効果のあるAGA治療はむくみが出る?利用者の経験談を直撃

朝起きると顔がパンパンになっていたり、デスクワークが続くと足がむくんでしまったり現代人はむくみやすいライフスタイルを送っている方が多いです。とは言っても慢性的に続くと肥満に繋がったり、大きな病気が隠れていたりするので侮れません。AGA治療でもこの症状が指摘されるケースもありますがその関連性について経験談を交えて説明していますので、これから治療を受けたいと考えている方や普段からむくんだりしやすい方は参考にしてみて下さい。

むくみはなぜ起こるのか?

私達が普段気にしているむくみですが、細胞と細胞の間に水分が入り込み、それが増加した状態を指します。この水分は時間と共に体外へ排出されますが、アルコールの摂取や立ち仕事、塩分の多い食事が続くと排出とのバランスが崩れてしまい、中々改善しない状態になります。

これが正体で肝機能が衰えると代謝がうまくいかず、症状が頻繁に発生します。軽度の場合は時間や汗で水分を排出したりカリウムを取る事で尿から排出できたりしますが、重度になると顔や足といった部分的ではなく臓器がむくんでうまく機能しなくなるケースもあります。

特に肺がむくんでしまうと呼吸困難を起こしてしまうケースもあり、生命を危険に晒してしまいます。他にも腎不全やネフローゼ症候群など、恐ろしい病気を招く可能性もあるので、たかがむくみとは思わずに早めに対処しましょう。

AGA治療のほとんどが服薬

薬を飲むと小腸から肝臓へ行き、そこで成分が分解されて効果が現れます。AGA治療のほとんどが服薬で、その分解する元である肝機能と衰えていると効果が出にくいだけでは無く、肝臓を含む全身にダメージを与えてしまうケースもあります。特に国内でも良く処方されるプロペシアという薬は、AGAにとても効果があるので知名度も高いです。

しかしこの薬の副作用として肝機能障害があげられるので、元々肝臓が弱い方だったり疾患があったりする方には処方出来ません。またいくつかのAGA治療薬の中には肝臓に負担を与えてしまい、むくんだりするケースもありますので注意して下さい。

これらの薬は専門のクリニックでは無く個人代行でも購入出来ますが、副作用を含め素人での判断は危険なのでおすすめ出来ません。特にAGA治療が始めての方は経験談やカウンセリングを経て服薬して下さい。

むくみは服薬の副作用の一つ

AGA治療を始めてからしばらくすると身体が重くなっている様に感じる。口コミサイトや経験談を綴っているSNSを見ると多くの方が感じている様です。

肝機能や体質によってむくんでしまうケースはありますが、実はこれは副作用の一つです。とは言ってもほとんどのケースが一時的なものですので、身体に異変を感じるほどで無ければ服薬を続けても問題ありません。

但しプロペシアの場合は肝機能障害を起こしやすいリスクもあるので、事前に医師へ相談してから服用するのがベストです。他の種類の薬も副作用として掲載はされていませんが肝臓で分解する機能が弱いとむくんでしまいやすく、これらの治療薬は毎日服薬しなければならないので全く服薬しない状態よりはむくんでしまったりするケースがほとんどです。少し症状が出たからと言ってすぐに治療を中止するのでは無く、まず相談が先決です。

飲酒やアレルギーでもむくむ可能性がある?

お酒をたっぷり飲んだ翌日は身体がだるいし、いつもよりも顔がパンパンに腫れている気がする。または特定の食材や物質を摂取すると呼吸がしにくくなったり、皮膚が腫れている様に感じたりする。これらは全てむくみから来ている症状です。

体内に入ってきたアルコールを肝臓がせっせと分解してくれますが、その分解するキャパよりも多くのアルコールが入ってきた場合、分解されないまま血中に入り込みます。これが酔いのメカニズムですが、アルコールは全身を駆け巡り再度肝臓で分解されます。分解後は無害な水になりますが尿で排出されなかった場合はアルコール同様体内に残ります。

これがアルコール性むくみの正体です。アレルギーによってむくんでしまうのは、血中にアレルゲン要素が入ってきた場合、体内の細胞が過剰反応して起こってしまう症状で血管性浮腫とも呼ばれます。

もしむくみが生じたら気を付けるポイント

クリニックで処方された薬を飲んでいて怠さや重さを感じる様になったら、急性・慢性どちらなのかを見極めます。気づいた時点で日付や時間帯をメモして、どのくらいの期間むくんでいるのかをチェックします。

服薬しはじめて2週間以内で収まるのなら一時的なものなので、そのまま服薬をしても問題ありません。但し身体だけでは無く臓器のむくみは危険なので服薬すると呼吸がしづらい、あるいは体調が悪くなる場合は服薬を中止して処方してもらった医療機関へ相談して下さい。2週間以上良くならない場合には薬が合わない可能性もあるので、クリニックへ相談して薬を変えてもらうのも良いです。

ちなみに水分は心臓よりも下がるので、夕方になると足がむくんでしまうのは服薬の可能性は薄いので安心して下さい。とにかく少しでもおかしいと思ったら、素人判断するのでは無く専門機関へ相談がベストです。

もしむくみが生じたら気を付けるポイント

初めてAGA治療を受けた方の経験談によると、個人差はあるけれどほとんどの方が怠さや重さを感じた様です。しかしこの場合は軽度なので気づかない、または体調不良と考えて気にせずにいると改善していたのがほとんどです。

但し呼吸困難やむくんでしまう症状以外に蕁麻疹が出てしまったり、明らかな勃起障害が出てしまうケースもあったりしますので、これからAGA治療を始める方はまず経験談に目を通すのも良いですね。

とある患者さんによると、服用する薬によっては性欲・精液量の減少傾向が見られたので、ナイトライフに支障が出てしまったケースもありライフスタイルを大きく狂わせてしまった様です。

また女性は男性よりも筋肉量が少なく、且つ心臓のポンプ作用が弱い方が多いので服薬する事でむくみが多く見られる様です。これらを解消するには定期的な運動をして、水分は排出しやすい環境を作ります。

育毛剤はむくみにくく副作用も無い?

肝機能障害があったり、肝臓に負担をかけたくなかったりする方のAGA治療ですが、服薬では無く育毛剤に頼るのも良いです。

服薬は内部からホルモンに働きかけるので確実にアプローチ出来るのですが、クリニックで処方される育毛剤も負けてはいません。確かに服薬よりは時間がかかりますし、人によってはかゆみや皮膚炎を起こしてしまう事もあります。しかしそれは服薬にも同じ事が言えますし、別の副作用もありますので育毛剤だけにいえるリスクではありません。

育毛剤の最大のメリットはむくみが生じないという点です。臓器にも負担をかけにくいので初心者や高齢者にこそおすすめの治療方法です。

但し育毛剤も服薬と同様、用量・用法を守らないと副作用だけでは無く多くのトラブルが発生するので事前に医師へ相談して下さい。市販の育毛剤は効果が極端なのでおすすめしません。

まとめ

むくみは見た目にも良くないですし、臓器や細胞に負担をかけてしまう症状です。細胞の隙間に水分が入ってしまい生じるのですが、軽度の場合は時間と共に体外に排出されるので問題ありません。

しかし重度になると臓器を圧迫し危険な状態を招きますし、服薬する薬の種類によっては症状が出やすくなる事もあります。AGA治療で使われる薬は身体を重くしてしまうので、肝機能障害がある方は注意して下さい。他にも飲酒やアレルギーでも生じるので、気になる方は速やかに医師へ相談して下さい。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください