AGAと脱毛症の違いを事例を用いて解説

自分の髪の毛が薄くなっていることに気が付く時、抜け毛が多いことに気が付く時、もしかして自分はAGAではないか、と心配になることがあるかもしれません。しかし髪の毛が薄くなること、抜け毛が多くなることは必ずしもAGAというわけではありません。ここではAGAと他の脱毛症の違いを紹介します。

AGAの特徴的な症状とは

では最初に男性型脱毛症であるAGAの特徴について取り上げましょう。まず特徴的なことはAGAは病気であるということです。そして進行性のために放っておけば治るというものではありません。しっかりと治療することが必要になります。

AGAが発症する原因は、遺伝的要因、男性ホルモンの影響などがあげられます。もちろん、これだけではなく他の事柄が要因となることもあります。

AGAの症状は比較的若い年代の時から発症し、進行していきます。抜け毛が多くなったり生え際が後退するなどの症状があります。頭頂部から薄くなっていくタイプ、額の生え際から薄くなっていくタイプ、前頭部から薄くなっていくタイプに分類されます。

また、薄くなっている部分の髪の毛は細く、そしてコシがないのも特徴です。どの部分から薄くなっていったとしても、進行していくことによって全体的に広がっていくので注意が必要です。

円形脱毛症の特徴

では円形脱毛症とはどのようなことが異なるでしょうか。

まず原因からしてAGAとは異なります。円形脱毛症の場合、原因となる事柄としてあげられるのは強いストレスを感じて、期間も長くなった時にストレスが原因で起きることがあります。また免疫機能が関係していることも多いのです。本来免疫機能は自分の体を外部の敵から守る役割を果たします。

しかしアレルギーなど何らかの事柄が原因となり、本来は人間の体に不可欠なところまで攻撃してししまう、つまり毛皮まで攻撃してしまい、結果として髪の毛が抜けてしまうことがあります。ですから円形脱毛症は免疫疾患であると言えるのです。

円形脱毛症では、かゆみや痛みなどを感じることはほとんど無く、髪をセットしている時に気が付く、他の人からの指摘などで気付くことが多いようです。AGAとは原因が異なり、脱毛部分も円形脱毛症の場合は特定の場所がありません。脱毛の形も円形となります。さまざまな点でAGAとは異なることを理解しておきましょう。

その他の脱毛症の特徴

ここまでAGAと円形脱毛症は異なることを取り上げました。では他にも脱毛症があるのかみていきましょう。

まずフケが原因となって生じる粃糠性脱毛症です。これは皮膚疾患によって生じるもので、角質に異常が出ているタイプです。これは放っておくことで治るわけではありません。医療機関で診察してもらい適切な治療が必要です。放っておくとやはり進行してしまい、毛皮が炎症を起こすようなることもあるのでしっかりと処置しましょう。

続いて取り上げるのは老人性脱毛症です。これはAGAとは異なり、その名称の通りある程度年齢を重ねてから発症します。そして原因は老化現象によるものなので、AGAや他の脱毛症とは原因が異なります。

女性であれば出産後に生じる脱毛もありますし、他にもさまざまなタイプが存在します。抜け毛が多いことや薄毛の原因は何かをつきとめるために医療機関で診察して、脱毛症のタイプに合わせた治療を行いましょう。

まとめ

これまで取り上げてきたように、脱毛にはいろいろな種類があります。AGAが注目されるようになり、薄毛治療への意識が高まっているのは良いことです。大切なことは自己診断をせずに、医療機関でしっかりと診察してもらうこと、そしてAGAを含めて脱毛症の原因に合わせた治療を行っていくことです。同時に自分で行えることもしっかりと行い、元気の良い髪の毛をしっかりとキープしていきましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る