AGA治療薬アボルブは効果があるのか?

AGA治療薬の特効薬として発売されたアボルブはご存知でしょうか。そもそもAGA治療薬としてプロペシアという投薬が存在していました。このプロペシアは何年もAGA治療薬として普及していたため、こちらの方が知っている方も多いことでしょう。しかしアボルブはプロペシアを凌ぐ新薬として脱毛症だけでなく発毛促進も期待できる薬品として人気を集めています。そんなアボルブについて、期待される効果や子の服用によってもたらされる副作用など、気になる効能のアレコレについて調べてみました。

アボルブってどんな薬?

AGAは頭髪の脱毛症のことです。従来使われてきたAGA治療薬やプロペシアという薬は、5a還元酵素Ⅱ型というAGA発症の原因になっているものに作用する効果があります。プロペシアはこのAGA発症原因に作用して、その動きを抑制することでAGAの進行を遅延させようとするためのものです。

ただし問題点があります。AGAとは5a還元酵素Ⅱ型によってのみ引き起こされるものではないのです。Ⅰ型も存在する厄介なものなのです。つまりプロペシアはⅠ型を止めることができません。その為AGAを完全に止めることができず、遅延させる効果しか持っていないのです。AGA治療薬とはいえプロペシアの効果はAGA進行の遅延ですので、薬品としての効果を果たしていると言えますが、ここがプロペシアの欠点と言えます。

しかし、AGA患者さんのなかには「いや、AGA治療なんだから遅延じゃなくて、進行を止めてよ。」と思う方もいらっしゃるでしょう。その為プロペシアとは違った作用を持つ新薬の登場が待ち望まれ、実際に新薬が登場すると、その治療薬へ変更した患者さんも多くいるというところなのです。新薬アボルブは、プロペシアと違い5a還元酵素Ⅱ型とⅠ型のどちらにも効果を発揮するため、AGA進行を抑制することができます。ちなみにこの5a還元酵素Ⅱ型やⅠ型というのはどこにできるかといえば、できる箇所は私たちの身体の中です。

身体の中で登場した5還元酵素Ⅱ型やⅠ型は、細胞を通って毛根のさらに奥、毛が生まれたり育ったりするほどの奥に入り込むのです。ここで毛根の栄養分を奪い、結果毛根が死滅したり、毛が抜け落ちたりするということが起きてしまっていたのです。アボルブはこの毛根の養分を奪ったり、死滅させる働きがある5還元酵素Ⅱ型やⅠ型を抑制するので毛根が死滅しません。さらに新しい養分をもって生まれ変わった毛根によって新しい毛が生えてくると言ったサイクルを作り出してくれます。AGA治療は、こうしたアボルブのような内服する治療薬だけでなく、外用薬などと併用することで改善を促す治療方法が行われています。

AGAに効果がある有効成分

AGA治療では、内用薬を服用する方法と、外用薬などを塗布する方法、さらに生活習慣病の改善や洗髪の際の注意など、幅広く存在しています。病院による処置もこの治療に含まれますが、このように治療方法が多岐に渡るAGA治療で、一番オーソドックスなものは内用薬と外用薬の併用のようです。ではAGAとはどうして発症するのでしょうか。また、どんな環境の人が発症するのでしょう。そして、その治療に効果があるのはどんな成分なのでしょうか。こうした問題に関して、明確な答えはありません。

そもそもAGAが発症するのは環境や生活習慣病、遺伝など様々な要因が複雑に絡み合って引き起こされています。一概に、こうなるからAGAを発症する、と言えるものを見つけるのは困難です。しかし、ストレスや暴飲暴食などが影響を与えている可能性が高いといわれていますので、AGAは現代病の一つともいえます。そんなAGAですが、発症のメカニズムについては簡単に説明すると、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの異常変化や増量などにより、身体の中で自らを攻撃することで発症します。つまり、このホルモンを抑制すれば、症状の悪化を抑えることができるという訳です。

そしてアボルブなどの治療薬は、こうしたホルモンの抑制をする効果を持っています。AGA治療薬に含有されている成分は、このようにホルモンのメカニズムに抑制や制御といったブレーキを掛ける効果を持ったものが多いです。ジヒドロテストステロンの抑制を目的としているアボルブには、デュタステリドという成分が含有されており、ジヒドロテストステロンを上手に抑制することでAGA進行を抑える効果があります。

このジヒドロテストステロンの抑制のために、AGA治療薬はそれぞれ含有する成分が異なり、その違いは体質や状態によって合わせることで症状の改善を図っているのです。その為、AGA治療薬は短期間で効果を発揮するというよりも、長期的に自分の身体の状態を把握しながら改善を図ることを目的にしているものと言えるのです。

日本では許可されていない!?アボルブの取り扱いについて

アボルブはそもそも、前立腺肥大症などの投薬として開発された経歴を持つ薬です。その薬に含有されるデュタステリドが男性ホルモンの抑制に効果を発揮することが判明してから、AGA治療薬として普及してきた歴史を持っています。このように、アボルブはそもそも別の病気の治療薬として販売されたものの、AGA治療にも強力な効果を発揮する薬でした。このような人体のホルモンに影響を及ぼす薬品とは、通常の病気やけがの回復を図る際に使用される成分とはまた異なり、高い審査が必要となります。

実際、このアボルブは現在は日本の厚生労働省の認可を得て、2009年にようやく国内に入ってくることができました。しかし、2001年にアメリカで認可され、欧州などでも2002年には認可されたにもかかわらず、日本の認可が遅れたのには日本の薬品に関する規制の厳しさが影響しています。

先に説明した通り、日本ではホルモンなど、人体の細部に大きな影響を与えるような薬品の一部は規制がかけられています。それは、ホルモンへの影響が問題なのではありません。含有する成分の力が強すぎるというところです。そもそも日本は国内の健康を害すると認められるおそれのあるものに関する規制が他国よりもしっかりしています。これが安全大国日本といわれる由縁でもあります。

しかし、その為に海外で症例が報告されている特効薬などにも規制が課されてしまうため、なかなか国内に入りづらいという問題点もあるのです。しかしながら、それが国として国民を守る義務を履行する勤めなのですから、私達国内に暮らす人もその規制に従う必要はあります。こうした観点から、アボルブはその含有する成分の強力さゆえに認可が遅くなってしまったという背景がありました。

現在では、AGA治療薬として医師により処方されているアボルブですが、認可に時間がかかる程、人の身体に影響を与える成分が含有していることは事実です。服用する際には、必ず専門家による指導や処置を受けてから正しく服用する様にしましょう。

まとめ

強力なAGA治療薬として発売されているアボルブは、強力であるがゆえにその服用方法も、しっかりと専門家による指導を受けるべきものです。こうした正しい治療方法のなかで服用することで、AGAといった脱毛症の遅延だけでなく、発毛といった効果につなげることができます。どのような治療方法に関しても言えることですが、しっかりとした結果は正しい使用方法からとも言います。アボルブの含有する効果や実績などを把握し、自分のAGA治療に役立ててみましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る