AGA治療と筋トレの関係で知っておきたい3つのこと

あなたは筋トレをしたことがありますか?男性であればこれまでの人生で一度は筋トレをした経験があるというかたがほとんどなのではないでしょうか?身体を鍛えることは体調が良くなったり、見た目が引き締まるので非常に良いことですが、AGA治療との相性は悪いといわれています。

どのような点が治療に良くないのでしょうか?そしてそれは事実なのでしょうか?調べてみましたので、参考にしてください。

筋トレをすると薄毛になる!?

なぜ筋トレをすると薄毛になると言われているのでしょうか?これは実際に筋トレを行っている人の中で体感的に薄毛が進行してしまったと感じる人がいるからです。ではこれには科学的な根拠はあるのでしょうか?

筋肉を鍛えることによって、男性ホルモンの一種であるテストステロンが多く分泌されるように脳から指令がでるようになります。テストステロンには筋肉を大きくし、たくましく男性らしい身体を作ってくれるという効果がありますので、非常に重要なものです。しかし、このテストステロンが5αリダクターゼという成分と結びつくことによって、男性の薄毛の主な原因とされているDHTつまりジヒドロテストステロンを生成してしまいます。DHTは毛の細胞の細胞分裂を阻害してヘアサイクルを速めて脱毛を促進してしまいますので、薄毛を進行させてしまうのです。

また、筋肉を鍛えることで栄養素が消費されて髪の毛に栄養が上手くいきわたらなくなってしまうことも薄毛の原因になってしまうのではないかと言われています。髪の毛の成分のほとんどはケラチンというたんぱく質で作られています。そして同じように筋肉を作ったり、回復させていくためにも多くのたんぱく質を必要とします。サプリメントや食事などで外部から栄養素を補うことなく筋肉を鍛えて消費することによって、本来髪の毛にいくべき栄養が行かなくなってしまい、結果的に髪の毛が脱毛してしまうことになります。しかし、あまりにも激しい筋肉トレーニングは髪の毛に対してあまりよくない影響を与えてしまうかもしれませんが、適度に身体を動かすことはストレス発散や、新陳代謝を高めることになりますので必要なことです。

失われて不足しがちなものは上手く外部から取り入れながら、適度に身体を鍛えていくことをおすすめします。

AGA治療薬の中には、筋トレの効果を妨げるものがある

筋肉を鍛えることと、AGAの治療というのはホルモン分泌の関係や栄養素の問題からあまり相性は良くないということがわかっています。ですが、それだけではなく治療で使用される薬の中には筋トレの効果を妨げるものがあるようです。せっかくハードなトレーニングをしても、薬のせいで求める効果が出ないとなるとがっかりしてしまいますよね。

トレーニングの効果を妨げると言われている治療薬は、AGA治療では最もメジャーな薬であるといっても過言ではないプロペシアという薬です。実際のところ、プロペシアを服用したことによって筋肉トレーニングの効果が出なくなったということを論文などで立証したものはありませんが、実際に身体を鍛えている人の中には体感的にトレーニングの効果を阻害されていると感じる人が多くいるというのは事実です。

それは、プロペシアの副作用の一つである乳房肥大というものが要因であると考えられます。乳房肥大の副作用は、プロペシアを服用した全ての人に出るというものではありませんが、乳房肥大の作用でついた部分に関しては脂肪になりますので、筋肉がつきづらく、トレーニングの効果が上手くでないと感じることに繋がってしまうのです。

プロペシアを服用しているからと言って、筋肉がつきづらくなる、筋トレをしても意味がないということは全くありません。ですが、プロペシアの副作用の中には、男性機能の低下や、脂肪が付きやすくなり身体のラインが女性化するなどといったものがありますので、そういった副作用があり通常の状態でトレーニングをするときとは、多少なりとも効果に差がでる可能性があるということを頭に入れたうえでトレーニングを行うと良いでしょう。

筋トレをしたからといって、必ずしも薄毛になるわけではない

筋トレをすると薄毛が進行する、脱毛に繋がるということは非常によく言われていることです。しかし、筋肉を鍛えることが必ずしも薄毛の進行に繋がるということが医学的に立証されているわけではありません。もちろん筋肉を鍛えることは、薄毛の原因となる成分を作り出すホルモンの生成に繋がってしまったり、髪の毛の成長に欠かせない栄養素をトレーニングによって消費してしまうために、髪の毛に十分な栄養がいきわたらなくなってしまうことで脱毛に繋がってしまうなどというように、ある程度関係性があるということは否定できません。

実際にトレーニングをしている人の中で筋トレをすることによって、薄毛が進行してしまった、AGA治療が思うように進まなくなってしまったと感じることがあるという意見が多く聞かれるということからも、筋トレとAGAの治療には関係性があるということは否定することはできません。

ですが、筋肉を鍛えたらといって必ずしも薄毛に繋がるというわけではないということも理解しておかなければなりません。まったく潜在的に薄毛になるリスクを持っていない人や、栄養素が十分に取れている人がいくらトレーニングをしたところで薄毛になるということはありません。筋肉を鍛えることそのものが原因なのではなく、その他に様々な要因が複合的に結びつくことによって薄毛になってしまうのです。ですから、トレーニングをしたいと思っているにも関わらず薄毛だから、AGA治療と相性が悪いから、といった理由でトレーニングを辞める必要はありません。

もし、治療院に通っているのであれば医師が複合的にみて適切な治療を行ってくれますので、一度相談をしてみると良いでしょう。

まとめ

筋トレとAGAの治療の関係性というのは、医学的に立証されているものではありません。ですが、実際にトレーニングをしている人の中で体感的に相性が悪いと感じる人が多いという点や、ホルモンや栄養素の面からみても無関係であるとは決していえません。

筋肉を鍛えることは、適度であれば髪の毛にも身体にも良い影響を及ぼすものですので、バランスをみながら上手に行うようにしましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る