AGAは恥ずかしいことじゃない

AGA(男性型脱毛症)は進行性です。それゆえに恥ずかしい、誰かに知られると自分の評判が落ちるのではないか、笑われるのではないか、という理由で医療機関で診察と適切やAGA治療を受けることを先送りにしてしまいがちです。しかし、どんどんとAGAは進行してしまい、後悔することにもつながりかねません。恥ずかしい、隠したい、と感じてしまう理由を理解することと、医療機関に通う事への考え方の変化が必要でしょう。

 

AGAを隠したがる理由

AGA(男性型脱毛症)は遺伝的要因や男性ホルモンの影響など、さまざまな事柄が要因となって引き起こされます。早い方だと思春期の時には発症することもあるようです。もちろん、20代や30代のように成人になってから症状が出る方も多くいます。髪の毛は外見の中でもとりわけ目立つ場所なので、髪の毛が薄くなっていくと周囲の視線を感じたりして不快な思いをする方もいることでしょう。

一方でAGAかもしれないと感じていても、医療機関で診察していただくことをためらう方も少なくありません。原因としては一般的な話ですが髪の毛が薄い、または無い状態は恥ずかしい、さらに治療に通っているとなると笑いものにされそう、陰で噂されそう、というようなネガティブなイメージがあるからかもしれません。

もちろん、本人がそのように感じてしまうことが悪いのではありません。では医療機関に通うことをポジティブに考えるにはどのようにすればよいのでしょうjか。

 

隠さない男性が増えている

まず理解しておきたいことは、AGAに関する現状を理解することです。皆が恥ずかしいと感じているのでしょうか。また、医療機関に通う事をマイナスのイメージでとらえているのでしょうか。さらに言うと、医療機関も個人の秘密を漏らさない、というようにマイナスなイメージで患者さんを受け入れているのでしょうか。答えから言うと、全てノーです。

まずAGAを隠さない男性が増えています。なぜなら隠す必要がないからです。もちろん、髪の毛が薄くなっていくと気になるのは当然です。外見が関係することであれば人目が気になるのも自然のことです。しかし、逆の観点で考慮してみると、あなたは他の人の見た目をどれほど意識して生活しているでしょうか。実はそれほど意識していないことに気が付くでしょう。

最初は違和感を感じたとしても、そのうちに慣れてくるのでほとんど、あるいは全く気にならなくなるのが現状です。それはその人の「個性」の一つととらえていることに気が付くでしょう。自分が思っているほど他の人は気にしていない、この事実を理解していると、AGAを隠さない男性が増えているのも珍しいことではありません。

 

恥ずかしいことでは決してない

もちろん、病気になっていることが分かった時に平然としている方はおそらくいないことでしょう。さらに治療が必要な病気であることが分かると、何かと気になることも出てきます。ではここで考えてみましょう。何かの病気になってしまった時に、いつも絶対に隠さないとならないと感じるでしょうか。

熱を出した、インフルエンザなどの感染症にかかった、胃腸や内臓で検査に引っかかってしまった、怪我をしたなど日常生活で病気や怪我に巻き込まれることはあることです。AGAも病気であり治療を必要としているのです。病気の治療をすることは恥ずかしいと感じるでしょうか。がんなどの進行性の病気であれば、早い段階でしっかりと処置をしたいと願い、医療機関に通院して適切な処置とアドバイスを受けるものです。

AGAも同じで多くの医療機関で大勢の方が通院しているのが現状です。AGAに関する一般的な見方や考え方を理解すると、AGAが恥ずかしい病気ではないことが分かるでしょう。最後にひとこと述べるとすると、人が悩んでいる病気、そして治療のための通院を笑うのであれば、それこそが恥ずかしいのではないでしょうか。

 

まとめ

AGAがメディアで取り上げられるようになってから、一般的な認知度も向上しており、同時に理解も進んでいます。AGAは決して恥ずかしい病気ではありません。治療を必要としているのです。恥ずかしがって後ほど後悔するほど残念なことはありません。最初は気になってしまうのは当然ですが、少し冷静になってAGAを取り巻く環境を考えると決して恥ずかしい思いをするものではないことに気が付くでしょう。、

この記事をシェアする
TOPへ戻る