AGA治療の薬を個人輸入することの危険性

非常に簡単に、そして治療院で処方してもらうよりも安く薬を手に入れることができるため、AGAの治療役を個人輸入で海外から取り寄せているという方もいらっしゃいます。ですが、なんの知識もないまま個人輸入をすると危険を伴うことがあるようです。
一体どのような危険性があって、どんなことに注意しなければならないのでしょうか?そもそも使用してよいのかという点も合わせてみていきます。

治療薬の個人輸入は簡単に出来る

個人輸入という言葉を聞いたことはありますか?輸入という言葉が入っているので非常に難しいことのように捉えられてしまいがちですが、現代のようなグローバル化してインターネットの発達した世の中において、個人輸入というのは誰でも気軽に、簡単にできるものなのです。

個人輸入とは、業者を通すことなく個人的に海外のショップから商品を購入し、日本に輸入することを言います。近年は翻訳機能が非常に発達していますし、海外から日本向けに日本語に訳されたホームページがあったりするので、日本内でインターネットショッピングをするのとなんら変わりなく海外から物を購入することが出来ます。

個人で輸入することのメリットとして、まず治療薬を処方してもらったり国内で購入するよりも、はるかに安価な価格で購入することが出来ます。病院にいくと、診察代や処方代などの費用もかかります。そして、仕事などで中々病院に行くことが出来なかったり、治療院に行くことが出来たとしても、混んでいて待ち時間は長くかかりストレスを感じることもあるかもしれませんが、輸入する場合にはパソコンやスマートフォンをチェックしてクリックし、その場でカード決済を済ませることで、あとは待っていれさえすれば手元に薬が届き非常に便利です。その他にもAGA治療というのは非常にデリケートなものですので、自分が治療をしているということを、周りの人に知られたくないという人が多いです。直接病院にいく必要がありませんので、誰かに知られることもなく安心して薬を服用することが出来るのです。このように、個人でAGAの治療薬を輸入するということはとても簡単にでき、多くのメリットがあるものなのです。

健康被害が起きてしまうことがある!?

非常に簡単に、そして日本国内で購入するよりも遥かに安い金額でAGA治療の薬を購入することが出来るので近年高い注目を集めている個人輸入ですが、個人的に手にいれた薬を使用することはリスクも伴うのだということを知っておく必要があります。

日本では、医薬品に関しては厳しい基準が設けられており「医薬品医療機器等法」という法律よってその医薬品の有効性と安全性のチェックが行われています。この厳しい基準があるからこそ、必要以上に強い成分の含まれている薬や身体に悪影響のあるような薬が国内で流通することがなく、安心して薬を服用することが出来るのです。

しかし個人輸入で薬を手に入れる場合、日本の法律でチェックされることはなく販売している国の基準でチェックされます。薬に関する基準はその国によって全く違いますので、購入する国によっては設けられている基準が非常に低い可能性もありますし、薬の効果が確かに出るということや、安全に使用できるということは保証されないのです。そういった医薬品を個人の判断で使用することで、全く効果が得られなかったり、最悪の場合には健康を害してしまう危険性すらあるのです。

日本は認可されている医薬品の成分の基準がとても厳しく設定されていますので、輸入した薬に関しては日本国内では認可されていない成分が配合されている可能性があります。そういった医薬品を服用することは、健康面や安全面で良くない影響が出てしまう危険性もあるのだということ知っておかなければなりません。

価格や手に入れる簡単さから見ると非常に魅力的なことしかないかのように感じてしまいがちですが、リスクや注意点まできちんと理解して自分の判断で利用する必要があります。

偽造品の可能性や、使用方法の間違いが起きるという危険性もある

個人的に海外からAGAの治療薬を使用する上で知っておかなければいけないことというのがいくつかあります。まずは偽造品や粗悪品の可能性があるということです。日本では厳しい基準が設けられきちんとチェックされた医薬品のみが流通していますが、海外ではそこまで厳しいチェックは行われないため医薬品の偽造品が多く出回っています。偽造のレベルも高く正規のものもかなり近いものが販売されているので、見分けるのは非常にむずかしいのです。

また、その医薬品の製造ラインまでを確認することは出来ませんのでどのような製造工程で作られ、どのように保管され、輸出されているのかということを知ることは出来ません。製造の段階で混入物があったり、有害な物質が入っている可能性もありますし、温度や湿度のきちんと管理されていない場所で保管されている場合、薬自体の状態が悪くなってしまっていることもあります。また、薬局で購入するにせよ病院で処方されるにせよ必ず説明が添付されています。その中にはどのように薬を飲むべきなのか、容量、薬の効果、注意点などその薬を服用する上で必ず知っておかなければならない情報が全て書かれています。その説明書が販売している国の言葉で書かれているためにきちんと内容を理解することが出来ない可能性があります。

また処方されて使用するわけではありませんので、医師の説明を受けることも出来ません。自分の症状に合った薬であるのか、自分はその薬を使用してよいのかということもわからないまま使用することになります。

このような状態で輸入した医薬品を使用すると、用法や容量を間違えてしまい、副作用が出る危険性もあるのです。そしてそうなってしまった時に相談することが出来ないというのはとても怖いことです。

まとめ

個人輸入でAGAの治療薬を手にいれるということは、治療院で医師から処方を受けたり国内の薬局で購入するよりも、はるかに低価格で簡単に薬を購入することができることから一見非常に魅力的なものに見えます。実際に多くの人が利用しているというのも事実です。

ですが、個人で医薬品を海外から購入してその薬を自己判断で利用するということは様々なリスクがあるということを忘れてはいけません。

この記事をシェアする
TOPへ戻る