AGA治療の効果を実感したいなら、6ヶ月は我慢すべし

AGA治療はどのくらいで効果が実感できるか知っていますか?個人差はありますが、平均で約6ヶ月と言われています。悩んでいる人は一刻も早くAGAを改善したいはずですから、6ヶ月は少し長いですよね。でもなぜ6ヶ月必要なのか理由がわかれば、待つこともできるのではないでしょうか?ここでは6ヶ月かかる理由と治療を受ける上での心構えを見ていきましょう。

効果の実感に6ヶ月かかる理由は髪のライフサイクルにあった

髪の毛は生えて伸びて抜けるとういサイクルを繰り返しています。それを髪のライフサイクルと呼び、その期間は通常2年から6年と言われています。サイクルには3つの周期があり、1つ目が、今は生えている毛が伸び切って抜け落ち、次の新しい髪の毛の生成をする期間である休止期です。休止期は2から3か月です。2つ目が髪が成長を続けて伸びていく期間である成長期です。成長期は2から6年です。3つ目が、髪の毛の成長が止まり、毛根が頭皮の方へ上がっていき、抜けやすい状態となる期間である退行期です。退行期は2から3週間です。

この周期がずっと繰り返され、髪が生えたり抜けたりします。なので、どんなに健康な髪でもこのサイクルが終われば抜け落ちます。また、髪のライフサイクルは1本ごとに違うため、今生えている髪が一斉に抜けたり、新しい髪が一斉に生えたりする訳ではありません。髪が薄くなる原因は、退行期と休止期以前に髪が抜けてしまう、成長期そのものが数か月から1年程度に短くなってしまっている、休止期が長く新しい髪が作られないなどが考えられます。AGAの治療ではその乱れてしまった髪のライフサイクルを正常に戻すことを目的としています。ではその治療の効果の実感にはなぜ6ヶ月かかるのでしょうか?それはこのサイクルを正常に戻した上で発毛の実感ができるのが6ヶ月だからです。

わかり易く具体的な例で見てみると、休止期が長くなっていた人は眠っていた毛根を呼び起こし、新しい髪の育成をするのに、2から3か月かかり、そこから髪が成長して頭皮から現れ、髪が生えたと見てわかるくらい伸びるのに3から4か月かかり、トータルで6ヶ月程ということです。ただし、6ヶ月はあくまでも目安で、髪のライフサイクルを正常に戻すにはもっと時間を要する人もいます。

早く治す方法はないのか

AGAの治療は様々な方法がありますが、植毛などの外科的治療法以外は全て髪のライフサイクルを正常にすることが目的です。ではこのサイクルを正常にする働きを早め、すぐ効果が実感できる方法はあるのしょうか?例えば服薬しているフィナステリドやミノキシジルの効果を高めるため、睡眠時間を確保したり、食生活を見直すという方法はあります。こうすることで、薬での発毛する力を手助けすることができます。

しかし、髪を生やすにはどうしてもある程度の時間は必要ですので、大幅に時間を短縮することはできません。1回の通院で劇的変化が欲しいというのであれば、外科的治療を選択するしかありません。また、どうしても効果が出ているか不安である。このまま治療を続けていくのが正しいのか知りたいという方は多いと思います。治療の進行状況を確認したい場合は医師に相談し、頭皮や毛根の状態のチェックをしてもらうという方法があります。見た目ではわからない毛根の状況も、医師が診断すればもうすぐ生えてくる状態であったり、髪を生成している状態だということが判断できます。また、もしその時点で服薬だけでは効果が出ていない場合は合わせて外用薬を処方してもらうこともできます。

その他にクリニックによっては毛髪再生メソラピーという治療法を取り入れているところがあります。これは薄毛の部分にレーザーと超音波を使って頭皮のケアと発毛に必要な成分を浸透させる新しい治療方法で、服薬と同時に行うこともでき、頭皮に直接働きかけるので自宅ケアよりも数段効果が出ます。このように極端には発毛を早めることはできませんが、外からも内からもAGA治療をすることで効果が出やすくなるのは確かです。

急がず慌てず、効果が現れるのを待った方が得策

ここまで見てきたように、AGA治療は6ヶ月程は効果が出るのを待つ必要があります。少し長くは感じてもクリニックに通院していれば必ず効果は実感できるはずです。AGAの服薬での通院は通常ですと、月に1回となります。なので、通院自体は6回程で効果が出るということになります。そう考えると少ない回数ではありませんか?いつ効果が出るのかと、気にし過ぎて、毎日鏡で生え際を確認したり、抜け毛の本数をチェックしたりしているとそれがストレスになり、髪に悪影響を及ぼすことになりかねません。

心に余裕を持ち、まずは半年をのんびり待つつもりでいた方が良いですね。また、焦りや不安を感じてしまう原因になるので、他人と比較するのはやめましょう。6ヶ月というのは目安でもっと早く効果が実感できる人もいます。逆にもっと時間がかかる人ももちろんいます。これは体質、年齢、またAGAの進行状態によって変わります。治療を受ける側の条件がそれぞれ違うので、同じ薬を使っていても効果の出やすさに違いが出るのはしょうがないことなのです。それから、もし何か目的があってAGA治療を行うのであれば、時間的余裕をもって治療計画をたてましょう。例えば結婚式や再就職など、いつまでにAGAを改善したいという目標があるのであれば、半年以上の余裕をもって、できれば1年ぐらい前からの治療をお勧めします。

そして今AGA治療をするか悩んでいる方は、まずはクリニックに相談に行ってみましょう。AGAの症状が出てからすぐに治療を始めた方が早めに効果が実感しやすく、症状の改善の可能性も高いのです。悩んでいる時間があるのであれば、クリニックに行って治療をし、効果が現れるのを楽しみに待つ方が良いのではないでしょうか?

まとめ

AGA治療のほとんどは髪の毛のライフサイクルを正常に戻すことで、薄毛を改善するということがわかりました。そして、その期間は通常6ヶ月程かかり、これを早めるのは難しいです。しかし、AGA治療を続けていれば効果は実感できるはずなので、時には医師に治療の進行状態を確認しながら、焦らず気長に効果が出るのを待ちましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る