AGA治療の飲み薬の種類と効果がある薬を大公開

国内でも約800万人の人が悩まされていると言われているAGAですが、何が原因で症状が出るのでしょうか。またクリニックで行う治療は飲み薬、または塗り薬を処方されるのがほとんどですが、これらの薬は複数のタイプがあります。市販薬をよりも効果があるのは当然ですが、複数の種類があるので選ぶ際に迷ってしまうのも事実です。コスパを求めるのなら個人輸入で購入するのも良いですが、知識が無いと痛い目を見る事もあるので注意して下さい。

AGAが起きる原因は1つだけではありません

男性ホルモンが作用して起きるAGAですが、なぜ男性ホルモンが過剰分泌されるのでしょうか。原因は複数ありまず挙げられるのがストレスです。

本来男性ホルモンは男女共に分泌されるもので、テストステロンの状態だと筋力アップや判断力が働きメリットが多いです。しかし酵素を結びつく事でAGAを引き起こすDHTになってしまのですが、悪玉コレステロールが悪さをしています。悪玉コレステロールは乱れた食生活や生活習慣、過度のアルコール摂取などで増えていきます。

慢性的なストレスでも増える要因になるので、AGA治療をしている方や予防を考えているのならこれらに気をつけるのも治療への第一歩です。劇的な効果がある訳では無いですが、小さな事を積み重ねていけば進行速度を抑える事も出来ます。

ちなみに運動不足もAGAになりやすくなるのでDHTが増えるからと言って運動をしないのもNGです。

なぜ飲み薬・塗り薬に分かれているのか?

病気の治療内容は症状や状態によって変わりますが、AGA治療の場合はカウンセリング・診察をした上で薬を処方するのが一般的でその薬は飲み薬・塗り薬のどちらかです。データによると服薬タイプの方が早く効果があり、塗るタイプは効果が出にくい様です。

ではなぜ前者に比べて効果が期待出来ない塗り薬が処方されるのでしょうか?患者さんが希望する治療プランもありますが、体質や持病によっては服薬出来ないケースもあります。高血圧や心筋梗塞の疑いがある場合はNGですし、飲み薬が合わない事もあります。反対に塗り薬を使ったのは良いけれど敏感肌で刺激に耐えらないという場合もあるので、患者さんに合わせた対応が出来るように複数の薬を用意しています。

国内では数種類しかありませんが、海外ではより多くのAGA治療薬を提供しているところもあります。

飲み薬は脱毛を防ぐタイプがほとんど

薬に種類があるのは理解出来たと思いますが、これらはアプローチも別です。塗り薬は頭皮の環境を整えて発毛しやすい状態にして、薄毛を改善します。

それに比べて飲み薬はホルモンに作用にして脱毛を防ぎ、健康な毛髪を成長させる効果があります。AGAを含む薄毛は人によって原因が違いますし、どちらのプランが効果的かも使ってみないと分からない場合もあります。塗り薬やAGAはもちろんの事、他の脱毛症や薄毛にも効果的で頭皮の血行を良くする事で毛穴に栄養素が行き渡る様にしています。

服薬タイプに関してはDHTの生成を抑制するので、これまでDHTが出していた毛髪成長をストップする命令が出来ます。その後、健康な頭皮から毛髪が生える流れになりますが、この特に頭皮が健康でなければ意味が無いので服薬しながらヘッドスパなどで頭皮環境を整えて治療を進めます。

飲み始めは一時的に脱毛するタイプもあるって本当?

薄毛対策を検討しているので、効果があると言われている薬を調べていると「飲むタイプは副作用として一時的な脱毛がある。」と知り、愕然としている。確かに薬のタイプによっては副作用、または効き始めに脱毛効果のあるタイプもあります。

AGA治療に効果的な薬はプロペシア・ザガーロ・アボルブ・ミノキシジルです。どれも飲むタイプであり、且つDHT生成を抑制するタイプですが、副作用はどれも違います。プロペシアやザガーロ・アボルブに関しては性欲減退、肝機能障害や勃起障害が上げられミノキシジルに関してはかゆみや脱毛、頭痛があります。

ミノキシジルに関しては飲み始めに脱毛作用がありますが、一時的なものですので気にする事は無く飲み始めてから1~2週間で収まります。それまではやや辛いかもしれませんが健康な毛髪が生える準備と考えると良いです。

効果があると言われている理由と仕組み

飲み薬は塗り薬に比べて効果があると言われていますが、それはなぜでしょうか?そもそもダイレクトに頭皮に塗るタイプと違い、なぜ服薬するだけで効果があるのでしょうか。

AGAはテストステロンが酵素と結びつく事でDHTになり毛髪の成長を抑制します。簡単に言えばこのDHTが多く生成されなければAGAにはなりません。とは言ってもDHTの元であるテストステロンは筋力やメンタルにも良い影響を与えてくれますし、男性ホルモン自体の生成をストップすると情緒不安定になってしまうケースもあります。だからこそピンポイントでDHTだけを抑制して症状を抑えるのが大まかなメカニズムです。

その為に男性ホルモンが作用する性欲減退や勃起障害が副作用として生じてしまいます。塗り薬に関しては血行を良くしたり、外部から刺激を与えたりする事は出来ますがホルモンに作用する事は出来ません。

効果があると言われている理由と仕組み

自分でAGA治療をするとなった場合、ほとんどが育毛剤に手を出します。出来れば飲み薬を処方してもらいたいと言う場合、市販では購入出来ないのでクリニックへ行く必要があります。

服薬タイプは基本的には医師の処方が必要なので、市販では購入出来ませんしクリニックでは診察も兼ねているので自分に合った薬を出してくれるので安心です。また万が一薬が合わなかったり、副作用が出てしまったりした場合はクリニックに相談すれば対処してくれますので、1度の通院費はやや高めですが安心も一緒に買っていると思えば手が出せない程ではありません。

またこれらの処方薬は認可を取っているものなので、用法・用量を守っていればほとんど副作用は見られません。これらの理由から市販薬よりもクリニックで処方される薬の方が効果は高い事がわかります。

個人輸入はもろ刃の剣

クリニックの1回の通院費は平均1万5000円~2万円で、人によってはそれがランニングコストになるのが厳しいと言う場合もあります。とは言ってもせっかく始めたAGA治療をストップしたくない。そこで利用されているのが個人輸入です。

このサービスは海外の通販サイトで販売されている医薬品を購入する事を指し、クリニックで販売されている様なAGA治療薬が安価で購入出来ます。1ヶ月分5~8000円程度で購入出来るのでクリニック代と合わせてもとてもコスパが良いです。

その反面、個人輸入で購入した薬で副作用を含む健康被害で生じた場合は自己責任になりますし、医療機関へ相談する際は必ず薬を持っていかなければなりません。また海外から発送されるので時間がかかったり、質の悪い業者の場合は偽物を送られてくる場合もあったりしますので正しい知識で自衛しなければもろ刃の剣になります。

まとめ

効果があると言われているクリニック処方のAGA治療薬は飲み薬・塗り薬の2種類に分かれていて、且つ前者には複数のタイプがあります。クリニックでは医師やスタッフが患者さんの状況や脱毛症状から、その人にあった薬を処方してくれるので安心です。

薬だけであれば個人輸入で安価で手に入りますが詐欺の可能性や、国内で処方さている薬よりも強いので副作用・健康被害が出やすかったりします。これらを踏まえて自分に合った治療方法はどれかを見極めて下さい。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください