AGA治療で知っておきたい、HARG療法とは

AGA治療の中で最先端のHARG療法を知っていますか?従来のAGA治療とは内容が大きく違った治療となります。今までできなかった女性への治療が可能であり、治療をやめても効果が続くという魅力的な治療です。ここではHARG療法の詳しい治療方法を知り、メリットやデメリットがあるのか見ていきましょう。

HARG療法とはどんなもの?

HARG療法とは毛髪再生治療のことです。具体的にどのようなものかというと、発毛と成長を促すHARGカクテルを頭皮に注入してヘアサイクルを正常化する治療法です。そのHARGカクテルには何か配合されているかというと、大きく分けて2種類です。1つ目が、人間のあらゆる細胞のもとである幹細胞から抽出した150種類以上もの成長因子です。わかり易く言うと、細胞を増やしたり活性化する成分です。2つ目が、ビタミン類やアミノ酸などの髪の毛に必要な栄養分です。

この2つを混ぜたものを頭皮の中に注入することで、髪の毛のもとになる毛母細胞に直接働きかけることができるのです。このHARGカクテルを頭皮に注入される方法は様々で、注射針によって注入するパピュール法、レーザーで皮膚に小さい穴をあけ浸透させるフラクショナルレーザー法、細い針がついた医療用ローラーを使用して浸透させるダーマローラ法などがあります。この中でもポピュラーなのはパピュール法のようです。注射で注入するので、即効性があります。その代り、少し痛みを伴うことがあるようです。逆にフラクショナルレーザー法は無痛ですが、ダイレクトにHARGカクテルが注入できるわけではないので、パピュール法よりも効果はゆっくり現れるようです。

このHARG医療は日本ではAGA治療に取り入れられたばかりであり、現在改良を進めている最中です。パピュール法でも注射後の痛みを抑える工夫をしていたり、また注入の際に電流を流すことでさらに浸透力を高めたりと進化しています。HARG医療に興味がある、実際に治療をして見たいと思う方はいろいろなクリニックを比較検討し、実績があり、自分に合った注入方法が選べるクリニックを見つけることが重要です。

従来の治療法より何が優れているの?

HARG療法が従来の治療法より優れている一番の点は治療を終えても効果が続くということです。従来の治療では、薬でAGAの原因であるDHTの生成を抑え、頭皮の血行を良くすることで発毛を促していました。そのため、服薬を止めてしまうとまたDHTが作られ、血行が悪くなり、最終的には薄毛の状態に戻ってしまいます。そのため、継続的な治療やAGA対策が不可欠でした。しかし、HARG療法は、HARGカクテルに含まれる成長因子の効果で、頭皮が若返るので髪が持続的に生えてくるようになります。そしてHARGカクテルには栄養分も入っており、それがダイレクトに髪にを届くので、太くてハリコシのある健康的な髪が効率よく手に入ります。

さらに、従来の治療よりも効果が出やすいことも実証されています。服薬ですと、体質によって効果が出にくいということがありますが、HARG療法は先程も説明したように、髪の毛のもとになる毛母細胞に直接働きかけるので、年齢や脱毛の進行具合によって発毛までの時間は個人差があっても、確実に生えてくるのです。他にも、DHTは男性ホルモンの一部から生成されるものだったため、これを抑える薬は女性は使うことができませんでした。そのため、女性はAGAに悩んでいても効果のある治療法がほとんどありませんでした。しかし、HARG療法は女性も安心して行え、効果が出やすいAGA治療です。

また、従来のAGA治療だと、大体6ヶ月から1年程で効果を実感する人が多かったのですが、HARG療法は3か月から8か月程度で少し期間が短くなりました。通院回数としては5から10回程度で全ての治療を行い、後は経過をみる程度で良いようです。

HARG療法のデメリットとは

良い事尽くしに思えるHARG療法ですが、デメリットはあるのでしょうか?まず最初に気になるのは金額です。クリニックによりますが、通常頭部全体の治療を行う場合、1回10万程度が相場です。これを5から10回程行いますので、100万円程度かかる可能性があります。一見高いように感じますが、他の外科的治療である植毛なども本数によってはこの程度かかりますし、服薬による治療も継続年数によってはトータルで同じぐらいの金額になる可能性もあります。ただ、一度の治療での出費としては少し高く感じますね。

また、最新の治療であるため、治療件数が少ないという点から2つの不安要素があります。1つ目は副作用です。副作用は今まで確認されていませんが、件数を重ねていくと、出てくる可能性があるかもしれません。2つ目は、まだ知識や技術が不足しているクリニックも存在しているということです。HARG療法はHARGカクテルの成分などの専門知識と注射で注入をしたり、レーザーを使うなど高い技術が必要です。そのため、クリニック選びはとても重要となります。実績があり、説明が詳しく、納得できるところで治療を受けましょう。HARGカクテルの成分もクリニックによって違いがあり、含まれている成長因子の量に差があったりしますので、何件か見て比較検討することが必要です。

その他に気を付けたいポイントが、HARG療法は痛みが伴う注入方法があることです。痛みに弱い人は無痛のレーザを使った注入などを選択しましょう。また頭皮が腫れたり、治療後痛みが出る場合もあります。通常であればあまりないことですが、頭皮に直接働きかける治療法ですので、リスクがあることは頭に入れておきましょう。

まとめ

HARG療法はAGAの外科的治療法で、頭皮に直接働きかけることができる、新しくて、効率的な治療法ということがわかりました。特に、HARGカクテルに含まれる成長因子の効果は素晴らしく、頭皮を若返らせることができます。今まで、AGA治療は継続しないと効果が続かないと諦めていた人も多いと思いますが、HARG療法は治療をやめても効果が続くのが魅力的ですね。

この記事をシェアする
TOPへ戻る