アルコールとAGA治療の関係性をピックアップ!

お酒は日々のストレスを癒してくれたり、周りの方とコミュニケーションを円滑にする為の手段だったり人によって付き合い方があります。飲める方、飲めない方と人それぞれですが、AGA治療にはどう関わってくるのでしょうか?データによるとアルコールとAGAはあまり良い関係性とは言えず、出来る限り控えるべきだとあります。また肝臓や心臓に負担がかかるケースもあり、その理由やメカニズムについても公開しています。薄毛が気になる方は今よりも少しだけ控える事から始めてみましょう。

酒は百薬の長って本当?

ことわざとして使われている「酒は百薬の長」ですが、適量のお酒はどんな良薬よりも効果的という意味があります。確かに適量のお酒はアルコールが善玉コレステロールを増やして血流を良くしてくれる効果があり、お酒を飲むと温かくなったり、顔が赤くなったりするのはその為です。

但し適量を超えてしまうと中性脂肪が増加して善玉コレステロールが低下、更には悪玉コレステロールが増加してしまい、真逆の効果を引き起こしてしまいます。これらが慢性的に摂取されると血圧上昇や高血糖状態になり、様々な生活習慣病のリスクが高まります。

適量のアルコールは良薬になる可能性がありますが、あくまでも適量でありそのバランスが難しい様です。ちなみに適当と言えばアルコール度数5度のビールなら中ビン1本、14度のワインなら4分の1、5度の缶チューハイだと1.5本になります。

アルコールの摂取は毛髪以外にもデメリットあり

毎日アルコールを摂取していると寝起きが悪くなったり、むくみやすくなったりするので何となく身体にダメージを与えている気がする。生活習慣病のリスクが高くなる事も何となく知っているけれど、それがなぜ引き起こされるかはわかっていない。

原因は様々ですが過度の飲酒は悪玉コレステロールを増やしてしまう事が一番の原因です。悪玉コレステロールは血管壁に入り込みコブを作ってしまうので、そのコブが大きくなり血液の流れが滞ってしまいます。それが信仰すると動脈硬化・心筋梗塞・狭心症といった恐ろしい病気を引き起こします。ここまで重大な病気にならなくても肩こりや腰痛、冷え症にむくみを引き起こします。

ちなみに美容の面でもデメリットが多く吹き出物が多くなったりクマや耳鳴りの原因にもなったりします。健康だけでは無く若々しくいる為にもお酒はほどほどが鉄則です。

肝臓や心臓に負担がかかると毛髪にはどんな影響が?

血流が悪くなる可能性のある飲酒ですが、他にも肝臓や心臓に負担をかけてしまうケースもあります。アルコールは体内に入ると交感神経を活性化させるので、それによって心拍を変動させます。鼓動が早くなるのは心臓に負担がかかっているからで、あまり良いものではありません。

また肝臓はアルコールが入ってくると毒だと見なし分解に徹します。この時に肝臓が分解出来る量以上のアルコールが入ってくるとフル活動を続けなければならないので、それによって肝臓にも負担がかかってしまいます。これらがフル活動すると体内の栄養素はこの部分に集まる様になります。本来であれば毛髪に行くはずだった栄養素が臓器に行ってしまうので、結果に栄養素が行き渡らず毛髪が細くなったり抜け毛の原因になってしまったりします。

一見薄毛やAGA治療とお酒は関係性が見えない様ですが、とても深い結びつきがあります。

薄毛の方は心臓病になりやすい?

「薄毛の方は心臓病になりやすい。」という一説がありますが、それは本当でしょうか?残念ながらその可能性が高く、理由は血行不良によるものだと言われています。過度のアルコールは悪玉コレステロールを増やす原因になります。

悪玉コレステロールは血管壁に入りこみ、そこにコブの様にしてくっついてしまいます。それが蓄積される事で、血流が悪くなります。心臓は血流をよくする為に更に働き改善しようとするのですが、そこで負担がかかってしまい心臓疾患になってしまいます。

また男性ホルモンの一種であるアンドロゲンは、血の塊を出来やすくする作用があるので血栓症を招く事もあります。アンドロゲンに関しては人によって分泌量が違うので遺伝的な要素も関係しています。

これからAGA治療を始める方はもちろんですが、少しでも効果を高めたい方は心臓病との関係性を知ると良いです。

お酒と肥満は最悪の組み合わせ

適量以上のお酒がAGAに悪影響を与える事はわかりましたが、それにプラスして肥満にも気をつけて下さい。ひどい言い様かもしれませんが肥満気味の方は、薄毛に悩んでいる方が多いと思いませんか?それにはれっきとした理由があります。

まず薄毛の原因の一つであるDHT(ジヒドロテストステロン)はテストステロンが5アルファリダクターゼと結び付く事で生成されます。男性ホルモンの多くはSHBG(性ホルモン結合グロブリン)と結びついた状態で存在しているホルモン、そしてそうでない遊離テストステロンというDHTになりやすいホルモンが存在します。

肥満になるとインスリンというホルモンが分泌されにくくなり、それを補おうと体内では多くのインスリンを生成します。インスリンの分泌が増えるとSHBGの生成が抑えられ遊離テストステロンが増えます。遊離テストステロンが増えるとDHTが造られやすくなり、結果AGAに結びつきます。お酒と肥満は最悪の組み合わせです。

お酒と肥満は最悪の組み合わせ

これまでは好きな時に好きなだけお酒を飲んで、明日の糧にしていたけれど薄毛防止やAGA治療の為に辞める。その気持ちはとても大切ですし、適量よりも多く飲むのが習慣だった方にとっては大きな進歩です。しかしこれまで習慣だったものを急に止めるのはとてもストレスがかかりますし、そのストレスが原因で薄毛を加速させてしまうケースもあります。

AGA治療とストレスはとても深い関係性にあり、AGA自体ストレスが引き金になって発症する事も珍しくありません。AGA治療をより効果的なものにしようとした結果、大きなストレスを抱えてしまうと本末転倒です。どうしてもストレスを感じてしまう、あるいは我慢出来ないという場合は週に1度、適量だけアルコールを摂取する日を決めるのが健康的です。

また仕事や付き合いでの飲み会の場合はお酒を飲む代わりに毛髪に良いと言われているたんぱく質やミネラルの含まれている食事でサポートするのも良いです。

AGA治療だけでは無く健康に気を付けるべき

当然の事ですが、いくらAGAに効果的と言われる手段であっても根本である健康を害してしまっては何の意味もありません。ミイラ取りがミイラにならない為に、身体が資本であると言う事をしっかりと理解していきましょう。

AGA治療の基本は服薬ですし、人によっては薬が合わなくて副作用が起きる可能性もあります。明らかな副作用が出ているのに「薄毛改善の為だから。」と言って我慢しても別の箇所に負担をかけてしまいます。

アルコールや肥満に気をつけるのはもちろんですが、悪影響のあるものを全て排除するのは健康にもよくありませんし、時には人間関係に亀裂が入ったりする事もあります。そうなると「ここまでやっているのになぜ効果が出ないのか?」とストレスを感じ始め、負のスパイラルに陥ります。

自分にとってどこまでがストレスを感じない範囲なのかを決めて、治療に取り掛かって下さい。

まとめ

多くの方が嗜むアルコールは適量であれば百薬の長、しかしそれを過ぎるとAGAを始めに心臓や肝臓、全身に負担をかける原因にもなります。

お酒を分解する為に全身の栄養素が肝臓に集中するので、それによって毛髪に栄養が行き渡らなってしまいます。肥満の方はインスリンの分泌量が多くなるので、その影響でAGAの原因になるDHTが出来やすい環境になりリスクが高くなります。一見何の関係性も見出せない眉唾に聞こえますが、実はとても深い関係があります。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください