睡眠でAGAを改善しよう

生きているかぎり、睡眠と無縁でいることはできません。どんなに忙しくてエネルギッシュな人でも、適切な睡眠をとらなければ寿命を縮めることになります。むしろ実際には、普段から上質な睡眠をきっちりとっているからこそ、毎日エネルギッシュに活動できると表現したほうが正しいかもしれません。ここでは、毎日の睡眠がAGA治療にどのような影響を与えるのか。また、本当の意味で質の良い睡眠とはどのような状態を表すのかなど、発毛サイクルと眠りとの関連性について初心者向けにまとめました。

睡眠不足が髪に与える影響とは?

ここ数年の医学界のトレンドともいえるのが睡眠とAGA治療との関連性です。そもそも、従来はAGAが深刻な病気とは見なされておらず、専門的な対処法は確立されてきませんでした。しかし、国内外の最新の研究でも睡眠不足がAGAを悪化させるおもな原因となることが認識されるようになり、眠りの質を高めることでAGAの改善につながることが常識になりつつあります。人は眠っている間にその日の記憶やエネルギーをリセットし、必要な栄養分を末端組織にまで送り込んでいます。

つまり、充分な睡眠が確保できていないということはあらゆる臓器が常に虚脱状態にあるということですから、結果として快適な睡眠を促す副交感神経が正常に機能しなくなり、よけいに眠りが浅くなるという悪循環を招くのです。眠っているうちに供給されるはずの毛髪へのエネルギーが行き届かなくなった結果、頭皮全体が栄養失調のような状態になり、最終的にAGAが発症すると考えられています。眠りの質の低下は頭皮だけでなく、全身のあらゆる組織にあらゆる悪影響を与えます。前述の通り、人間は眠ることによって一日の疲れを回復させ、翌日のためにエネルギーを充填しています。つまり、眠りの機能が損なわれているということは、蓄積した疲労や老廃物を排除する機能まで失われていることと同じといえます。また、眠りの質の低下は脳機能の低下を招くとも言われます。

満足に眠れない日が何日もつづくと、脳機能が落ちることにより前頭葉の活動レベルが低下し、感情制御が正常に行えなくなり、イライラが長時間つづくようになります。その変化は記憶効率の低下という形でも自覚できますが、消化器系や脳への影響、消化酵素の分泌が遅くなることによる食欲の低下など、影響の範囲は計り知れません。エネルギー不足がより深刻になれば神経細胞が興奮し、ますます眠れなくなるという悪循環が起こります。

なぜAGA改善につながるのか

眠りがもともと浅い人がコーヒーなどの刺激物を常飲することは表現はいささか強いかもしれませんが、不眠の症状を自分自身で悪化させているようなものです。アルコールほどではありませんが、コーヒーは胃の粘膜を傷つける「マイナスの効果」があり、原則として不眠傾向にある人は飲むべきではないとされています。AGA治療中にコーヒーを制限するべきなのはもちろんのこと、毎日忙しく働いて交感神経上位の状態にある現代人にとってコーヒーは、基本的に控えるべき飲み物であるとまで言われています。

そのため、AGA治療においても一定期間、コーヒーの摂取制限が行われることがあり、AGAの症状改善と併行して不眠治療が試みられることもめずらしくありません。また、コーヒーの成分がAGA治療薬のはたらきを阻害してしまうということも摂取制限の理由のひとつとして挙げられています。治療中または治療後にコーヒーなどの刺激的な飲み物を飲むと、飲み物に含まれる薬と治療薬の成分が拮抗し、薬の効果が完全には得られません。また、治療中に、胃の免疫機能や肝臓なども敏感に反応する可能性があり、通常は問題にはならないコーヒーの刺激と、薬の副作用により粘膜を傷つける恐れもあります。アルコールにも同様の作用があるので、治療中に医師に禁忌と言われる飲み物は飲まないようにしましょう。

コーヒーは刺激物であるため、AGA治療薬の作用を減衰させるだけでなく、胃の粘膜を傷つけ、長期的には二次障害を引き起こす恐れさえあると言われています。コーヒーは嗜好品なので毎日飲んでいる人にとっては摂取制限がとてつもない苦行のように思えるかもしれませんが、眠りの質を高めることがAGAの改善につながると考えれば、継続する意味は充分にあると考えられます

理想的な睡眠のとり方とは?

ひと昔前の医学では人間は誰しも1日のうち8時間はきっちり眠る必要があると言われてきましたが、最新の研究では、最適な眠りの環境は人によって個人差が激しいことがわかってきました。1日のうち3時間程度の眠りで健康を維持できる人のことを「ショートスリーパー」といい、反対に1日に8時間以上眠らなければ正常な脳機能を保つことができない人を「ロングスリーパー」といいます。ふたつのタイプに具体的にどのような体質的な違いがあるのかは今後の研究を待たなければわかりませんが、この一点だけを見ても眠りというものがいかに個性豊かであるかがわかります。

ショートスリーパーにせよロングスリーパーにせよ眠る時間帯が大きな意味をもつことは共通しており、だいたい22時から翌日の2時までが睡眠のゴールデンタイムといわれています。なぜなら、その4時間の間に体をリセットするための成長ホルモンが多量に分泌されるためで、この時間帯に熟睡することで頭皮にも充分な栄養が行きわたり、AGAが改善にむかうと言われています。また、この時間帯は学習効率を高めるうえでも貴重なゴールデンタイムであり、徹夜で必死に勉強するよりもオンとオフをきっちりと分け必要な睡眠時間を確保することで記憶の定着がはるかに良くなり、覚えたことを忘れにくくなると言われています。眠りに落ちるために睡眠導入剤などを服用する人も少なくありませんが、薬の作用で熟睡すると同じ時間眠ったとしても眠りの質が一定にはならず、自然な眠りとくらべて疲労のリセット効果が薄れてしまうと考えられています。

また、睡眠導入剤の種類によってはAGA治療薬の成分と拮抗する場合もあり、やむを得ず薬を使う際には必ず担当医に相談するようにしましょう。

まとめ

毎日の充分な眠りによって、AGAの進行をかなりの部分まで食い止めることができます。とくに22時から翌日の2時までが眠りのゴールデンタイムと言われており、この時間に熟睡することで頭皮にまで栄養を行きわたらせ、健康な毛髪が育ちやすい土台をつくることができます。睡眠不足は頭髪に影響があるだけではなく、身体の至るところに影響がでやすいといわれています。自分に合った睡眠パターンを分析していくことが、治療につながるかもしれません。

この記事をシェアする
TOPへ戻る