健康状態とAGAは関係があるのか

ボリューム感のある若々しい髪の毛を保ちたい気持ちは自然なことです。しかしAGAは誰しもがかかる可能性のある病気なので、発症した時には医療機関などでしっかりとした処置が必要になります。では原因はいろいろありますが、健康との関係性もあるのでしょうか。タバコ、食事、ストレスの3つの観点から健康との関係について取り上げます。

タバコは髪の毛に悪影響なのか

できるだけ、健康な髪の毛を保つことは多くの方にとって願いでもありますので、健康に悪影響を及ぼすことは避けたいものですね。同時にAGAを、何かの要因によって発症してしまった方にとっては、しっかりと治療していくことと、日常生活など健康面で気を配ることは大切になってきます。

ではまず最初にたばこが及ぼす影響について取り上げます。一般的に知られている事柄ですが、喫煙によって体に有害な影響を及ぼすことは知られています。それはAGAを発症している方、治療中の方にとっても同様のことがあてはまります。

。髪の毛が成長するためには血流がよいことが欠かせません。しかし、たばこに含まれている成分には血管を縮小させる作用があり、頭皮の血管にも影響が及びます。血管が縮小してしまうと、当然のことながら髪の毛に影響など必要な成分を送る十分な血流が確保されないことになるので、丈夫な髪の毛が育たない要因になるのです。

AGAに効果的な食事方法

日頃の食事によってAGAに対処する方法を見ていきましょう。食事は、食べる楽しみを与えてくれるだけではなく、体や髪の毛に必要な栄養を摂取することにも大きく関係しています。どのような食事をしているかによって健康にも大きく影響を与えるのです。特にAGAの治療をしている方にとっては重要です。

必要な栄養素としては海藻などに含まれるミネラルで、ミネラルは髪の毛を丈夫にすることに役立ちます。また大豆に含まれている大豆イソフラボンもよい影響を与えることが知られています。さらに卵白は質の良いタンパク質を摂取できるので、適度に食べるようにしましょう。

乳製品は髪の毛の生成に欠かせないタンパク質が多く含まれています。さらに緑黄色野菜も多く食べることによって、体のバランスを整えて髪の毛を丈夫にすることに役立ちます。

なお、効果に関しては個人差があるので、絶対にこれが効果がある、と断言することはできませんが、必要な栄養素を摂取できる食品を理解して、毎日の食卓に含めるようにしましょう。

ストレスを溜め込まないことも大事

最後に取り上げることはストレスを溜め込まないことです。仕事にしても何を行うにしてもストレスは、生きていくうえで必要なものです。ただ過度なストレスは、身体に悪影響を及ぼします。そのため、大切なことはストレスを上手に発散することです。

例えば、物事の優先順位を決めて、不必要にやるべき事を増やさないことや、オンとオフの区別をしっかりとつけることなどがあります。ストレスと健康は大きく関係していることはよく知られ、強いストレスを溜め込むと体の免疫力の低下につながり、自律神経のバランスも崩してしまいます。

過度なストレスは、結果として体の緊張や血管の収縮による血流の低下を招き、必要な栄養を頭皮に届ける量も減少してしまいます。ストレスを感じる期間が長くなればなるほど、髪の毛を育てる細胞も成長しないことになるので、抜け毛が多くなってしまい、髪の毛も薄くなってしまいます。

AGAの治療をしている方であれば、ストレスを溜め込むとは悪影響になるので上手に発散するようにしましょう。

まとめ

AGAを治療していくためには健康状態も関係していることを見過ごしてはなりません。AGA治療に効果のある栄養を含む食品を積極的に食甚に取り入れること、またストレスを溜め込むのではなく、上手に発散させることなど、生活全体のバランスを考慮して実践する必要があります。AGA治療には健康も関係していることを理解して、しっかりと治療を行い、効果を実感できるようにしていきましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る