AGAと疑問に感じたら?何をすべき?

最近抜け毛が気になるようになった、以前と比べて生え際が薄くなっているような気がする、人の視線を頭に感じるようになった、など髪の毛に関して以前よりも気になる場合何を行えばよいのでしょうか。

また周囲でAGAの話題が多いと、自分はどうだろうと疑問に感じる場合も少なくありません。すぐにAGAと判断して医療機関に行くべきでしょうか。それとも何か他のことを行えるのでしょうか。セルフチェックと医療機関について取り上げてみましょう。

まずはセルフチェックをやってみる

抜け毛が多くなったことが気になったり、生え際が薄くなっているような気がする場合、AGAではないかと疑問に思う前に自分で行えることがあります。実はセルフチェックも可能です。セルフチェックといっても、自分の髪の毛を自分で精密検査するわけではありませんが、目安となる事柄があるので紹介します。

1.ストレスが非常に多い
2.野菜を食べることが少なくて肉が多い
3.たばこを吸っている
4.いつも睡眠不足である
5.フケが多い
6.頭がかゆいことが多い
7.髪の毛を見てみると細くて弱々しい

などがあげられます。もちろん一つでも当てはまったらAGAというわけではありませんが、数多く当てはまるのであれば改善する必要があるかもしれません。セルフチェックはいろいろな情報源で詳しく取り扱われている事も多いので、気になる場合はセルフチェックをしてみると良いでしょう。

頭皮マッサージはAGAに効果的か

続いて取り上げる事柄は、頭皮マッサージに関する事です。頭皮マッサージもAGAや抜け毛予防、育毛促進に効果があるといろいろなメディアを通して情報提供されています。またヘアサロンのようなところでも頭皮マッサージをしっかりと行って、頭皮をケアしてくれるサービスも提供されています。

では頭皮マッサージはAGAに効果があるのでしょうか。その答えを知るためには頭皮マッサージを行う目的を知る必要があります。まず頭皮を刺激して血流を良くすることです。二つ目は頭皮が固くなっている場合がありますが、柔らかくして柔軟性を持たせることです。三つ目は発毛を妨害してしまう毛穴の汚れや皮脂を取り除くことです。

このような頭皮マッサージを行うと、髪の毛に必要な栄養をしっかりと届けたり、発毛を阻害する要素を取り除くことができますので、AGAの効果を期待できるかもしれません。

もちろん、効果には個人差があることと、頭皮マッサージによって全てが解決するわけではないことは理解する必要があります。

迷ったら、クリニックに通ってみよう

ではセルフチェックを行ったり、頭皮マッサージを正しい方法で行っている場合でも、やはり自分はAGAではないのか、と疑問に感じる場合はどうしたら良いのでしょうか。疑問に感じるのであればAGA治療専門のクリニックに行きましょう。なぜなら自分でチェックやAGA治療を行っても、知識や理解に限界があるため、自分で適切な診断と予防、さらにAGAだったときの治療を行うことはできません。

ですからAGA治療専門のクリニックに頼ることが何よりの近道であり、AGA予防や治療の観点からも一番良い方法となります。ここで障害になることはAGA治療クリニックに行くことが恥ずかしい、知り合いに見られたらどうしよう、という不安でしょう。

しかしAGAは病気です。病気であれば病院に行くのはあたりまではないでしょうか。さらに通院されている方たちは同じ悩みを抱えている方たちです。医療スタッフもAGAの患者さんをいつも診察している方たちですので、何も心配することはありません。

むしろ疑問に感じてクリニックに行くことをためることが、後々後悔することにつながってしまうかもしれないのです。しっかりと診察していただき、必要なアドバイス、またAGAの場合には必要な治療を受けるようにしましょう。そうすることで早期発見、早期治療が可能となるのです。

まとめ

AGAに関する情報が数多く提供されているため、セルフチェックを行うことも可能となりました。さらに頭皮マッサージなどにより、予防したり発毛を促進する事柄も行われています。もちろん、効果を実感されている方もいますが、個人差があることは理解しましょう。そして疑問に感じるのであれば、そのままにしないで専門のクリニックで診察してもらうことです。疑問が解決すれば現在の状況に合わせて処置していくことが可能となります。

この記事をシェアする
TOPへ戻る