AGA治療薬アロビックスは効果があるのか?

外用薬アロビックスは、AGA治療薬として知られ、多くの人に使用されています。またAGA治療だけでなく薄毛の治療薬としても使用されているアロビックスですが、使用の際の注意事項とはどんなものでしょう。気軽に使えるようなものなのでしょうか。さらに、誰が使っても問題ないものなのでしょうか。そんなアロビックスの使用の際のポイントや注意点を調べてみました。これから薄毛治療をしようかと検討している方はぜひ参考にしてみてください。

アロビックスってどんな薬?

アロビックスとは薄毛の治療に使われる外用薬です。このアロビックスには、難しい成分の話をしますと、塩化カルプロニウムという成分が含有されています。この塩化カルプロニウムとは、そもそもは胃や腸の炎症といった胃腸系疾患の治療薬に使われていた成分です。この塩化カルプロニウムには、血管拡張機能や血流増進という作用がありました。胃や腸の血行を促進することで、炎症の改善や治療の際に使用される薬品の浸透などを図る効果を持っていたという訳です。

しかし、こうした血管拡張に関する効能に着目したAGA治療薬の開発チームが「薄毛治療への転換が望めるのでは」という発想をもち、研究を進めたことによって生まれたのがアロビックスなのです。つまり開発チームの発想があってこそ生まれた産物と言えます。そもそもAGAはストレスや暴飲暴食など、生活習慣病ともいえる要因により発症するといわれている現代病でもあります。毛穴のつまりやホルモン異常によって引き起こされるAGAの治療には、投薬と共に頭髪への処置も欠かせないものです。

丁寧でしっかりとした洗髪と共に、しっかりと養分を毛根付近に届けるための血流改善は、治療になくてはならない効果です。アロビックスはその栄養を運ぶ血流を改善し、血管を拡張する効果を持っているのですから、AGA治療に大変効果的と言えます。ただし、そもそも医師により正しい指導によって処方される投薬であることに変わりはありませんので、自己判断で使用するべきものではなく、患者さんそれぞれの頭髪の状態によって使用状況や箇所をしっかりと見極める必要があります。

アロビックスは、現在では個人輸入することも可能な薬品となっていますが、こうした経緯からみても自己判断で使用することは好ましいことではなく、むしろ自分の状態によっては今ある頭髪にダメージを与えてしまい、好ましくない結果を生み出してしまう可能性もあります。やはり自己判断によらず、医師や薬剤師などの専門家によって適切なアドバイスを受け、適切なタイミングで使用するべき外用薬と言えます。

アロビックスの使い方や効果

アロビックスはAGA治療のみならず、薄毛や円形脱毛症などの症状にも良いとされているものです。AGAにしても薄毛にしても、円形脱毛症にしても、発症の理由はそれぞれ別ですが、結果的にこうした症例が発症するのには、頭皮に上手に栄養分が回らなくなるために毛根が機能を失い、頭髪が抜け落ちるという仕組みがあって起きるのです。

アロビックスはこの仕組みに着目して、抜け落ちてしまう頭髪の養分を復活させるべく、その頭皮の血行を促進する効果を持っています。例えばAGAや薄毛、円形脱毛症などは、発症した場合に鏡などで頭皮を見てみると頭皮の色が血色のない色に変わっていることがお分かりいただけるでしょう。つまり、栄養をたくさん送り込むはずの頭皮の血流が滞っているのです。そのため血色も悪くなり毛根にも養分が送られず、こうした連鎖が毛髪の脱毛という結果を生み出しています。この連鎖を食い止めるために、アロビックスは血流を促進しているという訳です。

アロビックスは塗布した箇所の血行を促進します。そして頭皮の一部を促進すると、血管は繋がっていますから全体的に流れがよくなります。この治療を継続していくことで、全体的な毛髪の血管の流れがよくなるという仕組みです。アロビックス以外にもこうした血管の動きをよくする外用薬は存在しています。

その他の外用薬とアロビックスとの違いは、アロビックスの場合はAGAだけでなく薄毛や円形脱毛症などの部分脱毛にも効果を発揮するところです。AGA発症に関してはホルモン異常や生活習慣病など理由は様々ですが、直接的原因というのはいまだ解明されていない部分があります。謎の多いAGAですから治療に関しても個々それぞれ相性があるのも事実です。

自分に合う投薬治療を受けるのが一番ですが、そんななかでもアロビックスは幅広い症状に対応できる万能薬であるといった面から支持されている外用薬なのです。もちろんアロビックスは様々な症状に効果を発揮するものではありますが、全てに万能な訳ではありません。必ず医師や薬剤師による指導が必要になることに変わりはありません。

副作用などアロビックスの取り扱い上の注意

アロビックスは血行を促進する成分が含有された薬品です。その効果により頭皮の血流を促進して毛根に養分を送り込み、髪が生えやすい環境を作るというところでAGA治療や薄毛などの治療薬として処方されています。つまりは、皮膚に直接塗布するというものであるのです。肌が弱い人の場合には、アロビックスによる副作用の症状が起きやすいとの症例も報告されています。

皮膚の弱い人すべてに副作用が現れるということではありませんが、どうしてもかゆみや発疹といった症状が起きることがあります。また、どうしても早く生えてほしいという気持ちから、知らず知らずのうちに決められた用量よりも多く塗布してしまっていて、悲しいことにそれが原因となって、皮膚の炎症につながるということもあるようです。このような皮膚のトラブルが起きてしまった場合には、決して自分で判断せず、まずは医師の指導を受けるべきです。

またこのような皮膚トラブルのほかにも、副作用が起きる場合があります。例えばアロビックスは血管拡張の効果をもつ治療薬ですので、頭皮の血行が急によくなります。身体の別の部分に置き換えてみれば、急に暖かくなると頬がほてってきたり汗をかいたりするでしょう。これと同様の症状が頭皮に起こる可能性があります。頭皮のほてりや、ムズムズした感じなどだけでなく急激な発汗というのもあります。処方の際にはこうした副作用が起きうる可能性があることを医師や薬剤師などから事前に説明されるでしょう。

一過性のもので治まったり、見た目に変化がない場合でしたら身体の適応能力によって、副作用が落ち着いたとも判断できますが、発汗が治まらない場合や、ほてりが気になるという場合には身体に合わないことが考えられます。使用を中止して医師に相談することをおすすめします。アロビックスは、定められた量を定められたタイミングで使用することで効果を発揮しますから、必要以上に量を増やしたり回数を重ねても効果は変わりません。むしろ前に挙げたようなトラブルが現れる可能性もありますから、注意が必要です。

まとめ

アロビックスのような外用薬は、清潔を保った頭皮に使用するのがおすすめです。そしてその際には定められた用量と用法を守ることです。しかしこうしたことを守っても、体質や体調によっては合わない場合もあります。合わないからとがっかりせず、次の対策を講じるためにしっかり医師に相談し、適正な処置を講じることでAGA治療は効果的に進めることができます。AGA治療は進化しています。様々な内用薬や、アロビックスのような外用薬も存在しています。一人で悩んだり判断したりせず、専門医に相談して適切な治療を行うことをおすすめします。

この記事をシェアする
TOPへ戻る