AGA治療をするならホルモンとの関係性を知るべし!

人体には様々は細胞や物質、ホルモンがあり必ずしも人体に良い影響を与える訳ではありません。国内では800万人以上の方がAGAに悩まされており、AGA治療クリニックも数多く立地しています。そんな中でより有効で改善の可能性が高い治療を受けるには、毛髪の仕組みやAGAの原因、ホルモンとの関係性を知る事が大切です。自分で出来る予防、改善をサポートする方法も公開しているので、これからクリニックや予防について調べたい方に役立ちます。

男性型・女性型AGAの違いとは?

一言でAGAと言っても男性型・女性型に分かれています。そもそもAGA自体、男性型脱毛症なので男性しか発症しないと思われていますがそれは間違いです。

女性男性型脱毛症というややこしい名称ですが、略してFAGAと言われています。AGAは男性ホルモンであるテストステロンが5アルファリダクターゼと言う酵素を結びつき、DHT(ジヒドロテストステロン)になります。DHTは毛髪の成長を抑制する作用があり、それが原因でAGAになります。

FAGAに関しても根本は同じDHTですが、女性の場合は女性ホルモンの分泌によってDHTを抑えていますが、閉経や加齢によってバランスが崩れFAGAになってしまうと言われています。FAGAはAGAの様にピンポイントで薄毛になるのではなくびまん型といって広範囲にわたって薄毛になってしまう症状が特徴です。

近年では女性向けのAGA治療クリニックもあります。

なぜ男性にAGAが多いのか?

AGAの男女比はかなりバラつきがあり、ほとんどが男性です。FAGAが増えてきたといってもまだまだ男性ばかりのAGAですが、その理由はDHTの生成量にありました。

男性ホルモンというのだから女性よりも男性の方が分泌量は多く、且つ人によって生成量が違います。必ずしも当てはまる訳ではありませんが、筋肉量が多く体毛が濃い方と、筋肉が少なく体毛が薄い且つ中性的な顔立ちをしている男性とでは前者の方がDHT生成量は多い事が分かっています。

また女性の場合は閉経までは女性ホルモンが安定して分泌されているのでDHTを生成したとしても、効果を打ち消してしまいます。

これらの事から男性の方がAGAにかかりやすく、且つ治療が難しい事がわかります。体内のバランスが大切なので2、3回の治療では効果は無く最低でも発毛サイクルが切り替わる3ヶ月必要です。

テストステロンは必ずしも悪では無い

薄毛とAGAの関係性について調べていると必ずと言っていい程出てくるのがテストステロンです。薄毛の話題になるとまるで悪者の様に扱われていますが、実は人体に様々な効果をもたらしてくれます。

男性らしさを象徴する部分に効果があると言われいて、睾丸の機能向上と内分泌調整をしてくれるので、妊活している方には無くてはならないものです。筋肉を肥大化させる役割もあり筋トレをしている時に多く分泌されるのもこのホルモンの特徴です。精神的にも作用していて闘争心が高くなったり、向上心を高くしたりする働きもあるので上手に付き合っていけばとても良いものです。

ちなみにテストステロンは、そのままでは薄毛作用は無く、5アルファリダクターゼと結びついて始めてDHTになります。このDHTが発毛の成長を抑制するので、テストステロン自体は必ずしも悪ではありません。

女性ホルモンを投与すれば薄毛は改善する?

女性ホルモンが一定量分泌されていると、DHTの働きは抑制され薄毛にならない。ではそれをを投与すれば薄毛は改善するのではないか?そう思った事はありませんか?

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンに分かれていて、前者は肌をキレイにしたり肌トラブル、毛髪の育成を促したりします。後者は乳腺の発達や体温の上昇といった妊娠をサポートしてくれる物質です。但しプロゲステロンは精神を不安定にさせる作用もあるので、あまり好まれていません。前者であるエストロゲンは毛髪にコシやハリを与えてくれるので、AGAに効果はあります。

男性の身体にエストロゲンを投与すると様々な弊害や副作用が出る事から、あまり行われていないのが現状です。過剰に投与する事で情緒不安定になったり、うつになったりすると報告されているので現代ではエストロゲンに似た働きをするイソフラボンの摂取が進められています。

過剰摂取や副作用について

エストロゲンと似た働きをするイソフラボンですが、大豆に多く含まれています。大豆そのものから摂取するのはかなりの量が必要なので現実的ではなく、手軽に摂取する場合は豆乳がおすすめです。とある研究で毎日イソフラボンを摂取したことによった血漿にあるDHT量が減った事が立証されました。

一見とても有効な手段に見えますが手軽に摂取出来るので、過剰摂取や副作用の心配があります。体内に多くのイソフラボンが入ると身体はエストロゲンが分泌されている。と勘違いしてしまい、同じ量のプロゲステロンを分泌してしまいます。それによって男性でも乳房障害が起きたり、勃起障害がおきたりしてしまう事が分かりました。

気づいた時点で摂取をやめれば元に戻りますが、AGAの進行も元通りになってしまうので分かっていながら摂取を続けていると言うケースもあります。

過剰摂取や副作用について

確かに服用は副作用の心配がありますし、ホルモンとの関係性なんて良く分からない。外部からのアプローチの手段として育毛剤がありますが、実際のところあまりおすすめ出来ません。

特に市販の育毛剤は成分が極端なので効果を感じにくいタイプ、頭皮に刺激が強すぎるタイプがほとんどです。価格も安いものでは無く、継続的な使用が必要なのでコスパもよくありません。頭皮はとてもデリケートですし、一度トラブルを起こしてしまうと中々治りません。

それに比べてAGA治療クリニックでは、カウンセリングから始まり根本的な原因を追究してくれます。医師が治療してくれるので万が一の時も安心ですし、服薬がメインですがホルモンとの関係性や用法・用量を説明してくれるので、守っている限りは副作用が生じるのはほとんどありません。

もちろん医療行為なので効果も期待出来るのが最大のポイントです。

睡眠時間や食生活でセルフコントロール

クリニックへ行くのも良いけれど、自分で出来る事は無いだろうか?生活習慣の見直しはAGA治療にとても良く、診察時にも細かにチェックしています。

AGAの原因はストレスや睡眠不足、食生活の乱れから始まります。食事は脂質や糖分の多いものやジャンクフードだけでは無く、お酒やタバコを嗜む方も注意して下さい。たんぱく質が毛髪の成長をサポートしてくれるので、大豆や卵、肉類をしっかり食べて内側から強い毛髪を作ります。ミネラルも毛髪に良い栄養素になるので海草や緑黄色野菜もバランス良く頂きましょう。

質の良い睡眠には適度な有酸素運動がベストで、合わせてストレス解消にも効果的です。現代人は忙しく中々息抜きが出来ないので「あえて何もしない時間」を作る事も大切です。リラックスとストレス解消の関係性は、研究でも分かっているので積極的に時間を作って下さい。

まとめ

AGAを含む薄毛は男性ホルモンであるテストステロンとの関係性が深く、5アルファリダクターゼと結び付きDHTになった事で発症します。男性型・女性型と種類がありますが、どちらもDHTが作用しているので根本的なアプローチをしなければ改善に至りません。

その為市販の育毛剤はほとんど効果が見られ無いだけでは無く頭皮トラブルの原因になるので、AGA治療はクリニックがおすすめです。食生活や生活習慣を改善していく事で、AGAがよくなる事が分かっているので定期的に見直すと良いです。

AGA治療や効果に関するコラム

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください