AGA治療と若ハゲのデメリット、天秤にかけてみると…

若ハゲで自分の容姿に自信が持てなくなると、どうしても人間関係に消極的になりがちです。AGA治療は高額な治療費と完治までに年単位で時間が掛かってしまう事もあります。特に遺伝的要因などで一回ハゲ始めてしまえば、元の髪に自然治癒する事はありません。

これはあなた自身の一生を左右する問題ですので、じっくりと考えて若ハゲを許容するか、それともAGA治療で治すのかを決めてください。それぞれのデメリットを踏まえて今後の人生をイメージしてみましょう。

若ハゲのデメリット

先ほどから挙げているように自分に自信が持てないことはデメリットとなるでしょう。特に独身の方が多い20代前半でハゲが進行し始めると、異性との関係を上手く築けなくなるなどして、人生設計そのものに大きな影響が出るでしょう。

また仮にAGA治療をせずにカツラや植毛といった方法を選択してもそれなりに金銭的な負担は発生します。またそうした手段を取っていても他人の視線が常に気になるなどの心理的負担が掛かる方もいます。

そのため自分がAGA治療をするかどうかはまずは置いておいて、一度は専門クリニックで行われている無料カウンセリングを受けてみる事をおすすめします。一人で悩むよりも専門家の意見を交えて決断をした方が後々悔いが残らないので、心理的負担も軽減されると思います。

AGA治療のデメリット

AGA治療は美容整形などと同じ区分に分類されているので、保険の適用対象外の治療となってしまいます。そのため薬の費用などを全額負担しなければならないので、どうしても治療費用が高額になりがちです。

また他のデメリットとして、AGA治療に用いられる薬にはかなり副作用があるとされています。またどれだけ副作用が出るのかも人によって違いますので、治療費用を安く抑えようとしてネットなど、個人で治療薬を購入する事はおすすめしません。そうした市販薬は効果の無い薬や強力な副作用がある薬もありますので、素人判断で手を出すのは非常に危険な行為であると思います。

やはりまずは専門クリニックの無料カウンセリングで自分の若ハゲがどんな原因で進行しているのかを判断してもらって、最適な治療法とそれに掛かる費用などを相談してみましょう。専門家として正しいアドバイスをしてくれるので、今後の方針について大いに参考になるでしょう。

あなたはどっちを選択する?

若ハゲを受け入れる人生を歩むか、それともAGA治療で若ハゲと戦うのかは各々のご決断なので、どちらの判断でも自分の人生に悔いの無い決断をしましょう。自分で納得して選択した決断ならどちらの道でも後悔だけはしないはずです。

ただし決断はなるべく早い方がAGA治療に掛かる費用も抑えられるので、何年間も「デモデモダッテ」と悩み続けるのは止めましょう。非常に残念な事ではありますが、自分が若ハゲになってしまった事実は変える事は出来ないので、その事実とどう向き合うのかが一番重要なのです。専門家の意見を踏まえた上で、長くても数カ月以内に結論を出すように心がけましょう。

まとめ

若ハゲはいざ自分がなってしまうと大変ショックを受けます。だからといってパニックを起こして右往左往しても良い事は何もありません。専門家を信頼して一度じっくりカウンセリングを受けて自分の人生を考えてみましょう。

幸い医療が発達した現代だからこそAGA治療という選択肢が選べるようになったのです。自分がハゲてしまったショックとこれからの事を悲観するのではなく、前向きにどうすべきなのかを冷静に判断しましょう。「どうして自分なんだ」と運命を呪いたくなる気持ちは判りますが、悔いの無い選択をしてください。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください