ミノキシジルで大成功!これからAGA治療を始める方へ

AGA治療を受けるだれもが思っているのが、より効果的な治療を受けたいと言う事です。治療費だけでは無く大切な時間をかけているのだから、いつかは発毛に成功してコンプレックスを解消したいと思うのは当然です。そんな中でより効果を求めて模索しているとミノキシジルが良いとウワサを聞き、調べてみると一部は日本で認可済みだが製造禁止であったり、副作用の心配もあったりする様だ。ここではミノキシジルを使うにあたって知っていて欲しい知識を公開しています。

ミノキシジルは日本でも認可されている外用薬

日本でAGA治療薬と言えばプロペシアですが、ミノキシジルも認可されているので処方は可能です。しかし国内で認可されているのは外用薬のみになるので、内服タイプと求めているなら個人輸入での購入となります。また海外ではロゲインという名称で販売されているケースもあるので、個人輸入で購入する際はロゲインで検索すると多くの治療薬がヒットします。

この成分は1960年代に創製されましたが、薄毛に効果があると分かったのは1980年代でした。頭皮の血管拡張をして血流を良くして栄養素を運びやすくするだけでは無く毛母細胞を活性化させるので効率良く栄養素が行き渡り、毛髪の成長を促進します。プロペシアを始めとするAGA治療薬はホルモンに作用するタイプなので、血流を改善するのはミノキシジルの特徴です。やみくもに治療をするよりも薬の種類や作用を知るのが薄毛改善の成功に繋がります。

日本で内服タイプは製造禁止だけど大丈夫なの?

そもそもミノキシジルは外用薬だと認可されていますが、内服タイプは日本では無く海外でも未認可です。未認可の薬と言われると危険、または違法なイメージもありますがそれは間違いです。認可というのはその薬が本来の役割で使われているかどうかになりますので、安全性や違法性とは別です。

このケースだと元々降圧剤と言って血圧を下げる為に作られました。降圧剤は血流を良くする働きがあるので、それを服用した患者さんが発毛、または多毛症になったと報告があり薄毛改善の研究が始まりました。

また日本では内服薬は製造禁止となっていますが、これは多毛症以外にも副作用が考えられる為だと言われていますが、その副作用が生じるのはかなり低確率です。これらの取り決めは一度決まると中々改正されないので、安全性が立証されてもそのままルールだけが残っているのです。

ミノキシジルは初期脱毛が無い

ミノキシジルにはいくつかのメリットがありますが、何と言っても初期脱毛が無いのが強みです。他の内服タイプのAGA治療薬は飲み始めてから効果を感じるまでに脱毛期間があります。

これは薬がホルモンにアプローチし始め、弱くなってしまった毛髪が一気に抜ける時期です。仕組みや流れを理解していれば一時的な物だと分かりますが、何の知識も無い状態で脱毛症状が起きると「副作用だ。」「この薬は自分には合わない。」と思い、服薬を中止してしまいます。せっかくAGA治療に向けて作用が出始めているのに、成功を投げてしまった様なものです。

この脱毛期間が無く、ストレスを感じないまま治療が出来るのはミノキシジルならではですし、変にストレスを感じない事でAGA症状が軽くなる可能性もあります。

考えられる副作用

いくら有効な薬でもデメリットや副作用がゼロという事はありえません。ミノキシジルについて脱毛症状はありませんが、塗った部分にかゆみや熱、赤みが生じてしまう事があります。しかしこれらは一時的なものですし、我慢出来ないほど強いものではありませんので安心して下さい。人によっては血管拡張や血行促進の時に火照った様な感覚になりますが、これも先程の副作用と同じく一時的なものです。

これらの副作用は使い始めてから2週間以内には改善するので、それ以上続く場合は医療機関へ相談してみましょう。また外用薬は敏感肌の方には刺激が強い可能性もあるので出来れば濃度の低いタイプから始めたり、事前にパッチテストをしたりして問題が無ければ頭皮に使って下さい。

服薬タイプについては頭痛や悪寒の副作用もありますが、これも血流が良くなった事による一時的なものです。

こんな副作用が出たら中止すべき

副作用は軽いものから深刻なものと様々です。別の項目で説明したかゆみや皮膚炎・頭痛は軽いものですが、血流が良くなりすぎるとめまいや気が遠くなったり、手足のむくみ、低血圧が生じたりする事もあります。他にも性的不能、勃起障害と言ったホルモンに作用する薬の様な症状が発生するケースもあります。これらは放置しておくと命を危険に晒してしまう場合もあるので、すみやかに医療機関へ相談して下さい。

また免疫力が低下している時や体調不良の際はミノキシジルの使用を避けるのが無難です。ちなみに内服を続けている内に身体がそれに慣れてしまい効きにくくなる、いわゆる耐性がついてしまう事もあります。この場合は薬の量を増やすと副作用の危険があるので、しばらく服薬せずに休止期間を設けるのがおすすめです。

無理な治療は身体に負担がかかり成功から遠ざかってしまいます。

こんな副作用が出たら中止すべき

「これだけ飲んで生えてきたからもっと飲めばより生えてくるはず。」「クリニックは高額だから安い個人輸入でAGA治療をしよう。」これらはよく聞く話ですし強く否定はしませんが、治療に成功したいのなら自己判断せず医師の指示に従うのがベストです。

まず薬の量を勝手に増やすと身体に負担がかかるだけでは無く、副作用が生じやすくなり酷くなると多臓器不全・高カリウム症など危険な状態になります。

AGA治療自体保険が効かないので高額になりやすいのは分かりますが、安易に個人輸入を使うと別の薬であったり偽物を掴まされてしまったりする場合もあります。仮にこれらを購入して何らかの健康被害が生じても全て自己責任になるので、泣き寝入りするしか方法はありません。

正しい知識をつけるのは大前提ですが、それを振りかざして自己判断は失敗の元です。

体調の記録が成功のカギ

簡単で構いませんので、自分の体調や毛髪の状態、ストレスなど日記をつける事をおすすめします。数日経つと忘れてしまう様な小さな事でも、少しずつ書き溜めていくとその時からの変化がわかります。副作用を感じたのなら素直に書けばよいですし、体調が優れなかったり毛髪に変化があったりした事を書きとめているとモチベーション低下を防ぎ、継続したAGA治療が期待出来ます。

万が一薬が合わない場合にも医療機関に日記を見せれば何か分かるかもしれませんので、毎日の変化を書き留める事は成功への近道と言えます。日記と言っても紙とは限りませんので、スマホの日記アプリやパソコンのメモ帳など使いやすいものを使えば問題ありません。

まとめ

ミノキシジルは他の薬と違って、ホルモンに働きかける作用は無く血管拡張して血流を良くする薬です。その為、外用薬はかゆみや火照りなどの副作用があります。

内服タイプに関してはかゆみや頭痛が副作用になりますが、脱毛作用が無くホルモンバランスに作用しない事から多くの方に指示されています。但し用法・用量を守らないと手足のむくみ・低血圧・全身の多毛症といった重篤な副作用が生じる可能性もあります。

治療を成功させる為には毎日少しずつで構わないので、日記やメモを取り状況を記録しておきましょう。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください