AGAの前兆とセルフチェック

AGAは主に男性ホルモンの影響が原因と言われていますが、他にも遺伝が関係していたり、生活習慣の乱れが原因とも言われています。更に若い男性でも発症する確率が高く、進行性があるのがAGAの厄介なところです。放っておけば誰でも起きてしまう可能性があるものですが、反面、努力次第で防ぐことも可能なのです。健康な頭髪をキープするために、普段から気を付けておくべきことやセルフチェックの方法などを予め知識として入れておきましょう。

AGAの前兆に見られる症状とは

では、AGAに見られる前兆から調べてみましょう。まずは抜け毛が多くなったと感じている方は要注意と思った方がいいかもしれません。シャンプーをした時に前より抜け毛が増えていたり、朝起きた時に枕に抜け毛が付くようになったり、掃除する時にやたら床に落ちている髪の毛が気になるようになったなど、抜け毛のサインは日常生活にたくさん潜んでいます。

しかしAGAを原因とする抜け毛には特徴があります。頭髪がランダムにもしくは全体的に薄くなるのではなく、頭のてっぺんである頭頂部と、おでこ付近の前頭部辺りから抜け始めるのが特徴です。これは男性ホルモンの影響が大きいと言われるAGAならではの抜け方で、側頭部や後頭部の頭髪はそのまま残っていることが多いのです。ですから「抜け毛が最近増えた」と感じている方は、頭頂部や前頭部をチェックしてみてください。自分では以前との違いが分からない方は、家族や親しい人などにチェックしてもらうといいでしょう。また、後頭部などの毛質に比べて、頭頂部などの頭髪が柔らかく感じたり、細く感じる場合も注意した方がいいでしょう。

ここまで自分でチェックしてみて、抜け毛も少ないし頭頂部や前頭部にも変化がない、毛質も全く変わりないので大丈夫、と安心している方もいるかもしれませんが、生涯に掛けて安心できるというわけではありません。AGAは年齢を問わず現れる症状です。若いので安心と思っている方も今は大丈夫でもいつ自分の身に起こるか分からないのです。遺伝が原因とも言われているので、親族の中に頭髪が薄い方がいれば要注意ですし、食生活や睡眠時間が乱れていたり、ストレスが多い生活を送っている方なども見直していく必要があります。

気になる人はセルフチェックをやってみよう

前兆について説明しましたが、それだけでは自分で分かりにくいという方もいると思いますので、簡単にできるセルフチェック方法を紹介したいと思います。最近抜け毛が増えたと感じる方や、親族に薄毛の方がいるなど遺伝的に心配な方、不規則な生活を送っている方など、少しでもAGAに対して気になっている方は是非参考にしてみてください。

まず、遺伝に関するチェック法です。AGAは隔世遺伝が多いと言われています。そのため父親ではなく祖父からの遺伝が大きいのです。父方、母方どちらの遺伝が強いかは分かりませんので、祖父だけではなく祖母の頭髪もチェックした方がいいでしょう。両方の祖父母の頭髪を見てください。次は自分で見て触ってできるセルフチェックです。少し面倒ですが、毎日の抜け毛をチェックしてみてください。人間の頭髪は毎日抜け落ちますので全く抜けないという方はいません。個人差はありますが一日の平均が50本~100本程度の抜け毛であれば正常の範囲内と言われています。毎日100本以上抜けている方は予備軍かもしれません。

また、頭髪を触ってみて細くなった、産毛のように柔らかく感じたり、見た目的に頭頂部、前頭部のいずれか、もしくは両方の頭髪が薄くなっていないか、おでこが前より広くなっていないかなど、セルフチェックの方法は幾つかあります。「祖父が薄毛である」「祖母が薄毛である」「毎日100本以上抜け毛がある」「産毛のように柔らかくなった」「思春期以降薄毛になり始めている」「薄毛が進んでいる」「額が広くなった」「頭頂部が薄くなった」「頭頂部、前頭部が薄くなった」、以上の項目で二つ以上該当する人はAGA予備軍、もしくは既にAGAと言えるでしょう。

少しでもAGAの疑いがあるなら早めの対策を

セルフチェックをしてみて、少しでも薄毛になる可能性がある方は、早いうちから対策を取っておくことが大切です。毛髪は全て、根元にある毛母細胞の働きによって左右されます。元気な毛母細胞からは元気な毛髪が生えますし、逆に毛母細胞の機能が衰えてしまうと毛髪が細くなり、抜け落ちたりという現象が起こります。そして残念なことに一度機能を失った毛母細胞は復活することが不可能です。今は元気に生えそろっている毛髪も、どのタイミングで抜けてしまうのかは誰にもわかりません。細胞は、栄養が行き届かないと退化するというメカニズムは毛母細胞も同じです。栄養を運ぶのは血液です。頭皮の血液の流れを良くすること、血液自体をキレイに保つことも大切なのです。

まず身近なところから始められるのは、食生活の見直しです。口にした食べ物はそのまま体内に影響が出ます。ジャンクフードや脂質が多いものを摂っていると血液がドロドロになります。お酒やタバコなどの嗜好品を好む方も改善した方がいいでしょう。いつも規則正しく野菜やお魚、お肉とバランスの良い食事を心掛けている人は血液もキレイです。また、適度な運動などで汗を流すこともおすすめです。汗と一緒に毒素を出し筋肉を付けることで代謝がアップし、血流促進に繋がります。更に毛穴に皮脂や汚れが詰まることも抜け毛の原因になりますので、シャンプーを欠かないことも大切です。

また、育毛剤入りのヘアトニックを使った頭皮マッサージなども血流促進に有効的です。決して無理をすることはありませんが、これまで述べてきた対策は将来必ず頭皮や毛髪が応えてくれるはずです。まずは出来ることから、長く続けられそうなことから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

自分はまだ年齢的に若いから、それに今は抜け毛も少ないからAGAの心配はないなどと過信して、不規則な生活を続けた結果は、必ず10年後にやってきます。誰にも若さは永遠ではないのです。後悔しないため今のうちから予防、対策を取ることが大切です。日々の積み重ねがAGAを防げるだけではなく、体内の健康維持になったり、精神面にも影響してくるはずなのです。明るい未来のためにコツコツとした努力を重ねていきましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る