変に提案できる経験豊富な医師を見きわめることも重要です。

AGA治療においては実際に薄毛を治していくプロセスも大切ではありますが、その後のフォローもまたきわめて大きな意味をもちます。AGAは長期的な経過観察が必要であり、いったん髪の毛が増えたと思っても短いサイクルで症状が再発してしまうこともよくあります。

男性ホルモンが多くても薄毛にならないようにするためには

単純に男性ホルモンが増えるだけではAGAは発症しません。男性ホルモンだけでなく女性ホルモンのバランスがくずれ、なおかつストレスや乱れた食生活などさまざまな要因が複雑に重なり合ったとき、AGAというサインとして表れるのです。ホルモン異常とともに注意したいのが自律神経の乱れです。自律神経は交感神経と副交感神経に分けられ、状況に応じて心拍のリズム、体温、血圧などを調節する役割を担ういわゆる司令塔です。

健康であれば日常で意識することはありませんが、動悸、吐き気、疲労しやすい、などの異常を感じてはじめて自律神経系の障害に気づくのは珍しいことではありません。めまいで動悸が激しくなり、疲労しやすい状態が持続するのは、副交感神経が疲れているサインであり、同時にアクセルの役割を担う交感神経の異常も疑われます。自律神経は車の両輪のような関係にあるので、どれか一方が欠けても、健康を維持することはできません。忙しい現代人はとくに自律神経を乱しやすい生活を送っていると言われ、めまいをともなう動悸や寒気を感じている人は増加の一途をたどっています。生活リズムを見直し、自律神経を強化すれば疲れやすい体質を改善することができます。

自律神経系の強さは本来の体質に左右されますが、日々の生活習慣を少しでも規則正しくすることでバランス調整機能をきたえることができるといわれています。たとえばオフィスなどで長時間エアコンを使用している場合、身体の温度制御機能は必然的に衰えることになり、ちょっとしたことでも疲れを感じる体質に変わります。空調の時間を制限する、日が変わる前にベッドに入る、夜間にあまり強いお酒を飲まないなどの基本的なことを維持することで、めまいや動悸を起こしにくい体を手に入れることができます。

薄毛にお悩みであれば、早めにAGA治療を行おう

AGA治療は初期段階のうちにはじめるほど高い効果が得られると言われています。それは単純に薄毛の程度がまだ弱いということもありますが、体内のホルモンバランスがまだ正常なうちに治療をすることで状況がよくなると言われています。AGAの原因は男性ホルモンに限られていません。日頃の食習慣もまた発毛周期に大きな影響を与えると考えられており、薄毛の程度が軽ければ食事の内容を見直すことで改善するかもしれません。

AGA予防に効果的なのは、おもに海産物です。わかめのような海藻に含まれるミネラルは、育毛を助ける機能を有し、食事から毎日摂取することで自然と薄毛防止になります。また、ミネラルは人体に欠かせない栄養素であるため、毎日適量を摂取することで栄養バランスを保ち、健康の基盤をつくることができます。もちろん、ミネラルだけではありません。海藻だけを食べていると、栄養バランスに偏りが生じます。たんぱく質、炭水化物、脂質をバランスよく食べることで、発毛サイクルを正常に保ちます。ストレスもまたAGAにとっては天敵と言えるでしょう。ストレスが蓄積すると、頭皮の血流が悪化し、その結果、毛髪が適切に成長しなくなります。言い換えれば、AGAを防ぐための第一歩は人間らしく普通に暮らすことです。バランスのとれた食事をし、不必要なストレスを避け、体にやさしい生活を続けていれば、薄毛のリスクを最小限に抑えることができます。

もちろん、遺伝の影響を受けてAGAを発症する場合もあり、その場合は専門医に相談し、植毛などの治療を考慮する必要があります。ストレスとAGAの因果関係はここ数年になって解明されはじめたばかりです。極端に乱れたライフスタイルはしばしば大きな原因となるため、AGA自体に対処しようとすると根本的な治療につながらないケースもあります

まとめ

AGAと男性ホルモンは密接な関係にあり、治療に際しては総合的な観点から複数のアプローチを検討していく必要があります。ストレスや生活習慣もまたひとつのキーポイントですので、薄毛そのものにばかりとらわれるのではなく、ライフスタイルの見直しも必要になるかもしれません。多忙な現代人には改善がむつかしい場合もありますが、早寝早起きを心がけストレスのない生活を送ることが一番の予防方法です。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください