AGA治療は皮膚科でもできる!?

「最近チョッと毛髪が気になるが…」と感じている方必見です。近所の皮膚科に行くか、またはAGA治療の専門クリニックへ行くかは、実は大切な判断のし所なのです。もちろんご自身の毛髪における「気になる度」が判断の最大ポイントですが、それだけではなく、その先の毛髪の大事な未来にも関係してくる分かれ道になるかもしれません。ここは明るい未来の為にも、ジックリと読んで考えて頂けましたら幸いです。

皮膚科とAGAクリニックの違い

両者の違いを端的に言えば、治療面では皮膚科は「脱毛・薄毛を食い止める」現状維持の治療が主であり、片やAGA専門クリニックでは「発毛・育毛を促進する」攻めの治療が主という事が言えると思います。費用面では皮膚科は保険診療で治療が行え、AGA専門クリニックでは保険は使えません。大きな違いだけを見ればこの様になりますが、他にもコマゴマとした違いは多々あります。

呼び名からも違いは察せられますがAGA専門クリニックは「AGA専門」ですので、その道に特化しています。皮膚科は「皮膚全般の病気」を対象としていますのでAGAもその範疇での治療となる場合が多い事となります。その差は「治療の幅が違う」という事です。、皮膚科でのAGA治療は投薬治療になる場合が多く、これは現状維持での治療なら問題は少ないと思いますが、進行が進んでしまった状態には対応しきれない事もあります。

次に、やはり実績が違って来るという点でしょう。様々な皮膚疾患の人々が訪れる皮膚科に対して、AGA治療の為にだけ患者が訪れる専門クリニックとでは医師の経験、実績が違ってきて当然の事です。皮膚科の中にも専門の医師がいる所はあるでしょうが、その数はかなり少ない様ですし、そもそも全ての皮膚科でAGA治療が受けられる訳でもありません。「近くの皮膚科に行ってみようか」とお考えの人は、まず確認を取ってから行く様にした方が良いと思われます。

しかし、その「近く」という点から見れば皮膚科は専門クリニックに比べ絶対多数の件数がありますので、都心ならともかく近くに専門クリニックが無いという場合もありましょう。ご自身の必要度を考え合わた上での判断が大切です。

皮膚科におけるAGA治療の内容

昔、薄毛、脱毛の診療は皮膚科で診るのが主流だった様で、現在もなお「AGA治療の最先端・男性型脱毛症ガイドライン」を設定しているのは日本皮フ科学会であります。ガイドラインとは代表的なAGA治療を比較してA~Dまでの推奨度を評価し発表したものです。

Aが最高ランクであり「強く推奨する」と言う事になります。逆にCー1以下からDは医学的見地から「根拠が見当たらず薦められない」と言う事になってしまいます。この様に、AGAの治療の大事な部分に深く関わっていますので、もちろん知識、見識共にAGAの治療は可能である事は間違いありません。

では皮膚科に於いて具体的にどの様な治療が行われるかという事ですが、「日本皮膚フ科学会・診療ガイドラインに沿った標準的な治療」を行う所が多い様です。つまり視診(医師の目で確認)を経て脂漏性湿疹、皮膚炎などの疾患との合併症を皮膚専門医の立場から診察し、外用薬、内服薬の処方、植毛・かつら等(扱いのある病院)の提供です。病院により多少の違いはあるにしても、大体はこの流れで治療を行う様です。

内服薬は「フィナステリド系」で外用薬は「ミノキシジル系」です。ただしミノキシジルを使用するのも病院によってであり、内服薬のみの場合もあります。発毛・育毛の促進を強化する治療ではなく前述した通り「現状維持」に近い治療を目指すものとして考えれば良いと思います。ですから進行してしまったAGAに対しての積極的治療は期待でないと考えた方が無難です。

積極的治療とは、例えばAGA治療専門クリニックで行うメソセラピーやハーグといった発毛に本格的な働きかけをする治療を指します。

皮膚科でAGA治療を受ける際の注意点

皮膚科診療の場合はどうしても「治療選択肢の幅がない」という事は前述の如くですが、他の病気と同じようにAGAの患者さんも一人一人の程度は全て違いますので本来であれば、一人一人に合わせた治療であるべきです。それは治療薬にも言える事で、ガイドラインに沿った標準的な薬で良い患者さんもいれば、また、それでは賄えない病状の患者さんもいます。それが中々できない状況である事は承知しておいた方が良いと考えます。

専門的に一つの病気と向き合えば良い環境ではありませんので、その事を把握しておく必要があるかと思います。専門クリニックは、それができる環境です。治療薬にしても患者に合わせてクリニック独自の配合で処方する事ができます。ですから割合に早期のAGAであったり、予防の観点であったりの人であれば問題のない所ですが、進行が深刻な人は自分の病状と良く相談する事をお勧めします。

そして精神的な面に於いても、注意しておいて頂きたいのが大きな待合室です。もし、進行が始まってしまった、或いは進行してしまったという人は、人の目に対しても敏感になっている状況ではないかと考えます。そうした時に大きな待合室で、長い時間そこにいるということ自体が大変なストレスになる可能性もあるでしょう。

そうなっては病状のストレスと併せて病院へ行く事もストレスになってしまい兼ねません。専門クリニックは専門な分、その辺も配慮されて個室になっていたり完全予約制になっていたりします。また、専門ではないと言う事は、質問、相談した時に不安を解消できない答えであったりするやもしれません。そうした事も含めてご自身の現在の状況と相談して頂ければと思います。

まとめ

皮膚科とAGA治療専門クリニックとの違いを解説致しましたが、最終的にはご自身が求めたい結果と経済状況を見合わせて判断する事が最良であると思います。ただ、AGAの治療は長時間かかるものです。精神的にも苦痛な時間でありましょう。そういう時に多少なりとも結果が見えれば、また元気も意欲も湧くのではないでしょうか。その点も考慮して、継続して治療を受けられる様に総合的な選択をして頂きたいと考えます。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください