必ずチェックしよう、妊娠とaga治療の関係

妊婦とaga、このキーワードが結びつかない方も多いと思います。しかし、aga治療で使われる薬は強い成分のものであるため、服用する本人だけでなく、周りの方への影響も危惧されています。

特に子供を授かった妊婦には些細な影響も胎児へと伝わってしまうため、こういった治療の強い薬に対して敏感になるかもしれません。配偶者が治療を始める前に、注意するべき部分をしっかりチェックしておきましょう。

妊娠中のaga治療で薬は服用できるのか?

フィナステリドが配合されたプロペシアは、非常に強い薬であるためaga治療で高い効果を期待できます。しかし、その分副作用などの症状も出る可能性も少なくありません。その強い薬であるが故に最も注意しなければならないのが、配偶者が妊娠している場合です。フィナステリドが配合された薬はagaの原因である男性ホルモンへ作用します。

非常に強い薬であるため、まだ成長過程である胎児を抱える妊婦は触ることすら禁じられています。胎児の成長する過程では、男性ホルモンも重要な役割を持っています。それに対し、影響を与えてしまうと、胎児の成長を妨げることに繋がってしまいます。「飲むわけではないから大丈夫」と思っている方も多いですが、薬の成分というのは触るだけでも微量ながらも皮膚に付着します。

そのまま誤って口に入り、体内へ入り込むこともあります。フィナステリド剤のように強い薬である場合は、その影響も顕著に出てしまいます。故に、妊娠している女性が家庭内にいる場合、治療を行う際には薬に触らないよう、周りの環境にも配慮して行う必要があります。

aga患者本人のフィナステリド剤の服用自体は行っても良いですが、妊婦が触らないように薬の保管方法にも配慮する、またはaga治療に使われる薬が如何に胎児に影響を及ぼすのかを女性へ理解を求めることも重要になります。ただし、フィナステリド剤は妊娠中には注意しなければならない治療薬ではありますが、妊娠前であれば問題がないと医学的にも確認されています。

服用してからの妊娠では、胎児には影響はないということも理解しておきましょう。agaは早い段階で治療を開始するのが良いとされておりますが、妊娠前であっても服用するかどうかは夫婦間や周囲としっかり話し合って決める必要があるでしょう。

妊娠していても安全にaga治療が出来る時期はあるのか

妊婦が絶対に触れてはいけないと、フィナステリドが使用されている薬の注意書きには必ず書かれていますが、これは法的にも定められているのです。それほど強力な薬であるフィナステリド剤ですが、妊娠していても安全にagaの治療ができる期間はあるのでしょうか?そもそも何故女性はフィナステリドが使用禁止とされているのか?それは、この薬が元々前立腺肥大を治す薬であったためです。

肥大を抑える薬であるため、本来大きくならなければならない胎児までも抑制されてしまうのではないかという観点から、そう定められたのです。成長段階の胎児は、母親の栄養状態にも大きく影響してしまいます。その段階で、強力な薬が微量ながらも体内に入ってしまったら、様々な器官に影響を及ぼしかねません。現に、agaでの治療による副作用も確認されています。すべての人が症状を訴えているわけではありませんが、ホルモンに作用する強い薬であることは変わりません。

内臓器官以外にも自律神経や皮膚などにも影響もあるとされています。未発達の胎児では微量の成分でも対抗手段がないため、その影響を危惧して法的にも定めているのです。

では、出産予定日を目前に控えているなど、大きく成長した胎児であれば問題はないのでしょうか?体内の器官が作られる段階でフィナステリドが入り込むと影響は大きいことは明白ですが、成長した胎児は必ずしも影響があるとは言い切れません。

しかし、その子供の今後の運命が左右される事柄でもあるため、万が一の影響があることを考えて妊娠中はagaの治療は避けることをオススメします。どちらにせよ、妊娠中にaga治療を行う場合は配偶者との相談が必要不可欠になるのです。

妊娠中のaga治療で注意すべきポイント

妊娠中の方が周囲にいる状態でagaの治療を行う場合、細心の注意を払わなければなりません。触るだけでも影響があるとされているフィナステリド剤は、配偶者や周囲の妊婦が手を触れない場所にしっかり保管しておく必要があります。治療を行う際には事前に薬の成分についての説明を周囲に話しておくことも大切です。

強力な薬であること、胎児への影響の可能性など、しっかり説明しておく必要があります。また、薬の成分は触るだけでも影響が危惧される程強いものであるため、薬の錠剤を割ることも控えるように注意喚起されています。医療機関から錠剤の形で提供された薬の場合、節約するために錠剤を割る人もいるかと思います。

しかし、フィナステリドが配合されている錠剤の場合、割った際にも粉と共にその成分が飛び散ってしまいます。その飛び散った成分がどのような形で妊婦の体内に入り込んでしまうか分からないため、このような注意喚起がされています。錠剤は基本的に表面がコーティングされており、その表面の成分濃度は薄く、実際の所は触っても影響はないとされています。

しかし、割ってしまうと中の濃い成分が、そのまま皮膚に付着することになります。そのため、妊婦がいる環境でのaga治療に関しては、錠剤を割ることを控えるようにされています。また、胎児に対し影響のあるとされている成分はあくまでも、男性ホルモンに作用するフィナステリド剤に限ります。同じくagaの治療に使用されるミノキシジル配合の塗り薬は、元々が高血圧に対して作用する薬であり、血行を良くし髪の成長を促すためのものです。

故に、妊婦がいる環境で使用しても問題ないため、どうしても妊娠中にも治療を行いたい場合は、期間中にはミノキシジルの薬の方で対処するのも良いでしょう。

まとめ

効果が高い薬には必ずといってよいほど、副作用が存在します。自分自身だけでなく、周囲の家族にも影響が出る可能性のある薬を使用するのは、それ相応の覚悟が必要となると思います。子供を授かった大事な期間に薬を使用するかどうかは自己責任ではありますが、配偶者に対しての細心の配慮が求められます。薬の影響をしっかり学び、夫婦間で話し合うことが重要です。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください