女性でもAGAになる?

男性型脱毛症のことをAGAと呼ぶため、男性特有のものであり女の人とは無縁のもののように思っている方も多いと思います。しかし、実はAGAは女の人にも起こり得る脱毛症でもあります。女性男性型脱毛症、通称FAGAという名称で区別されており、その発生するメカニズムは同じでも、男性型とは症状が異なるのです。女の人が何故AGAになってしまうのか、その原因と特徴について詳しくみていきましょう。

女性がAGAになってしまう理由

女であるのに男性型脱毛症、AGAになってしまう理由は、女性ホルモンの減少と女性も男性ホルモンを持っていることが原因です。本来男性型脱毛症は、男性ホルモンが髪の発毛を妨げるDHTという成分に変わることで起こる脱毛症です。DHTに変化することで毛母細胞の細胞分裂の活発を妨げ、成長途中の髪まで抜けることで局部的な抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

実は女性の中にも男性ホルモンは存在しており、脱毛に影響を与える要素も女性も十分持ち合わせていることになります。そのため、基本的な脱毛症の発生メカニズムはどちらの性別も同じなのです。ただし、女の人の場合は女性ホルモンであるエストロゲンが毛髪を育ててくれるため、男性よりも脱毛症の症状になりにくいとされています。もし体内の男性ホルモンがDHTに変化したとしても、この女性ホルモンが活発であると、髪が育つサイクルの方が早いため、女性は進行が緩やかで気づかないことの方が多いようです。しかし、年齢と共に卵巣の働きが低下し、女性ホルモンが減少してくると、髪の発毛を促進し、育てる機能が著しく低下するため、男性ホルモンの働きの方が活発になってしまいます。それにより男性の脱毛症と同じ症状で抜け毛や薄毛を引き起こすことになります。

また、仕事で疲れていたり、無理なダイエットで食事制限をしている場合、髪が通常よりも抜けたり、細くなるといった症状が出てきてしまいます。これも女性ホルモンの減少が原因であり、このホルモンの減少は加齢だけでなく、こういった栄養不足やストレス、生活習慣の乱れによっても起こるため、年配の女性だけでなく若い女の人でも十分脱毛症となる可能性もあるのです。

男性のAGAと何が違うのか

女の人に起こる脱毛症をFemaleAGA、略してFAGAと呼び区別する理由は、性別によって脱毛の仕方が異なるためです。男の人は前頭部や頭頂部といった部分的な箇所から抜け毛などの症状が進行します。女の人は、こういった部分的な抜け毛で徐々に後退していくのではなく、全体的に毛が抜けたり、薄くなるのがFAGAの特徴です。脱毛箇所がはっきりと明確化されないため、気付かない方も多いとされています。全体的に薄くなりますが、特に薄くなりやすい傾向にあるのは前頭部から頭頂部の間となっており、その点は男性と似通っています。

しかし、AGAでは進行が進めば完全に髪がなくなることがありますが、FAGAではそういったことがないことも特徴です。これは、年を重ねて女性ホルモンが減少しても、完全にはなくならないということが要因とされています。減少しても一定量は分泌されるため、完全に髪がなくならず全体的に薄くなるのです。また、AGAは遺伝が主な原因とされていますが、FAGAは女の人特有のホルモンの減少が原因であるため、心身へのストレスが大きく関わってきます。男性も日々のストレスなどが抜け毛、薄毛に多少の影響を及ぼしますが、ホルモン自体が発毛を妨げる成分と変わり抜け毛や薄毛に大きく影響するため、完全に防ぐことができないことも特徴です。そのため、治療を半永久的に続けなければならないという枷を強いられる可能性も大いにあるのです。

その一方で薬による対策ができますが、女の人の場合はそういった薬が服用できないことも大きな違いです。薬の成分であるフィナステリドは男性ホルモンの変化によって発生するDHTには有効ですが、ホルモンの減少が原因のFAGAには効かないため、生活習慣から防ぐ必要があります。

女性に有効なAGA対策

男性はホルモンが発毛を妨げるDHTに変化することで脱毛症になる一方、女の人の場合はホルモンの減少で脱毛症が引き起こされます。このように主な原因が違うため、その対策も必然的に異なってきます。男の人に有効な薬も女の人には服用できないため、如何に原因であるホルモンの減少を防げるかが要となってきます。ホルモンの減少は年齢を重ねると必ず起きてしまうものですが、若い人であっても日々のストレス、栄養不足、生活習慣の乱れで十分引き起こされるものなのです。改善するためには、ホルモンバランスの調節を日常的に行うことが大切です。

自身の今の状況を一度振り返って見て、疲れを溜めていないか、規則正しく食事を取れているかなどを確認してみましょう。食事も栄養があるものをバランス良く摂取しているかの確認も行いましょう。食事を取っていても、栄養が偏っていてはホルモンの乱れを引き起こすことになります。肉や魚に含まれるタンパク質や緑黄色野菜などに含まれるビタミンB群など、髪に十分な栄養を与えることのできるものを選んで食事を行いましょう。また、血流の悪さも体や髪に対し栄養不足を招き、結果ストレスになるので適度な運動も必要です。同じ理由で十分な睡眠も大切です。

しっかり寝ることで、成長ホルモンが分泌され、髪の発育を促進します。紫外線や喫煙、過度なお酒の摂取などもホルモンを大きく乱すことになるため、抜け毛の要因となります。煙草を吸っている方は禁煙を、お酒の飲みすぎと感じているなら控えるなどの対策を行いましょう。強い日差しがある際には頭皮への影響を軽減するために帽子を着用するなど行うと良いですが、紫外線は頭皮だけなく、その他の皮膚や目からも入ってくるため、日焼け止めを塗ったり、サングラスを着用すると徹底した対策を行うことができます。

まとめ

男性のみに引き起ると思っているAGAですが、女性にも十分起こる脱毛症であります。男性とは原因が違うため、しっかりメカニズムを知り、対策を行うことが重要となってきます。原因であるホルモンの減少を、如何に日常から改善できるかが要となるため、自身の生活を今一度見直す必要があります。いつまでも髪を元気で保ちたいのであれば、規則正しい生活を送るように心掛けましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る