大学生必見!若いうちにAGA治療を始めよう

「俺もとうとう髪が薄くなってきたな」。中年にさしかかった証としてよく口にされるセリフですが、最近ではAGAに悩む大学生も着実に増加していると言われています。むしろ大学生のほうが年齢的に周囲に相談できない分、本格的なAGA治療が遅くなり、かえって症状を進行させてしまうケースが多いといいます。いわゆる「若ハゲ」と「若年性AGA」ではどこが違うのでしょうか。大学生ならではの薄毛の特徴と治療プロセスについてまとめました。

大学生でもAGAになることがある?

AGAを理解する際の大原則として、「たんなる薄毛とAGAとは違う」ということをおさえておく必要があります。いわゆる薄毛は加齢による現象のひとつで、年をとることで徐々に毛髪一本一本のボリュームがとぼしくなり、結果として髪が薄く見えるというものです。一方のAGAは本来加齢とは関係のない疾患のひとつで、新しい毛髪を生産する細胞そのものが何らかの原因によって異常をきたし、毛髪の正常な発育サイクルが乱れてしまう病気です。

つまり、毛髪を生み出す機能が損なわれれば大学生のうちからAGAを発症する可能性は大いにあると考えられ、実際にAGA治療のためにクリニックに通う若年層は年々増えていると言われています。若年性AGA発症のくわしいメカニズムについては現在解明途上の段階ですが、薄毛の一般的な原因としてストレスや乱れた食習慣が挙げられており、大学生の場合もこれらの要因が複雑に絡まり合ってAGAを発症すると考えられています。大学生になると就職や上京、あるいは結婚などで環境の大きな変化を経験することになり、もともとメンタル面の弱い学生はそれらの変化に対応しきれず、そのストレスが薄毛というかたちで現われてしまうようです。

中高年以上になってからのAGAの場合、一種の加齢現象という側面もあるためある意味では折り合いもつけやすいのですが、若年性AGAの場合、薄毛になっているのが周囲で自分ひとりというケースも多く、なかなか他人に相談できないということもあります。ただ、AGAの症状は放置すればするほどどんどん進行していくため、本来なら気づいた時点で正しい治療を受けることが望ましく、若いうちから適切なケアをつづけていくことが壮年期以降も健康な毛髪をキープすることにつながります。

なぜ若いうちからAGA治療を行った方が良いのか

AGAにかぎらず、どんな病気でも早期発見および早期治療がキーポイントであると言われています。それは、病気というものが本質的に不可逆性のものであり、いったん発症したら放置するほどに悪化していくものであると考えられているからです。AGA治療ももちろん例外ではなく、できるかぎり早い段階で、理想としては症状に気づいたその日にでも専門のクリニックを受診し、適切なケアを受けることが望ましいとされています。

若年性AGAの場合、症状の表れ方に個人差が激しく、軽症の場合は自分自身でも進行に気づきにくいほど薄毛が目立たないということもありますが、原則としてAGAに自然治癒はありません。症状が表れた時点が治療のスタートラインであり、みずから能動的にケアをしないかぎりゴールはあり得ないのです。大学生がAGA治療をためらう要因のひとつとして、薄毛への固定観念があります。日本では薄毛といえば壮年期以降に発症するイメージが強く、要因としてストレスが深く絡んでいると言われていることから、仮に症状に気づいたとしても「一過性のものなのでは?」という期待から治療を遅らせてしまうケースがよくあるようです。しかしながら、前述のとおりAGAは不可逆的な病気であり、症状が一過性でおさまることはまずありません。たとえ一時的に症状が落ち着いたように見えたとしても、根本的な原因をとりのぞかないかぎりほぼ確実に再発しますので、できるかぎり早い段階から専門医のもとでケアを行う必要があるのです。

クリニックを受診する際は、その後の治療をスムーズに進めるため、カウンセリングの時点で年齢、抱えているストレス、パートナーの有無などの基本情報を正直に専門医に開示するようにしましょう。とくにストレスについては治療方針に大きくかかわる部分ですので、プライベートな事柄で抵抗があるかもしれませんが包み隠さずすべてを伝えるようにしましょう。

大学生が通うべきクリニックとは?

AGAは医学的に皮膚科の領域に分類されます。したがって、治療にあたっては皮膚科専門のクリニックを受診することが最善の方法です。しかし、薄毛の原因がストレスにある場合、あえて受診科目をはっきりと特定せず、心療内科や精神科などによる心理的アプローチを受けることもひとつの有効な方法です。

少なくとも、自分で自覚できるほどの強いストレスがある場合は、皮膚科と併行して心療内科などをたずねることも有力な選択肢になり得ます。いかなる場合であれ、治療を受ける立場としては高いスキルをもつ信頼できるクリニックを選びたいものです。クリニック選びのポイントはAGAの進行度にも依存しますが、どんな場合でも患者視点で治療方針を立てられるクリニックを選択する必要があります。とくに、AGAは腰を据えた長いスパンでの治療が必要であり、一度きりではなく、クリニック全体で患者の苦しみと向き合おうとする医師を選ぶべきだと言えます。物理的に通いやすいということもクリニック選びの重要なチェックポイントのひとつです。学生となると平日の日中はほとんど授業で埋まっているため、平日の夜間や土日にも診療を受け付けているクリニックを選ぶと長いスパンで通いやすくなります。

また、若年性AGAの場合、壮年期以降の薄毛には見られない若者特有の悩みが隠されていることが多く、若年性ならではの特別な配慮を行うことのできる専門医とめぐり逢うことがAGAを早期に治癒する近道であり、最善のアプローチであると考えられています。今この時点で薄毛にお悩みの方は一刻も早く頼れる専門医を見つけましょう。

まとめ

結論としては、AGAは決して加齢にともなう自然現象ではありません。とくに若年性AGAの場合は慢性的なストレスや生活習慣の乱れが引き金となっていることが多く、それらの要因を包括的にケアすることのできる専門医のもとで腰を据えて治療をつづけることが最善であると考えられています。相談するのが恥ずかしい、またはしばらくすると改善するのでは?と考え、放置してしまうことが懸念されますが、異変を感じたらすぐに相談するのがベストです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る