季節によってAGAは変わるのか

髪の毛をいつまでも元気な状態で、ふさふさな状態をキープしたいというのは自然の願いでしょう。しかし生活していく中で抜け毛が大事に気が付く時もあります。焦る気持ちは当然のように生じますが、必要以上に心配することもありません。なぜなら季節によっても抜け毛が多くなることもあるからです。しっかりとした知識と理解で、落ち着きましょう。

抜けやすい季節はいつか

いつもは気にしていなくても、日常生活の中で抜け毛が気になる瞬間は存在します。例えば朝起きた時に枕や周辺に大量の抜け毛がある事に気が付いた時、そして身だしなみを整えるためにブラッシングをした後に、ブラシに大量の抜け毛がある事に気が付いた時、シャンプー後、また浴室を洗っている時に排水溝に大量の抜け毛がある事に気が付くなど、気が付くタイミングは人それぞれです。

気が付いた時は当然のごとく、自分の頭を触りながら髪の毛が薄くなっていないかどうか気になることでしょう。しかし抜け毛が多いからといってAGAではないか、と心配するのは取り越し苦労に終わることもあります。なぜなら季節によって抜けやすい時があるからです。

代表的といえば秋でしょう。理由として一般的に考えられているのは、冬に備えて気温に合わせるためにも体温の管理をするためだと言われています。また夏の間は気をつけていても強い紫外線を浴びてしまいます。その結果として頭皮の状態が悪くなってしまい、結果的に抜け毛が多くなってしまうこともあります。つまり、秋は抜け毛が多くなる季節であると言えます。

抜けにくい季節はいつか

抜け毛が多くなる季節が秋であるなら、少なくなる季節はあるのでしょうか。さまざまな研究結果がありますが、基本的には冬の間は抜け毛が一番少なくなると言われています。理由としては体温調節をしっかりとするためだと考えられています。

また春も抜け毛が比較的少ない季節だと言われています。もちろん、ライフスタイルやストレスの強さなどによっては抜け毛が多くなることもありますが、季節で考えると冬が一番少ない季節であり、春が続いて少ない季節という研究結果があります。

これは一般的な傾向であり、個人によって体質なども異なることを考えると、一般的な情報としてとらえておく方が良いでしょう。そしてもう一つ覚えておきたいことは、絶対に髪の毛が抜けない人はいない、ということです。体は常に変化しており、髪の毛にもサイクルがあります。ですから必ず抜け毛はあるのです。抜け毛が多い、イコールAGAではないことを理解しておきましょう。

一年間の髪の毛のサイクル

これまで抜け毛が多くなる季節と、比較的少ない季節について取り上げてきました。では最後に髪の毛にもサイクルがあることを取り上げましょう。

髪の毛は一定のサイクルで生え替わっています。一般的な事柄ですが、髪の毛には成長期、退行期、休止期間というサイクルを繰り返しています。この中で一番長い期間が成長期です。そして統計によって、また個人によって異なりますが髪の毛全体の90パーセントほどが成長期の状態にあると言われています。

ですから全体的に髪の毛が多く存在していることになります。退行期は髪の毛が弱ってくる期間のことです。退行期にある髪の毛は抜けやすいと言えるでしょう。休止期間は成長を休めている期間であり、次に髪の毛が生える(成長期)に向けて休んでいる期間です。

抜け毛があるとすれば退行期の髪の毛が抜けていることが多いのでしょう。もちろん、さまざまな要因が重なって成長期の髪の毛も抜けます。しかし抜け毛の本数は全体の髪の毛の割合で言うとほんのわずかです。ですから季節と髪の毛のサイクル、そして抜け毛は必ずあることを理解しておくことで極端にAGAを心配することは無いでしょう。

まとめ

抜け毛があるとどうしても髪の毛が薄くなっていないか心配になりがちですが、必要以上にAGAを心配する必要もないでしょう。季節によって抜け毛が多くなったり、紫外線の影響を強く受けて多くなることもあります。さらに髪の毛のサイクルの関係で抜け毛が多くなる時もあるでしょう。髪の毛に関する知識と理解を得ておくことで、AGAに対する不安や心配を軽減することができるでしょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る