メリットばかりじゃない?AGA治療薬ミノキシジルのデメリット

薄毛で悩む方や、すでにAGA、または対策をしようとしている方なら一度は聞いた事のあるミノキシジルは、元々薄毛改善薬として作られた訳ではありません。降圧剤として開発され、服薬した患者さんから毛髪が生えたと言う報告をうけて薄毛改善にも使われる様になりました。そんな経緯のある薬ですが、多くのメリットだけでは無くデメリットも存在します。自分の身体に入れるものだから双方を知り、自分に合った治療方法なのかを見極めて下さい。

ミノキシジルは認められたAGA治療薬

AGAと言えばプロペシアかミノキシジルが有名ですが、この2種類は国内でも認められている治療薬です。前者はDHTというホルモンを抑制して薄毛の根本的な原因を解決する薬です。後者は血管拡張効果があるので血行促進が期待でき、それによって毛髪までしっかりと栄養素を運ぶ事が出来る様になります。栄養を受け取った毛髪は健康な状態で成長し、繰り返す事で薄毛を改善します。

とはいってもこの薬は元々海外で降圧剤として利用されていました。降圧剤として使っていたのにも関わらず多毛症が多く発生した事がきっかけで育毛剤としての開発が進みました。

そうして出来たのが塗り薬タイプです。ペースになっている服薬タイプは降圧剤の薬なので日本だけでは無く、海外でも認可されていません。しかし安全性は開発段階で認められているので、使用するにあたって何の問題もありません。

使用するとこんな作用が期待出来る

薄毛に効果的なミノキシジルですが、プロペシアと違い血管を拡張する作用があります。そして毛母細胞と言う毛髪を作る細胞を活性化するので、血行がよくなって運ばれてきた栄養をダイレクトに受け取れるので健康な毛髪が成長します。毛母細胞は分裂を繰り返す事で、毛髪の生成を促してくれる大切な細胞です。このアプローチはAGA治療にも効果が高く、人によっては頭皮が見なくなるくらい毛髪が生えた事を実感しています。

但し血行を良くしてくれるので一時的に頭皮に熱を持った感じになったり、かゆみを感じしまったりする場合もありますが、一時的なものなので安心して下さい。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも配合されていますが、市販薬は処方薬に比べると効果が弱く劇的な効果は望めません。真剣にAGA治療をしたいのなら市販薬よりもクリニック処方が良いです。

服用タイプのメリット・デメリット

服用タイプは身体の内側からアプローチをしてくれるので、効果を感じるのが早いと言われています。人によっては毛髪のサイクルが変わる3ヶ月程度で発毛したり、以前よりもコシの強い健康的な毛髪が多く生えてきたりしたというケースもあります。

血管が拡張されるので持病や体質によっては服用出来ないので、購入する際は事前に医師へ相談すると良いです。また服用タイプは効果が出やすい反面、副作用を感じる割合も多いです。

代表的な副作用は血行促進による頭皮のかゆみや皮膚炎、頭痛に一時的な脱毛症です。但しこれらは一時的なものがほとんどなので、すぐに収まります。

但し2週間を超えても改善がなかったり、生活が困難になるくらい辛いものだったりする場合はすぐに使用を中止して下さい。服用タイプは自分で購入する手段しかないので、医療機関へ持ち込んで相談して下さい。

塗り薬タイプのメリット・デメリット

塗り薬は服用タイプと違い、頭皮に直接塗りアプローチしています。ホルモンに作用する訳では無いので、ナイトライフに関わる副作用が無いのも嬉しいポイントです。副作用自体も少なくほとんど生じませんが、敏感肌の方には刺激が強いと感じる場合もあるので、必ずパッチテストをしてから使用して下さい。

ちなみに服薬タイプの場合、妊婦はもちろんですが女性はあまり使わない方が良いと言われていますが、このタイプだと多少であれば問題ありません。しかしダイレクトでは無いにしろ胎児に何らかの影響がある可能性もあるので、おすすめは出来ません。どうしてもミノキシジルを使いたい場合は医師に相談して下さい。

他にも感じられる効果が服用タイプよりも薄く、且つ効果を感じるまで時間がかかるのがデメリットです。

継続しなければならないのもデメリット?

ほとんどの病気やケガには完治があるので、一定期間治療に励んだとしても最終的にはその治療が必要無くなります。しかしミノキシジルに関しては使い続けなければいけないので、完治はありません。

別の項目でメカニズムを説明した様に、この薬は血管を拡張して栄養素を運びやすくしたり、毛母細胞を活性化させて毛髪の成長をサポートしたりしています。これらの作用は永久的では無く、根本が無くなると元通りになります。

したがって飲み薬・塗り薬どちらも継続しなければゆるやかに使用前に戻ります。継続するのが難しい場合はプロペシアなど別のAGA治療薬がおすすめですが、これらの場合はホルモンに直接作用するので、性欲撃退や肝機能障害などミノキシジルとは違う副作用が生じます。またアプローチが違うので合わないケースもあります。

継続しなければならないのもデメリット?

クリニックへ通うとカウンセリングや診察、ヘッドスパを始めとする処方以外の治療が受けられるので、自分に合った治療方法やAGAの原因が分かりやすいです。万が一合わない薬や治療が見つかれば、別の方法を提案してくれるのもメリットです。

但し1回あたりの費用が高額で1万5000~2万円が平均となり、注入治療や血液検査を入れると更に高額になります。

それに比べて個人輸入は薬だけを安価で購入出来るのでコスパ最強です。AGA治療に効果的な薬が1ヶ月分5000円未満で購入出来ますし、使い方はサイトに掲載されています。但し国内未認可の薬や偽物を掴まされてしまうデメリットも存在します。

仮に健康被害が生じてもメーカーに訴えかけるのはほぼ無理なので、自己責任で購入する事を事前に理解しておかなければなりません。これらを天秤にかけて判断しましょう。

ミノキシジル以外のAGA治療薬とは?

治療薬と言えばミノキシジルが有名ですが、他にはどんなAGA治療薬があるのでしょうか。まず挙げられるのがプロペシアです。この薬も国内で認可されているのでクリニックでも処方出来ます。AGAの根本であるDHTの過剰生成をストップして、毛髪の成長を促します。安全性が高く副作用もほとんど生じないと言われていますが、考える副作用は肝機能障害・性欲減退です。

続いてはザガーロといってプロペシアの効果を強めた薬です。プロペシアが効かない場合に処方されるのですが、効果が強い分副作用も強く感じられます。日本では2005年から処方されている比較的新しい薬です。

外用薬だとアボルブがあります。この薬は前立腺肥大の薬なので未認可ですが、DHTに作用するのでAGAの根本的な原因を除去してくれる心強い薬です。ミノキシジルも安全性が高いですが、これらの薬を視野に入れるのも良い方法です。

まとめ

様々なAGA治療薬がある中でミノキシジルはホルモンに作用するのではなく、血管拡張して毛髪の成長をサポートしてくれます。

血管拡張によって冷え症が改善したり血流が良くなったりする反面、かゆみや皮膚炎、頭痛などのトラブルもあります。他の薬はほとんどホルモンに作用するタイプなので、ミノキシジルとは違ったアプローチ、副作用が考えられます。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分に合った治療方法を模索する判断材料にして下さい。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください