AGA治療は生え際にも効果あり!?

薄毛に悩む人は急激に増加していますが、そんな中でも生え際の悩みは特に難しいと言われています。原因因子は数々ありますが、特に現代人の生活環境の悪化は見逃せない事実です。食事の時間が一定でない、つい肉ばかりを食べてしまう、ストレスが抜けない状態のままにしてしまう、常に睡眠不足である等々薄毛の因子がテンコ盛りですね。まずは正しい知識を得て対策を講じる事が肝要でしょう。まずは原因や改善の正しい知識をご紹介します。

生え際が後退する要因

今や3人に1人と言われるAGAとは「男性型脱毛症」の事です。主な原因は男性モルモンの過剰分泌ですが、他にも乱れの原因として遺伝やストレス、食事、生活習慣などが挙げられます。毛髪は成長期に、髪の毛を育てる毛包の成長が不十分だと細くて弱々しい短い毛が増えて、やがて全体的に薄毛となって行きます。特徴としては、頭頂部や額の生え際から薄毛が始まります。

生え際の対策は特に難しいとされていますが、AGA治療は生え際にも有効であると言われています。何故、生え際の対策が難しいのか、その原因を知り、正しい対策をする事が重要である様です。

まず生え際には、薄毛の原因となる還元酵素5αリクターゼが他部の約2倍もあるという事です。その5αリクターゼの影響を受けて毛包の成長を抑えてしまう「ジヒドロテストステロン」という物質が、結果として髪の毛の成長も止めてしまうそうです。

次に生え際は、頭頂部、後頭部に比べて非常に血管が少ない場所であるという事。ご存知の如く血管は血液を運び、血液は栄養を運びます。元々血管が少ないので血行が悪くなり、栄養不足になりがちです。栄養不足になれば、髪は細くなり、やがては薄毛になってしまいます。土台が栄養不足なので発毛もしにくい訳です。

そして、生え際というのは顔の影響を最も受けてしまう所です。従って顔が緊張すれば頭皮が固くなり、血行も滞り、最終的に栄養不足になります。このストレス社会に於いて、顔の筋肉を常にリラックスさせておくのは至難の業と言えるでしょうから、生え際は常に厳しい環境に置かれているといっても過言ではありません。

生え際の発毛に効果的な方法

AGAの基本治療では「フィナステリド(プロペシア)」という有効成分が配合された内服薬と「ミノキシジル」という有効成分が配合された外用役薬を併せて使用します。頭頂部などより効果が出にくく時間が掛かりますが、ジックリと取り組めば期待を持てます。この両方の薬は日本皮膚科学会において「推奨A」の評価を受ける信頼できる薬です。中には日本では認可されていない薬もあり、副作用も心配されますので注意が必要です。

そして、生活や環境の改善も重要です。常に血液をサラサラにして置けば、栄養も運ばれやすくなります。具体的にはジヒドロテストステロンを抑制する効果のある大豆イソフラボンを多く取り、髪の成長に大切なたんぱく質もシッカリ取る様にする事です。ただ肉のたんぱく質ばかり取れば、脂肪も取り過ぎてしまいますので、卵・魚も上手に取ると良いです。海藻、野菜のミネラルも大切ですし、髪に不可欠な成分「亜鉛」もレバーや牡蠣などから取る様にしたら良いでしょう。

食事だけでは不十分と感じたらサプリメントの使用も有効です。同時にタバコやお酒の摂取にも気を付けた方が良い所ですね。もちろん睡眠はとても大事ですから6時間以上はシッカリ取る様に心掛けましょう。適度な運動も必要です。

それでも効果を感じられなければ、薬プラス「頭皮メソセラピー」がお勧めです。これは成長因子を頭皮に直接注入する方法で、クリニックによって呼び名は違う様ですが、かなり有効だと言う事です。植毛に抵抗がある人にも評判が良い様ですので、専門クリニックに相談してみるのも手だと思います。これらの方法で手応えを感じた方はかなり多いということですので、ジックリ腰を据えて取り組む事が大事な様です。

逆に生え際に効果が出にくい人とは?

生え際に効果が出にくい人の第一は「根気と忍耐力がない人」というのが定説の様です。誰でも効果はスグに実感したいものですが前述しました通り、生え際はどこよりも効果が出にくい場所です。薬治療でも生活、環境改善でも2~3か月続けて初めて効果が出始めるものだと言います。長い目で治療を続ける事がなによりも大切な様です。

次に、長い間放っておいてしまい、AGAが進行してしてしまった方は危険度が増してしまいます。治療の効果も、かなり出にくくなってしまうと言う事です。元々が効果の出にくい場所ですので、専門クリニックの方々は極力早めの決断が必要だと異口同音に言います。AGAは進行度を7段階に分けているそうなのですが5段階以上は期待がもてなくなってしまう様です。

産毛も残っていない状況では、もう手遅れだとか。あとは「おでこが広かっただけの人」つまり勘違いという事もあります。常にヘアースタイルをオールバックにしている人はともかく、最近は前髪を垂らしている人が多い様ですので泳いだ後などに突然広い額が現れると、自分も他の人も見慣れない額に驚いてしまい、AGAと勘違いしてしまうと言う事が多々あるそうです。

元々額の広い人の対策としては「度々オールバック状態で写真を撮っておく事」だと提言している人がいます。写真なら確実かもしれませんが、毎朝鏡に額を出した自分の顔を映してチェック・アンド・広い額に慣れておく位でも大分違うかもしれませんね。ですが、こちらも気になる様でしたら専門クリニックに相談される事をお勧めします。安心できればストレスも感じずに済みますし、勘違いでない場合も無きにしも非ず、ですから。

まとめ

専門クリニックでは無料カウンセリングを行っている所が多い様ですし、また生活習慣の指導もしてくれる様です。毛根自体が発毛しなくなってしまう前に、早期に生活習慣改善も含めて治療を始める事が何より大切だと言います。

専門クリニックでは身体の内外から薄毛を改善できますので、気になる人は一人で悩んでいるよりも、一度相談に出向いてはいかがでしょうか。また生え際は見やすい所ですから、自分での確認も容易でしょう。もし少しでも気になった時は、より早く髪に良い生活環境に変える努力をすれば、発毛の期待も格段に上がるそうです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください