1ヶ月間のaga治療で得られる効果とは

agaは生涯治療が必要なものと言われていますが、どのくらいの期間を治療に専念するのが良いのでしょうか?治療を始めてから、その効果を実感できるようになる期間はどのぐらいであるか、把握しておくと安心感を得ることができます。また、症状が個人によって異なれば、治療法もそれによって異なり、効果が出る期間も違ってきます。

1ヶ月で出る効果にも差があるため、治療の流れと共に理解していきましょう。

aga治療の1ヶ月間の流れ

医療機関で診察を受け、agaと診断された場合、基本的には飲み薬と塗り薬の両方が処方され、体の内側と外側から改善していく流れになります。

飲み薬はフィナステリドが配合された薬が1ヶ月分処方されます。薬は飲み始めてすぐに効果を確認できるような即効性のあるものではないため、根気よく治療を続けることが大切になってきます。1日1回、毎日飲むことで効果が持続され、できるだけ同じ時間帯に飲むことでより効果を得ることができます。飲み薬の効果は約1ヶ月であるため、薬がなくなる少し前にまた医療機関で薬を貰うことになります。

この時に診察をしてもらい、効果はもちろんのこと、副作用が出ているかどうか見てもらうのも良いでしょう。塗り薬はミノキシジルが配合されたものが処方され、1日に指定された回数、決まった量を頭皮に塗っていきます。

しかし、ミノキシジルは血行を良くし、毛を強く育てる効果はありますが、agaの進行を阻止する効果自体はありません。男性ホルモンがagaの原因である物質へ変化することを阻止するのはフィナステリドが配合されている飲み薬となります。そのため、飲み薬は必ず欠かさず服用する必要があります。

また、薬の効果をより高めるために生活習慣の見直しも重要になってきます。髪の状態は食事やストレスなど、日頃の生活習慣にも左右されます。健康的でバランスの取れた食事を摂取したり、できる限りストレスを溜めないようにしたりするなど、薬の効果がより出るように自身でもしっかり体調を整えるようにしましょう。

薬を毎日飲むことも大事ですが、それだけに頼らずにagaが何故進行してしまったか、それをしっかり考えることも重要になってきます。

どれくらいの期間をかけて治療するのが理想的なのか

aga治療は生涯かけて行う必要があるとされています。これはagaが完全に完治できるものではないことが要因とされています。agaは年齢と共に男性の中の女性ホルモンが減少し、髪の成長を促す成分が少なくなっていくことも原因として挙げられます。そうすると男性ホルモンがagaを促進させる物質への変化が加速され、最悪の場合、毛根の細胞が機能しない事態に陥ります。

毛根が再生不可能になってしまう前に、徹底した治療を行うことが、自身の髪を守るために重要になってきます。agaと診断されてから薬を服用し、効果が出てきたとしても完治したことにはなりません。その段階で薬を止めてしまうと、またagaの進行が加速し、せっかくの効果が無駄になってしまいます。

早い人で3ヶ月から4か月で効果を実感できるようになりますが、飲み薬は基本的に6ヶ月で効果が現れるとされています。そのため、最低でも6ヶ月間は治療を行うことが望ましいとされています。塗り薬は効果が実感でき、改善に向かうと判断された場合には使用を中止し、飲み薬だけの治療になることもあります。

ただし、6ヶ月間治療を行っても効果が感じられない場合、治療を中止し、医師に相談する必要があります。薬ではどうにもならない程に進行している可能性があり、自毛植毛という治療に移行することになります。自毛植毛とは健康な自身の髪を移植する治療法であり、大きな効果が得られますが、場合によっては切開する必要もあり、費用も薬よりも多くかかってしまいます。

agaの疑いを持った場合に早急に対策を行い、長期にわたり継続した治療を行わなければ、そういった治療法しか手立てがなくなることを十分に理解しておきましょう。

1ヶ月の治療でも効果を感じることが出来る

長期にわたった治療が必要となるagaは、個人の症状の違いで効果を実感できる期間にも差が生まれてきます。薬が効きにくい体質や症状が重い人はその効果が出る期間も長くなってしまいます。徹底した血液検査や遺伝子検査を行い、効きづらい原因を追究することも重要です。

また、agaではなく円形脱毛症など別の脱毛症の場合はagaの薬の効果はありません。自身の抜け毛や脱毛の症状の何が原因であるかはっきりしておかなければ、いくら治療を施しても意味がありません。効果が確認できない場合、早めに医師に相談することも大切になってきます。

自身の症状に合った薬を服用することで、より効果時間を早く実感できるようになります。市販で売っている育毛剤では効果を実感できるようになるまで半年以上、もしくは1年以上かかることもあります。そのため、病院やクリニックで提供されるフィナステリド配合の飲み薬やミノキシジル配合の塗り薬を、医師の指導の下で両方使用し治療を行うことで比較的早く効果を実感できるようになります。それに加え、日々の生活を正しく送り、体調を整えること、自身の症状や原因に合わせた治療法を毎日続けることで、1ヶ月でも十分効果を実感できる可能性は大いにあり得ます。

早期に改善するためには、早期の症状の発見と早期の治療が重要になってくるため、自身の髪の状態に気を配ることも重要です。近年、aga治療は原因解明とともに様々な治療法が生み出されています。最終的に植毛をすることになっても、自然な仕上がりで、心身ともに負担も少なくなっていっています。

しかし、様々な開発によって薬だけでも十分に効果を確認できるため、諦めずに根気よく継続して治療を行い、自身の体の中から改善できるようにしていくことも可能です。

まとめ

aga治療は即効性のあるものではなく、効果が出てくるまでに6ヶ月はかかる場合もあります。しかし、体質や症状、原因によってその効果が出てくる期間にも差が生まれます。早期に効果を求める場合、自身の体質や症状について知り、自身に合った治療法を行うことが重要です。そうした条件の下で治療を始めると1ヶ月でも十分効果が実感できるはずです。しっかり医師に相談して、aga治療に専念しましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る