AGAになりやすい人の特徴とは

AGAは思春期以降に髪が薄くなる脱毛症であり、遺伝によって引き起こされると言われています。しかし、遺伝するのはあくまでもなりやすい性質であり、遺伝以外で引き起こされていることの方が多いようです。そのため、AGAの原因やメカニズムを知ることで対策を行うことができるのです。遺伝で仕方がないと諦める前に、しっかり原因を把握して対策していくことが大切です。

生活習慣が乱れている

AGAは、遺伝によるものだけでなく、生活習慣が乱れていることが原因でも引き起こされる脱毛症です。髪とはそもそも、人の体から作られるもの。それ故に、体の体調によって髪の状態も大きく左右されてしまいます。夜更かしせずにしっかり必要な睡眠が取れているか、一日に三食、栄養バランスの良い食事を行っているかなど、日頃の生活が要となってきます。例えば、十分な水や酸素、栄養がないと草木も十分育たないのと同じように、髪もそれらの要素が不足すれば育つことができません。睡眠不足は体の不調を悪化させ、偏った食事も特定の栄養が不足するため髪が減ることに繋がります。暴飲暴食のように、急激に食事を摂取することも体への負担となります。

また、十分な栄養と睡眠を取っていても、喫煙などによって毛細血管が収縮されてしまうと、せっかく摂取した栄養や酸素が髪に行き届かなくなります。喫煙はそれ以外にも体に多くの悪影響をもたらすため、そこから発生する体調不良によっても髪に大きなダメージを与えることになります。喫煙している方は十分に注意が必要なのです。このような日々の習慣で蓄積された体内のダメージもAGAを引き起こす大きな原因となるのです。それに加え、頭皮を清潔に洗っていなければ、より脱毛症が引き起こされる確率は大きく跳ね上がることになります。

体の体調、頭皮の状態、髪への栄養供給、遺伝によって起こっていないとしても、こういった外的要因でAGAは起こるため、日々の習慣を今一度見つめ直す必要があるのです。逆を言えば日々の習慣を正すことで、遺伝でAGAの要因を受け継いでしまっていたとしても、健康な生活を送り、頭皮をしっかり洗い髪を清潔にすることで、十分脱毛症を予防できるということでもあるのです。

ストレスを溜めやすい

遺伝以外でAGAのリスクを高めるのは生活習慣の乱れからくる不健康な肉体でもありますが、そもそもその乱れはストレスから発生することが多いのです。どれだけ規則正しい生活を送っていたとしても、精神面の負荷は体や生活リズムにもいずれ悪影響を及ぼします。そうなると頭皮や髪への影響は回避しづらくなり、AGAとなり髪が抜ける事態へと発展してしまいます。ストレスは髪の天敵ともよく言われるため、ストレスを溜め込みやすい人は高確率でAGAになりやすいということになります。多少のストレスは日常生活を送っていれば誰でも感じてしまうものであり、あまり気に留めないことの方が多いです。しかし、少しのストレスも我慢し続ければ次第に精神が疲れ、体にもそれが蓄積されます。ある程度のストレスは人にとって必要であるとも言われているため、完全なストレスの遮断は難しいのが現状ですが、上手く発散できる人やストレスを溜め込みにくい人は脱毛症のリスクは低くなります。故に適度な運動や自身の好きなことを行うことでストレスを発散し、上手くストレスと付き合っていく必要があります。ただし、ストレスを発散する方法もしっかり考えなければいけません。イラつきを感じているからと煙草を吸ったり、自暴自棄のようにお酒を飲んだり、食べ物を摂取することは体への負担も大きく、髪にとっては逆効果になります。自身の好きなことと言えど、体に異常をもたらすものは抜け毛のリスクを高めるため、別の発散方法を探すのも重要になってきます。適切な適切な体調を整えるためにはまず精神から見直す必要もあり、自身がストレスを感じていないか、常日頃確認しておくことが髪を守ることに繋がっていくのです。

少しでもAGAの疑いがあるなら早めの対策を

「最近髪がよく抜ける」「髪が細くなったように思う」など、少しでも脱毛症の疑いがあると思ったらすぐに対策を行わなければなりません。遺伝による発症があるからこそ、別の要因による発症のリスクはできる限り抑えなければなりません。生活習慣の見直しや、頭皮への入念なケアなど、気付いた時に実践することがAGAの発症への対策へとなります。抜け落ちてしまった髪は戻すことは困難です。そのため、早期の対策が今後の髪の状態を左右することになります。

対策が早ければ早いほど、自身の髪を元の元気な状態に戻すことが可能となるのです。育毛剤の使用や、頭皮ケアを謳う市販の商品なども十分効果があります。自分の体質、髪の性質に合ったものを使うとより効果があり、進行を抑えることができます。しかし、進行を遅らせることは市販のものでも可能ですが、既に進んでしまったものに対しては効果はあまり期待できません。進行してしまった脱毛症に対しての改善処置は、専門の医療機関に任せる他ありません。抜け毛で医療機関へ行くことにはいまだに抵抗のある方も多いかもしれません。しかし、れっきとした病気と認定されたAGAは専門の外来などあり、近年では気軽に受診することが可能なのです。

メカニズムを明確に理解した上で医学的な治療を施してもらえるのです。効果も実証されているものが多く、進行が進んでしまった場合でも悲観する必要はありません。遺伝するAGAですが、原因はただそれだけではなく、現在では様々な対策や治療法があります。早期に正しい対策、治療を施すことで発症を防ぐことも、遅らせることもできるため、髪への悩みを抱えている場合は早めに医師に相談することをオススメします。

まとめ

AGAは遺伝型の脱毛症ですが、遺伝以外にも多くの要因が重なることで、なりやすい方が増えていく傾向にあります。生活習慣の乱れ、ストレスといったことが原因でも引き起こされるため、できる限りの対策を行うこと自身の髪を守ることに繋がります。昔と違い、実証されている治療法も対策も多いため、諦めるよりも先に医療機関を訪ねると良いでしょう。無料でカウンセリングなども行っていることもありますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る