肥満がでAGAに影響してしまう理由と改善方法

肥満状態がAGAを悪化させる要因になり得ることは以前の研究からもわかっていました。より正確に言えば、脂肪が過度に蓄積した状態が体内の血流をさまたげ、その結果として頭皮に充分な栄養素が行き届かなくなることでAGA治療の効果が薄れてしまうと考えられているのです。言い換えれば肥満を解消し、全身の血流を正常化することにより頭皮の状態を良くし、健康な毛髪が育ちやすい土壌をつくることができます。AGA治療は、体質改善のプロセスでもあるのです。

食べすぎが身体に及ぼす影響とは?

肥満傾向にある人に往々にして見られるのが血液凝固です。血液が濃くなりすぎると動脈硬化を引き起こし、体内のあちこちに生じた血栓とよばれる血の塊が血管を傷つけるため、最悪の場合は血管が破れて脳溢血や大動脈解離などで死に至る危険性もあります。初期の動脈硬化は局部的であり、影響範囲もごくかぎられていますが、慢性になると血管の修復が追いつかなくなり、血栓が肺や心臓などに入り込んでしまいます。脳内の血液が詰まるといわゆるとよばれる状態になり、血栓が破裂すれば脳出血へと移行します。重度の血栓症が起こっていると全身が極端な低血圧状態になり、それがさらに進行すると、四肢の壊死などの原因となることがあります。

肥満を解消するにはダイエットが効果的ですが、「無理なく自然に痩せたい!」というのは年齢に関係なく、すべての患者さんに共通の願いであり、時代を超えても決して変わらない欲求です。このようなニーズを満たすべく、これまでに数多くの医学的な食事療法が開発され、実践されてきました。しかし、その多くは明確な効果が示されないうちにあっけなく忘れ去られ、より簡単で効果がありそうなダイエット法に置き換えられ続けています。なぜ、ひとつのダイエット法では効果を確かめられないのでしょうか。シンプルなダイエットは確かにそれほどの時間と労力を必要としませんが、だからこそ期待以上の効果が出なければ無意味なダイエット法と見なされ、自然消滅のような形で消え去ってしまいます。

手軽さゆえに引き起こされる過度の期待こそがダイエットを長くつづけられない理由なのです。AGA治療専門クリニックでは、重度の肥満が認められる方に対しては体質改善を優先し、長期的なスパンで痩せられる方法を提案しています。

脂肪と栄養素の関係性とは?

肥満が極度に進行すると、AGA治療においてもある程度の食事制限が課される場合があります。制限される食品の代表格は、脂質を多く含む食品です。脂質は体内で脂肪に変換される栄養素で、適度に摂取している分には問題ありませんが、過剰に摂取すると内臓脂肪や皮下脂肪が蓄積し、肥満だけでなく心疾患などの原因となります。ただし、レシピによっては脂質が多い食品でも問題なく食べられる可能性がありますので、主治医や栄養士のアドバイスを参考にしましょう。脂質にかぎらず、食事制限が必要な食品は数多くあります。

目標が見えにくい食事制限は、患者自身にとっても、それをサポートする家族や友人にとっても苦痛です。しかし、食事制限が苦痛に感じない方法はありますし、ちょっとした楽しみをつくるだけでも気分をリフレッシュすることができます。食べられないと思われる食品の中には、レシピを少し工夫するだけで食べられるようになるものもあります。食事制限は確かに過酷ですが、その中で少しずつ食べられる食品の幅を広くしていくことは、ダイエットを長くつづけるコツでもあります。しかし、調理法を工夫するときは、自分自身で安易に判断することなく、必ず担当医の意見を聞くようにしましょう。食事制限の品目をひとつひとつ暗記するよりも、AGAや肥満そのものを論理的に理解し、なぜ食べてはいけないのかを理論的に考えることによって、知識の深化につながり、自己管理を継続するうえでも非常に役立ちます。

食事制限が原因でどうしてもAGA治療をつづけられなくなった場合は、無理をせずに担当医に相談し、負担の少ないアプローチに切り替えてもらうこともひとつの方法です。すでに自覚症状が表れているほど進行した肥満の場合は、まず、体質改善のほうを優先させましょう。

身体の体質を変えることでAGAを改善しよう

肥満、というと見た目にも太り気味の状態のみをイメージするかもしれませんが、実は最近、痩せていても実は脂肪が規定値を超えているという、いわゆる「隠れ肥満」が注目されるようになりました。キーワードとなるのは内臓脂肪で、たとえ見た目が痩せている人であっても内臓脂肪がたっぷりと蓄積されている場合があり、皮下脂肪型肥満と同じく動脈硬化や脳卒中のリスク要因となります。

内臓脂肪が過剰に蓄積した状態では体内のホルモンバランスが乱れてしまい、その結果として頭皮環境が悪化することもわかっています。痩せているからと言って決して油断せず、定期的に内臓脂肪をチェックしておくことをおすすめします。毎日の健康管理をサポートするのはAGA治療クリニックだけではありません。一部のスマートフォンなどには「メディカルID」とよばれる情報を記録することできます。メディカルIDは、氏名、年齢、性別、体重、血圧、投薬履歴などの詳細な情報を記録することができ、医療機関にとって有用なデータとなります。端末がロックされている状態でも緊急ボタンでメディカルIDを呼び出すことができるので、健康なうちに登録することは有効です。定期的に血圧と投薬履歴を更新することで、メディカルID自体が健康記録のようになり、歩数計アプリケーションと組み合わせると、日々の健康状態をより確実に把握することができます。

いつでも携帯するスマートフォンにメディカルIDを記録しておけば、たとえば外出先で予期しない緊急事態が発生した場合でも治療に必要な情報を医療機関に迅速に伝えることができます。AGA治療においてもメディカルIDを活用することで、毎日の健康管理を容易にする試みが進められています。

まとめ

AGAと体質の関係は意外に根深いものがあります。とくに脂肪過多の人の場合は頭皮の血行が阻害されやすくなり、AGA治療の効果が正常に発揮されなくなります。表面的には痩せて見える人でも内臓脂肪がしっかり蓄積している可能性があるため、定期的な健康チェックをおすすめします。脂肪過多の方は、医師による適切な治療をした結果、毛髪にも良い影響があったというデータもありますので、心身ともに健康を手に入れるチャンスです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください