AGA治療は何歳から可能?

AGA治療は年齢制限があるのでしょうか?AGAに悩んでいる人の年代は様々で、早ければ10代後半から悩んでいる人もいます。治療をするなら、薄毛が進行する前に早めに始めたいですよね。でも成長途中の身体に何か影響があっては心配です。ここではAGA治療を始められる年齢と若年層で治療を受ける場合は何か注意点があるのかを見ていきましょう。

AGA治療に年齢制限はない

AGAは男性型脱毛症の略で、主に遺伝や男性ホルモンが原因で生え際や頭頂部もしくは両方ともに髪の毛が薄くなる症状のことを言います。本来は中年以降の男性に起こる症状ですが、最近ではストレスや生活習慣の影響で若年層でもなる人が増えています。では何歳から髪の毛が薄くなってきたことを自覚する人が多いのでしょうか?調べてみると、30歳前後のようです。その理由は男性ホルモンの量が関係しています。

通常男性ホルモンは成長するに従い分泌が増え、20代半ばでピークを迎えます。ピークを迎えたあたりから男性ホルモンの一部がAGAの原因になるDHTに変化しやすくなると考えられています。20代半ばから徐々に抜け毛が増えたり、毛質が変わって細くなり、30歳前後にそのことを自覚するという流れになります。ただし、これは一般的な目安で、もっと若い段階でAGAを自覚する人もいます。そういった人の特徴は先程挙げたストレスや生活習慣もありますが、親族に早くにAGAを発症した人がいることがほとんどです。祖父、父、兄に若くして薄毛になった人はいませんか?そういった方は要注意です。

まだAGAのメカニズムが全て解明された訳ではないのですが、AGAになるのは遺伝の影響がかなりあるようです。男性ホルモンのピークのタイミングや保有率、DHTの生成は遺伝に影響を受けやすく、同じようなパターンで薄毛が進行するようです。AGAは症状が現れたら早めに対策をすることが重要です。AGA治療には年齢制限はありません。遺伝の可能性がある人は早めにクリニックで一度相談してみるのも良いかもしれません。また、遺伝による影響がなさそうな人も一度20代半ばで髪質やヘアサイクルがどうなっているか調べてみることをお勧めします。

AGA治療薬は年齢制限があるので注意

AGA治療は植毛などの外科的治療法、薬剤を塗る外用療法、薬剤を服用する内服療法という種類が代表的です。その他にも生活習慣の見直しや食事療法を加えた治療や東洋医学に基づいて、マッサージや指圧、針、灸の技術を使い、脳と中枢神経を活性化させ、身体の自然治癒能力を高め発毛を促す治療などもあります。

この中の薬剤を服用する治療は年齢制限があるので、注意が必要です。では薬にはなぜ年齢制限があるのか、その理由を見ていきましょう。AGA治療薬で現在一般的に使用されているのが、フィナステリドとミノキシジルです。この2種類とも20歳以上の人しか服用できません。AGAの原因であるDHTを作り出さないようにするフィナステリドは男性ホルモン抑制の効果があるため、まだ身体が未発達の可能性がある未成年には使用できません。また、頭皮の動脈を拡張して血行を良くし、発毛を促すミノキシジルは、比較的副作用の危険性か高い医薬品です。未成年での臨床実験のデータもなく、未成年特有の副作用が出てしまう可能性を否定できない状況のため、使用できません。では20歳以降であれば何歳になっても使用できるのでしょうか?高齢になっても使用は可能なようです。

ただし、高齢の場合、老人性脱毛症などAGAとは別の原因で薄毛になることがあります。この場合、フィナステリドを服用しても効果がありません。60歳以上の方は服用で完全に薄毛を解消するのは難しいかもしれません。未成年の人はAGAを発症していても初期の段階であることが多いので、薬の服用はできませんが、薬剤を塗ったり、生活習慣の見直し、特に睡眠時間を確保したり、食生活を改善するなどで対策をすれば改善する可能性も高いです。

AGA対策は何歳から行うべきか

AGA対策は髪の毛の抜ける量が多くなったり、髪質が細くなったりと兆候が現れたらすぐに行うことが重要です。ただ、最初は意識していないと気づかない人も多いと思います。他人に指摘されたり、自分で自覚した時にはもう髪の毛がかなり減っているなんてこともあるかもしれません。AGA対策を始めるのに早すぎるということはありません。なので、もし薄毛になりたくない、親族が薄毛なので不安だという人がいれば10代からでも対策をしておくのが良いでしょう。

具体的には、まず睡眠時間の確保です。特に午後10時から午前2時までは髪の毛の育成にとって大切な時間です。意識して睡眠をとりましょう。食生活の向上もできれば良いですね。脂っこいものや糖質ばかりではなく、バランスの良い食事を心がけましょう。お風呂の際に頭皮マッサージを取り入れるのもお勧めします。そして大切なのが、喫煙と飲酒です。一度習慣がついてしまうと止めるのは困難なものです。喫煙はDHTを増加させ、血流を悪くし、髪に必要なビタミンを壊します。髪の毛だけではなく身体に良い事は一つもありません。飲酒は少し嗜む程度であれば身体に良い影響もありますが、習慣づいてしまうと喫煙のように髪の毛や身体に悪影響です。

10代のうちから喫煙はしない、飲酒は誘われた時に外でしか飲まないなど自分の中でルールを作っておくのが良いですね。こういった自分で出来る対策でAGAの進行を遅らせたり、症状を改善できるのが一番ですよね。ただ、対策が遅くなってしまっても手遅れということはありません。AGA治療をすれば時間はかかっても効果は実感できるはずです。AGA対策や治療は始める時期も大切ですが、根気よく続けることが一番大切です。

まとめ

AGAの治療方法は様々で、年齢の制限はない事がわかりました。ただし、薬の服用の際は20歳以上という制限があるので注意が必要ですね。若年層でAGAを発症する理由は遺伝の可能性と生活習慣の乱れから来るものがあり、後者であれば、自分で改善できる可能性があるのです。AGAの症状に気づいたら、早めに治療を受けることも大切ですが、まずは自分の生活習慣を見直しましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る