最新のAGA治療法をチェックしよう

最新のAGA治療は痛みが少ない、副作用の心配がなく短時間で治療が済むというように治療中の体への負担の軽減だけではなく、自然な毛髪で生え続ける、または発毛と育毛を短時間で実感できる理想的な治療法があります。昔では諦めていたAGAの症例でも、最新の治療法なら取り戻せるのです。

個人差はありますがほとんどの人に効果があるとされている自毛植毛のドナーストリップ法と、副作用がなく女性にもお勧めしたい毛髪再生メソセラピーに注目しました。

AGA治療は日々進歩している

国内で承認されたお薬は何度も安全性が確かめられた身元が確かなもので、海外のものを含めるとAGA治療薬はたくさんあります。治療薬は2つのタイプに分かれます。AGAの進行を抑えるものと毛母細胞に働きかけ発毛を促進するものです。どちらか一方の治療ではなく、複数を組み合わせて行う治療法が主流となっています。

外用薬と内服薬では、注射などでピンポイントに治療するのか頭皮全体を体の内側から改善させるのかで違いが出てくるのです。AGA専門医院では個人の症状に合わせた治療法とマッサージや生活習慣、食事の摂り方まできめ細かいカウンセリングを行うことによって体の内側から改善していく治療ができるようになってきました。

プロペシア錠のように男性限定のものもありますが、女性に特化した治療法や完全オーダーメイドのお薬で治療するものがあります。最新のものでは自分の毛髪を生かすドナーストリップ法や血液検査で原因を追求し栄養分の足りない部分を補い個人の体質に合わせた薬を処方するヘアーベルパック、プラセンタエキス等の栄養価の高いものを直接頭皮に注射し育毛を促す発毛メソセラピーなど治療法は日々進歩しているのです。

どの治療法も特長があって個人の体質で効き目に違いがあるのは当然のことです。AGAの原因は遺伝のものから生活習慣まで幅広く、特定することが短期間で効率良く治す方法です。相談窓口は男女別になっていてプライバシーも万全です。
昔だったら治る見込みがなかった薄毛の症状も今なら改善できる時代です。クリニックの数も増え、受けたい治療法を探せるようになってきています。一つの治療法が合わなくても諦めずに積極的に相談していきましょう。

自毛植毛であるドナーストリップ法

治療してみたのはいいけれど発毛させる方法や進行を抑制する方法も、あまり効果がなかったという方には自毛植毛のドナーストリップ法というものがあります。その名前の通りドナー(移植させる毛)を後頭部や側頭部から採取し薄毛の部分に移植させる方法です。毛包単位植毛とも呼ばれています。AGAの影響を受けない部分からの採取になるのですが、グラフトという単位で決められた本数の治療となります。植毛するには医師の経験と技術が必要で仕上がり具合に影響します。植毛するのは自分の毛髪なので違和感がなく、移植された部分も自然な感じに間近で見てもわからないほどきれいな仕上がりです。植毛後は髪が生えそろうまで一年ほどかかり長期間にはなりますが移植された毛髪はそのまま生え続けます。

ドナーを採取するときはメスを用いるFUT法が標準だったのですが、最近は縫合技術が向上して傷が残りにくくなりました。最新のものではメスを使わない毛穴の一つひとつから採取するFUE法があります。一部のクリニックでは特殊な機械で行われています。ドナーの定着率を上げるために移植株を揃えて手植えしていくのですが、植毛に使われる道具や方法は様々で移植株の大きさや施術する場所によって使い分けることが多いようです。

費用は薬物療法に比べると最低金額が数十万円からとなり、かなりの高額にはなりますが服用する薬が体質に合わない方や短期間で治療を済ませたい方にドナーストリップ法は向いていると言えるでしょう。

大抵のクリニックでは初回カウンセリングが無料で受けられ、費用に合わせたプランの提案もあります。ドナーストリップ法を専門にしているクリニックがありますので、症例と実績を参考にしながら選んでいきましょう。

短い期間で効果を実感できる、毛髪再生メソセラピー

毛髪再生メソセラピーは自毛を移植する植毛とはタイプが違い、レーザーや超音波を使って不足している栄養分を頭皮に浸透させて発毛を促す治療法です。内服薬で気になる、アレルギーや副作用がないので女性にも人気があります。毛髪は毛幹細胞(毛根)と言われる部分でつくられます。薄毛の部分は毛根が眠っている状態になっていて、発毛に必要な成長因子や血行を促進させる、ミノキシジルなどを直接頭皮に与えることで活性化し発毛させます。

頭皮にはバリア機能があり、外用薬を塗布するだけでは浸透率があまり高いとは言えませんでした。それを解消するのがダーマスタンプやエレクトロダームという機器です。ダーマスタンプは小さな針が並んだ剣山のようなもので、痛みを伴いますが麻酔で解消します。エレクトロダームは頭皮に電流を通して浸透しやすくしたものです。レーザーは血行を促進させる働きがあり、超音波は粒子を細かくして頭皮に浸透させます。機器についてはクリニックによって取り扱いが違いますので、事前によく調べていきましょう。

施術は2、3時間で終わり、数回受けることになります。早ければ3カ月ほど6カ月から12カ月で効果が現れ持続します。施術後も維持するために内服薬を続ける人が多いようです。

毛髪再生メソセラピーは個人差があるものの、発毛率が高いと言われていて短時間で効果が実感できる分、1回分の費用も高額になります。頭皮に浸透させる薬剤についてはオリジナルで成分を配合しているクリニックが多く、説明をしっかり受けることが大切です。確実に毛髪を増やしたいけど植毛はしたくないし、体質に合わない内服薬は極力避けたい、または短期間で効果を得たい人に最新のAGA治療法の一つとして毛髪再生メソセラピーが挙げられるのではないでしょうか。

まとめ

AGA治療には2つのタイプの治療法があります。AGAの進行を抑制するものと発毛を促進するものです。

内服薬と外用薬の複数の組み合わせで自分に合うものを探すのですが、最新の治療法として自毛植毛のドナーストリップ法、短い時間で効果が実感できる毛髪再生メソセラピーが登場しました。両治療法とも高額ではありますが、自然な仕上がりと自毛を生かせる点や副作用の心配がなく短時間で効果がある部分が治療の切り札として多くの人に支持されているようです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る