眼精疲労と薄毛の関係性とは

あなたは目の疲れに困っていませんか?スマートフォンを常に見ていたり、パソコンを使って長時間仕事をしていたりすると目が疲れてしまうことが多いかと思います。目を酷使することによって傷みやかすみが出てしまったり充血してしまったりと様々な症状が出てしまう困った眼精疲労ですが、髪の毛が薄くなってしまうこととも何か関係があるのでしょうか?そもそもどういったことが原因となるのか、改善方法などともあわせてご紹介していきます。

眼精疲労とは?薄毛とは関係ある?

まずは眼精疲労の原因と症状について簡単に見てみましょう。言葉としてはなんとなく聞いたことがあっても、実際どのような症状なのかということをきちんと理解しているという人は意外に少ないのではないでしょうか。簡単に言うと、目を酷使することをし続けることによって目が痛くなってしまったり、かすんだり、光を必要以上にまぶしく感じたり、充血してしまったりといったような症状がでてしまうことです。症状がひどくなると目以外の部分にも頭痛や肩こり、吐き気などの全身的な症状が出てきてしまうこともあります。同じように目が疲れることによって現れる症状で疲れ目というものも良く知られており、似た症状が見られます。

しかし、この2つは似ているようで全く違うものになります。疲れ目というのは本当に一時的なもので、少し目を休めたり、よく眠ったりすることによって辛い症状は改善されます。その一方で眼精疲労は慢性的なものですので、少し目を休めたくらいでは症状がよくなるということは決してありません。放っておいて良くなるというものではありませんので、きちんと病院に行って適切な治療を受ける必要があります。

症状の続く期間は人それぞれではありますが、症状が長く続く場合、何ヶ月間も苦しむことになる方もいるのです。では、髪の毛が薄くなることとは何か関係があるのでしょうか?結論から言ってしまうと、薄毛の直接的な原因になるということはないとされています。薄毛の原因は色々ありますが、主な原因としては髪が本来持っている成長サイクルがなんらかの原因で乱れてしまうことにあります。

目が疲れて症状がでてしまっているからといって、それが髪の成長サイクルに直接的に影響を与えるということは考えづらいでしょう。しかし、もしその症状がストレスや生活習慣の乱れなどによることが原因で起こってしまっているとしたら、それは髪の成長サイクルにも影響を与えてしまう要因になりかねませんので、そうなると全く無関係であるとは言えなくなってしまいます。ストレスなどは髪にも良くない影響を与えてしまいますので、注意をする必要があるのです。

眼精疲労の原因

では、眼精疲労はどのようなことが原因となって起こってしまうの病気なのでしょうか?まずは目そのものが原因になっている場合です。近視や乱視などで視力が低下してしまっていると、見えないものを無理に見ようとするのでピントを合わせるために目の中の筋肉が常に緊張した状態になります。そして視力矯正のために眼鏡やコンタクトレンズをしていたとしても、それがきちんと合っていない場合には同じように頑張って見ようとするので目が疲れてしまい症状が出てしまいます。

その他にも年齢を重ねることによって進行する老眼や、パソコンやスマートフォンなどをずっと使用していて目を酷使していて、目の表面が感想してしまうドライアイも原因の一つとなります。この他にも、緑内障や白内障などのより深刻な病気も原因となることがあります。

次にパソコンやスマートフォンが普及している現代社会においては、仕事だけではなくプライベートにおいても非常に長い時間液晶画面を見て目を酷使するようになりました。そのため、眼精疲労の原因としてはこれらの目の酷使が原因となっている方が非常に多くなってきているのです。

さらに、目とは何の関係も無いように感じる病気であったとしても目に症状が出てきてしまうことがあります。風邪やインフルエンザ、糖尿病、自律神経失調症、虫歯、中耳炎など目の症状とは結びつきにくく思えるような病気であっても、目の痛みやかすみなどの症状を引き起こすことがあります。

その他にも、疲れや精神的なストレスなどによって眼精疲労が起きるケースも報告されています。極度のストレスや疲れというのは自律神経を狂わせてしまい、目の回りの筋肉が緊張してしまったり、血行が悪くなってしまいます。それによって目に症状が現れるのです。目の酷使と同じように、ストレス社会と言われる現代の社会においては非常に多く起きているのがストレスから来るものです。

このように様々な原因によって症状が引き起こされますが、多くの場合にはいくつかのものが複合的に関わりあっています。そのため、改善を使用とするのであれば自分は何が原因で症状が起こってしまっているのかということをきちんと考えて、その原因にあった治療を行うことが必要になります。

眼精疲労の改善方法

もし眼精疲労になってしまったらどのように改善していけば良いのでしょうか?まず一番手軽に出来て、最も大切なことは目を出来る限り休めるということです。疲れ目とは違い、少し目を休めたからといって症状が完全に改善されるということはありません。ですが、目に何かしらの症状が出ているのであれば目を休めるというのはその症状を改善するためにはとても大切なことです。

目の周りにある筋肉が常に緊張状態にあるような状態を改善に、少し筋肉を緩めてあげます。もし常にスマートフォンやタブレットの画面を見ているようであれば時間を決めて画面から目を離す休憩時間を設けること、仕事でパソコンを常に使用しているのであれば少しずつ休憩を取りながら行うようにして、ずっと近くを見ていたので少し遠くを見るようにします。

また、目を休める絶好の機会である睡眠時間の質を上げるというのもとても効果的です。照明や枕やベッドなどの寝具を見直したり、音楽やアロマを使用するなどしてぐっすりと質の良い眠りにつけるようにします。良い眠りにつくことができないと血流も悪くなりますし、自律神経も乱れてしまいます。良くありがちですが、ベッドの中に入って寝るまでスマートフォンの画面を見ているなんてことはもっての他ですので、日常的に行っている人はすぐに止めるようにしましょう。

ホットタオルや保冷剤で目の周りを刺激すると筋肉の凝りを解消でき、結果血の巡りが良くなります。また、痛みのある時には逆に冷やすと炎症が取れて痛みが改善します。最近ではアイマスクも目を温めるもの、冷やすものともに販売されていますのでそれを使用すれば手軽に行うことができますし、購入するのが面倒という人は家にあるタオルを電子レンジで温めてホットタオルを作ったり、冷蔵庫に入れておいて冷やしタオルを作って使用しても良いです。

その他にも、目の体操をしたり目の周りにあるツボを押したりマッサージをして血流の改善と筋肉をほぐすことも効果的です。この際に強い力で行うと眼球を傷つけてしまう可能性がありますので、優しく行うようにしましょう。

まとめ

眼精疲労は、直接的に薄毛の原因となるものではありません。ですが、眼精疲労の原因がストレスなどの場合にはそれが髪の毛の成長サイクルを狂わせて結果的に薄毛の原因となってしまうこともあります。スマートフォンやパソコンが普及して日常的に目を酷使することが多くなっている現代社会においてじは目の症状に悩まされている人は非常に多いです。

目を休ませたり、少しマッサージをしたりと自分で出来るちょっとしたことで改善できることもありますので、悪化してしまう前にセルフケアをきちんとするようにしましょう。それがストレスの緩和につながり、結果的に薄毛の改善にも繋がることもあります。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください