AGA治療中にタバコを吸うと効果が薄くなる?

タバコは一害あって百利なし、とよく言われていますが、AGA治療中に喫煙することで頭皮や頭髪にはどのような影響を与えるのか、改めて詳しく紹介していきたいと思います。なぜ喫煙が良くないのか、どのようなメカニズムで身体に影響を与えているのかを見ていきましょう。

タバコは頭皮の血流を悪くする

なぜタバコは身体に良くないものとして認識されているのでしょうか。それにはやはりそれなりの理由と根拠が証明されています。

まず、喫煙することで通常では体内に取り入れることのない成分が多く入ってきてしまうことが一因しています。タバコには有害物質が含まれているからです。特に喫煙する時に出る煙の中には約4000種もの化学物質が含まれていると言われています。その中の約200種が有害物質に分けられ、さらにその中の50種以上の物質に発がん性が認められています。発がん性物質が50種以上も含まれているのですから身体に良いはずはありません。

特に有名な有害物質の中にニコチンがあります。ニコチンは中毒性の高い物質だと言われています。リラックス効果があるとも言われていますが、本来は体内のニコチン量が減ってイライラしてきたところに新たなニコチンを取り入れることで一時的にリラックスしたような錯覚を起こしているだけなのです。欠乏することでニコチンを欲する身体になってしまうことから、タバコへの中毒性が高まりなかなか止めづらくなってしまうのです。
喫煙することで大きく負担が掛かるのは、まずは肺です。そして血管や血液にも影響が出ます。肺は呼吸を助ける器官のひとつです。空気中の酸素を吸い込み全身へと運び、老廃物である二酸化炭素を吐き出す役割を持っています。本来、栄養分を身体へ届けるはずが化学物質を吸ってしまうことで肺の中は有害物質が蓄積されてしまいます。そして有害物質は血液を通って全身へと行き渡るのです。

しかも、ニコチンには血管を収縮させてしまう作用があります。血管が縮むということは、その分血液の流れが悪くなります。頭皮は皮膚の中でも特に薄いので、毛細血管のような細い血管しか張り巡らされていません。血管が収縮することで一番被害が出るのは最も細い血管である毛細血管です。血液が十分に運ばれてこないのであれば、栄養分も十分に受け取ることはできませんし、逆に老廃物は排出できずに体内に留まってしまうことになります。健康な頭皮と頭髪を守るためには、ニコチンが大敵なのです。

ニコチンがミノキシジルの効果を薄くさせる可能性もある

AGA治療薬にミノキシジルという薬があります。血管を拡張させる作用があり、こちらはもともと血圧疾患の治療目的に使用されていましたが、十分な血液が体内へ届くことで育毛効果があることが発見され、現在はAGA治療のために大活躍している薬です。日本では医薬品としてはまだ認められていませんが、育毛剤の成分にミノキシジルが含まれています。

そんなミノキシジルとタバコを併用した場合、髪にはどのような影響が出てしまうのでしょうか。まず、ミノキシジルは血管を拡張させる作用があります。逆にタバコに含まれるニコチンには血管を収縮させてしまう作用があります。単純に考えて、血管を膨らませて血流を良くしたくても、ニコチンの摂取を続けていては思うように血管は拡張されないということになります。せっかく高い料金を支払って育毛剤の使用を続けていても、喫煙していれば何の意味もない、ということです。ニコチンはミノキシジルの効果を邪魔する存在でしかありません。

また、AGAの治療薬としてフィナステリドという薬もあります。AGAは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの過剰分泌が原因だと言われています。フィナステリドに含まれているプロペシアという成分が、男性ホルモンのバランスを整えジヒデロテストステロンの分泌を抑制してくれることからAGAの治療に有効的だと言われている薬です。

しかし、このフィナステリドもただ服用していれば必ずAGAに効くわけではありません。男性ホルモンのバランスが崩れてしまうにはそれなりの理由があるからです。加齢によるものや遺伝的要素が原因している場合は仕方ない面も多くありますが、自ら生活習慣を乱したことが原因になっていることもあるのです。栄養の偏った食生活、寝不足などの不規則な生活や、運動不足や喫煙も原因に挙げられます。薄毛が自分で招いた結果であることも想定して、薬だけに頼るのではなく自分で改善できる生活習慣は見直してみることも大切です。規則正しい生活を心掛けながら治療薬をその中に取り入れることができれば効果はさらに期待できるのではないでしょうか。

AGA治療中はなるべく禁煙しよう!

生活習慣の話を先程少ししましたが、まだ若い方にはピンと来ない話かもしれません。10代、20代くらいであれば多少寝不足の日々が続いても翌朝は普通に起きて仕事へも行けるし、野菜を摂らずに油ものやジャンクフードばかりを食べていても別に太らないし、お酒やタバコをやりすぎた翌朝も問題ない、健康診断でも特に指摘事項はない、という方が多いと思います。ところが、それらの不規則な生活や、不健康な食生活は若さで帳消しになっているわけではありません。見えないところで体内に蓄積されています。いずれ必ず支障をきたす時が来るのです。プロのスポーツ選手などがいつまでも若々しく健康的に見えるのは、やはり若いころから規則正しい生活を強いられてきたからだと思います。

タバコに関しても同様です。喫煙することで血管が収縮されることを説明しましたが、そのことで影響が出るのは頭皮だけではありません。血管は全身にあるのですから、全身に十分な栄養が行き届かなくなることで、肌のハリが失われたり、老廃物が溜まりやすい代謝の悪い体質になりかねません。シワやシミが増えて実年齢より老けて見られたり、代謝の悪さから風邪などを引きやすくなったり、ひどい場合は何らかの疾患へも繋がりかねないのです。

しかしながら、ストレス発散の一環として喫煙を続けている方が急に止めるということは難しいでしょう。依存性も高いことが喫煙の特徴でもあるので、明日から一本も吸わないというのは逆にストレスが溜まって身体に良くないかもしれません。喫煙というものは生活の一部になってしまうことが特徴です。朝起きたら一本、仕事へ行く前に一本、食後や休憩中、帰宅後のリラックスタイムやお酒を飲みながらなど、「何かのついでに」吸ってしまうというように習慣化している方が多いように思います。日々の習慣を全て組み直すには時間が掛かりますが、まずは一本単位で減らしていってはいかがでしょうか。朝の起きがけの一本を我慢してみる、休憩中に三本吸っていたのを二本に減らしてみる、など少しずつ減らす努力をしてみましょう。

まとめ

AGA治療に喫煙が良くないことは理解いただけたと思います。禁煙はつらいでしょうが、本気で薄毛を改善したい、という心意気があれば乗り越えられるものです。禁煙に成功した方の声で多いのが、案外すんなり止められた、という意見です。完全に止めるまでは時間が掛かるかもしれませんが、吸わないなら吸わないで何てことはない、と感じる方が多いのが事実です。禁煙することで健康的になった自分を意識するでしょうし、今までは普通だと思っていた目覚めが良くなったり、食事が美味しく感じられたりと嬉しいことがたくさん待っているでしょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る