AGA治療と健康保険

長期による治療が必須となる男性型脱毛症、AGA。発生する原因が男性ホルモンであるため、人によっては、抑制し発毛の力を半永久的に続ける必要があります。月に掛かる治療代も決して安くはなく、症状以外でも悩みを抱えることになりかねません。こういった際に、保険が適用できるととても心強いですが、AGAには適用されるのでしょうか?

AGA治療は健康保険が適用するのか?

残念ながら、現時点でAGAに対し健康保険は適用されていないのです。確かに脱毛症という名称であり、病気の一種で薬も使用して治療を行いますが、美容整形と同じ部類として分けられており、命を脅かすような危険な病気ではないという理由で保険適用外とされています。そもそも健康保険とは会社などに勤めている人が入る医療保険制度のことです。病気や怪我をした際の備えとしての制度で、治療を受ける時にも給付を受けることができるのです。働けなくなる程の病気や怪我であれば安定した収入が得られないため、それを補う制度のため、AGAではその条件に合わず、適用外となるのです。

また、病院で受ける治療にはそのほとんどが健康保険が適用され、治療費を全額払うということは基本的に珍しいことではあります。保険が適用されない以上、治療費を全額払うことになるため、治療を受ける前に金額の相場は理解しておく必要があります。薬による治療や発毛注射など、治療の種類によっても掛かる費用は変わってきます。飲み薬の場合の平均的な1ヶ月の値段は7千円から1万円、塗り薬は5千円から8千円が相場となっています。発毛注射は1万円から4万円が相場で、高ければ10万円程します。植毛は範囲にもよりますが、大体100万円程すると覚えておきましょう。

保険適用外のため、治療を行う時はこれらの費用をすべて実費で支払わなければなりません。市販で売っている薬は安くて購入しやすいですが、自身の症状に合った治療薬が分からず、症状の悪化を招く恐れもあります。そのため、保険は利きませんが自身の症状がどのようなものか判断するためにも、医療機関での診療は必ず受けることがオススメです。

保険診療と自由診療って何が違うの?

病院での診療には保険診療と自由診療の二種類があります。国民が入っている健康保険によって行われる診療が保険診療、保険が適用されない診療が自由診療となります。保険診療はどの医療機関でも同じ金額で診療を行ってくれますが、自由診療は医療機関が好きに値段を決めることができるため、値段がそれぞれ異なってきます。保険診療の場合、風邪や少々の怪我でも費用の3割を負担してくれますが、様々な規定があり、かなり制限的な診療になってしまうことがほとんどのようです。

自由診療の場合、保険が適用されない分、費用のすべてを自分自身で支払うことになります。負担は大きいですが、細かい規定がないため、保険診療では行えない診療ができることがメリットです。また、厳しい規定がないと、その分患者一人ひとりに対して長く診療時間を割くこともでき、治療の際に納得のいく説明を丁寧に行ってくれるのも魅力です。保険診療のように制限されていると、治療法の選択肢も狭まってしまいます。費用の負担はありますが、治療も自由診療では自身の納得いくところまで時間を割くことができるので、十分な治療が望めます。このように、負担をしてくれる保険診療が必ずしもメリットばかりとは限りません。

実費負担という箇所だけ取ると、マイナスなイメージととらえられてしまいますが、自由診療で十分な治療を行えることや医療機関の選択肢が多いことも、長期に渡って行わなければならないAGA治療にとっては、すべてプラスとなるのです。保険診療も自由診療も、治療内容によってはメリット部分の方が多くなるので、実費負担という点に捉われすぎないようにしましょう。患者中心とした医療であるという認識を持つといいでしょう。

一般病院と専門クリニックならどっちがお得?

一般病院と専門のクリニックの2つでAGAの治療は行われています。この2つで治療を行うのは明確に違いがあり、目的や自身の症状に合わせて利用する必要があります。一般病院の治療目的は脱毛の進行を遅らせるフェナステリドの単剤で治療を行っています。検査がなく、診療や経過判定もほとんどないのが特徴です。費用が9千円から2万円前後と安く済むこともあり、通院するのも薬がなくなるタイミングで良いため、3ヶ月から6ヶ月の間隔で病院に行くのため気が楽であることもメリットとして挙げられます。

ただ、脱毛の進行を遅らせることを目的としているため、現状の髪の状態を維持する場合は一般病院で良いですが、発毛の促進を求めている場合は一般病院ではなく、専門のクリニックで治療を行うことになります。専門のクリニックは複数の処方薬を使用し発毛と育毛を行っています。採血による検査や診察、頭皮の経過撮影を行うなど、入念な検査を受けることができます。これにより、適切なアドバイスを受けることができ、自身の症状の状態を良く把握することができるのがメリットとなります。

一方で、費用が高いことがデメリットとして挙げられます。費用が3万5千円前後とあって、一般病院よりも大幅に高く感じてしまいますが、その分徹底した診療を受けることが出来ます。月一に通院しなくてはいけませんが、経過観察のためと思えば苦にはならない程度であると思います。保険が利かないため、費用が選択する際に重要になってきますが、一番は治療の効果が早急に出ることです。治療が長くなれば費用もその分掛かります。最初に高い金額を払い、徹底した検査で確実な改善方法を選択しても良いと思います。

まとめ

健康保険が適用されないAGAでは、治療費には大いに頭を悩ませることになります。しかし、一番重要であるのは治療を行って効果が出るか否かであります。AGAは長期に渡って治療を行うことが大半であるため、治療が長くなればなるほど、費用は積み重なっていきます。費用の面だけを重要視せず、自身の症状に合った医療機関を選びましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る