AGA治療は服用・塗り薬どちらにメリットが多いか検証

薄毛が気になるのでそろそろクリニックで治療を受けたい。カウンセリングへ行ったのは良いけれど、処方される薬に複数種類があるのでどれが良いのかわからない。医師へ判断を仰ぐのも良いですが、出来れば自分で知識を持ちたい。AGA治療に使われる薬は服用タイプ・塗り薬タイプの2種類です。これらは厳密に言うと全く違うアプローチをしてAGA改善してくれるのですが、その違いや特徴、デメリットを公開していますのでこれから治療を始める方は必見です。

治療薬の種類は大きく分けて2種類

AGA治療で使う医薬品は外用薬・服用の2種類に分かれます。服用は身体の内側からアプローチをするので効果を感じるのが早い反面、副作用を感じやすかったり人によっては服用出来なかったりする場合もあります。後者は前者に比べると即効性は無く、ある程度使い続けなければなりませんが副作用を含むトラブルが少なく、安全に使用したいと考える方におすすめです。

ちなみに副作用は医薬品によって違いますが、服薬タイプの場合は性欲減退・勃起障害から始まり、かゆみ・発熱・吐き気といった多くの副作用があります。稀に飲み始めは脱毛が始める事もありAGA治療をしている身としては挫折してしまいそうです。

それに比べて塗り薬タイプの副作用は頭皮のかゆみ、湿疹が一時的に起こる程度です。肌に合わなかった場合は蕁麻疹や皮膚炎になる場合もありますが、使用を中止すればすぐに改善します。

発毛を促すのは塗り薬が多い

塗り薬タイプの方がメリットは多いと言われているのは副作用の少なさだけでは無く、期待出来る作用もあげられます。服薬タイプのほとんどは発毛効果が無く、抜け毛を抑えて新しく発毛するのを待つと言う守りタイプがほとんどです。このタイプはDHTホルモンに作用して毛髪の成長抑制をなくして抜けない様なベースを作ります。ベースが作られたら後は健康な毛髪が生えるのを待つだけですが、頭皮の健康状態が悪いと毛髪が生えるのに時間がかかってしまいます。

後者は毛髪を作る細胞に働きかけて毛穴に十分な栄養を送る為、血流を良くします。血流にのって栄養が運ばれてくるので、それを受け取った毛穴は健康でコシのある毛髪が生えます。外用薬は血流を良くするので塗った直後に頭皮が熱く感じる事もありますが、効果が出ている証拠になるので問題ありません。

ミノキシジルは服用・塗り薬どちらもあります

薄毛対策・効果があると有名なミノキシジルは外用薬・服用どちらのタイプもあります。しかし日本で認可されているのは前者だけで、服用タイプは海外でも認可されていません。

ちなみに認可されていないと言うと違法な薬、危険な薬をイメージしますがそれは間違いです。そもそも認可されると言うのは「本来の使い方として使われる。」と言う意味なので、安全性には全く関係ありません。ミノキシジルは本来降圧剤として使用される薬で、服用した方が髪の毛が生えてきたと報告がありAGA治療に使われる様になりました。認可されていない医薬品も医師の判断があれば服用出来るので、安心して購入して下さい。

但し別の項目でも説明した様に服用タイプは副作用が出る可能性があり、ミノキシジルの場合は発熱や悪寒、かゆみや脱毛があげられますので、外用薬の方がメリットは多いです。

市販の塗り薬のメリット

個人輸入やクリニックで購入するのも良いけれど、ドラッグストアや薬局へ行けば多くの育毛剤や塗り薬が並んでいる。これらにはどんな効果・メリットが期待出来るのでしょうか。

まず市販のタイプはなんといっても手にとってじっくり確認して購入出来るところです。成分表記からその製品の特徴、大きさが分かるので写真だけで判断するのは怖いと言う方におすすめです。またいつでも購入出来るので、切らしてしまった場合もすぐに購入出来るのも嬉しいポイントです。AGA関連の製品は継続が大切なので、少しでもラグがあると効果が薄れたりモチベーションが下がったりしてしまいます。

価格帯もネット通販で購入するよりも安価なタイプが多く、AGA治療はもちろんですが安価で予防を始めたいと言う方にもぴったりです。薬剤師が在籍しているので不明点や質問があれば基本的な事であれば質問出来るので、安心出来るのも市販品ならではの特徴です。

市販の塗り薬のデメリット

今すぐに欲しい、または安価でAGA治療を始めたいと言う方におすすめの市販品ですが、デメリットも存在します。実店舗での購入だと人目が気になりますし、多くの中から1つを選ばなければならないので迷ってしまいます。また在籍している薬剤師や登録販売員は基本的な知識はあっても専門家ではありません。その為、こちらの質問に応えるのが難しく、結局のところ自分で調べなければならないケースもあります。

そしてもう一つは効果が出るのが遅いという点です。AGA治療としては致命的とも言えますし、少しでも早く結果を出したい方には向いていません。市販品は多くの方が使う事を想定して開発しているので、処方の塗り薬よりも弱く作られています。特に日本では厳格な基準が設けられているので、好きなだけ有効な成分を使う事は出来ません。1つ1つのコスパは良いですが、ランニングコストで換算した場合は高額になる可能性もあります。

市販の塗り薬のデメリット

確実に結果を出したい場合は市販の製品よりも処方外用薬がおすすめです。基本的に医師の処方が無いと購入出来ない医薬品なので、効果が高く医療の面からアプローチしてくれるので安全性の高い製品が多いです。国内で処方出来るタイプは限られていますが、副作用のリスクが少ないのはもちろんですが高血圧や狭心症の方にも使えるので、体調や体質を選ばずにAGA治療が出来ます。

また通院時に頭皮の状態を確認しながら処方してくれるので、少しでもおかしいと思ったら相談しやすいのもメリットです。個人輸入で購入する場合は市販品よりも効果の高い製品が安価で手に入るので、通院する暇はないけれど市販品よりも効果が期待出来る塗り薬が欲しい場合は個人輸入が良いです。

個人輸入は通院と同じ製品を安く購入出来る手段でもあるので、コスパ良くAGA治療が出来ます。

処方塗り薬のデメリット

市販品は様々な人が使う事を想定していますが、処方タイプは「如何に薄毛改善に効果があるのか」に重きを置いて作られています。その為、服用タイプほどではありませんが一時的な副作用を感じたり人によっては合わなかったりするケースもあります。もちろん複数の種類があるので合わない場合は、変更すれば良いだけの話ですがその場合、イチから治療を行うので面倒だと感じる方もいます。

通院で医薬品を処方してもらう場合は時間や手間がかかります。AGA治療は保険が効かないので高額になりやすいですし、日中にクリニックへ来院するのでライフスタイルによってはかなりの負担が発生します。

まとめ

市販・処方どちらのタイプもメリット・デメリットが存在しますので、自分に合ったAGA治療をしたい場合は必ずどちらも比較して下さい。

ちなみに治療薬自体は服用・塗り薬に分かれていて即効性があるのは前者です。しかし副作用が出る可能性が高く且つ持病や体質によって服用出来ない場合もあります。

それに比べて後者は即効性がありませんが、市販品よりは効果が高く副作用の心配もありません。特典やキャンペーンが適用されやすいのでランニングコストとして考えるとお得になります。

AGA治療や効果に関するコラム

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください