AGA治療中に自分でできることはある?

本気でAGAを治したいと思い立ったら、まずは生活習慣を見直しませんか。自分の体の基礎をつくる大切な食事。頭皮の環境も食生活や生活習慣を見直すことで改善します。治療をしながら自分でできる頭皮のセルフマッサージがあります。

自分で行う体質の改善法は、無理をせずに長く続けられることが基本です。体質が改善すると治療の効果も高まります。

AGA治療中に心がけたいこと、意識して取り入れたいことをまとめてみました。

生活習慣を見直してみよう

AGA治療に限らず、健康を維持するために大切なことは日ごろの生活習慣を見直すことではないでしょうか。体の調子を維持することは長い目でみるとすべての予防につながっていくのです。

生活習慣を見直すとはいっても具体的にはどのような内容でしょうか。維持する方法として「質のいい睡眠」、「バランスのとれた食事」、「ストレスを溜めない」などが挙げられます。体の健康は心の健康とも言えます。

仕事柄不規則な生活を送っている方でも、睡眠の質をいいものにするだけでコンディションが変わるものです。寝具を見直す、お部屋の環境を工夫する等、自分が「心地いい」と思えるものが一つでも増えるとその分のストレスが軽減していきます。

体をつくる大切な要素として日ごろの食事があります。食事はその日のエネルギーとなり、その後の自分の体をつくる栄養としての役割があります。AGAになりやすい傾向として食べ物の好き嫌いや習慣になってしまっている偏食が、悪い生活習慣の積み重ねの原因になっていることが多く、治療を受けても根本の生活習慣を自分で見直さない限り改善することはありません。

何かに偏った生活習慣では心と体のバランスを崩してしまいます。もしこれからAGA治療を考えておられるのでしたら、ぜひ一緒にこれまでの生活習慣を見直してみてください。クリニックなどに相談し専門家に指摘してもらう方法もありますが、自分でも簡単に振り返ることができます。人の本能である食べること、眠りについては毎日の体調に現れるものなので比較的わかりやすいと思います。ストレスに関しては、チェックシートで確かめると良いでしょう。AGAの原因はこれだけではありませんが、いくつもの原因が重なって「なりやすい体質」になっているのは確かです。その原因を知り改善していくことが、AGA治療の効果を高めることにもなるのです。

食事から、適切な栄養を摂ることはとても重要

毎日の食事のバランス、考えていますか。世の中には「体に良い」とされる食べ物があふれていますが、すべてを取り入れるには、時間も費用もそれなりにかかってしまいます。

では、体によい食べ方をしているか?と問われたらどう答えるでしょうか。どんなに体に良い食べ物でも、偏りがあったり摂り過ぎは逆効果になってしまいます。AGA治療中は体や頭皮に良い物だけを集めて食べるのではなくて、特別な費用をかけずに毎日の生活の中で適度な量を摂ることが重要なのです。

人の体にとって過ぎてしまえば害と言われる糖質も脂質も本来は体に必要な成分です。しかし、食べ物で人が「おいしい」と思うもののほとんどに糖質と脂質はもれなくついてくるものなのでセーブすることが難しいと感じるのです。AGA治療中はもちろん、食材の品目を増やすのを意識して食事を選んでいくと自然にバランスが整いやすくなります。「食べてはいけない」と考えるとストレスになってしまいますが、食べたいものプラス体に良いものを一品追加するだけで満足感が違います。揚げ物がお好きな方には、さっぱりする野菜を追加。定食屋さんに行くと必ずサラダなどの野菜が添えられています。見た目の問題だけではなくて野菜を加えることで消化を促したり、血糖値が上がりにくくなるなど理にかなったものなのです。

バランスを取るため、その手軽さからサプリを求める気持ちもわかりますが、毎日の習慣にするためにもコンビニで購入するときに炭水化物同士の組み合わせを野菜に、または消化の良いスープに変えてみる、昼食で足りないものを夕食で補うように意識する、方法は一つではありません。身近なところで自分ができることから始めてみてください。

簡単に出来るセルフマッサージで血行促進

AGA治療中でも自宅で簡単にできるセルフマッサージをご存じでしょうか。血流が良くないと頭皮に充分な栄養が届かずに髪の毛が栄養不足を起こします。体質や頭皮の環境が悪くなってしまうとAGAになりやすくなるのです。頭皮マッサージの目的はAGAにならない環境にすること、治療の効果をより高めることです。セルフマッサージで全てが改善するわけではありません。あくまで補助的なものとして捉え、生活習慣を一緒に見直していきましょう。

セルフマッサージを行う際は、お風呂で体を温めて血行を促進させると代謝が活発になりAGA治療で使用する薬剤の浸透率が良くなります。爪で頭皮に傷が入らないように指の腹で側面から頭頂部にかけてもみほぐしていきます。頭にも血行促進によいとされるツボがありますが、頭皮全体をもみほぐす感覚で心地よいと思える力加減で行います。このときに、クリニックから指定されている育毛シャンプーか市販の育毛シャンプーを使うと良いでしょう。お風呂の程よい湿度とマッサージで頭皮の汚れも落ちやすくなっていますので、頭皮の汚れをきれいに落として環境を整えていきましょう。

美容室などで頭皮のマッサージを受けたことがある人はお気づきかもしれませんが、意外に頭は凝っています。肩こりほど自覚症状がない部分なので頭をもみほぐすと気持ちがいいのです。実はマッサージの気持ちよさが大事です。セルフでマッサージを行う際には、程よい力加減を心がけるようにしましょう。

自分で行う頭皮マッサージは、その日の体調を考慮しクリニックのアドバイスを受けたうえで行うことをお勧めいたします。正しいマッサージを続けることがAGA治療の効果を高めることにつながっていくのです。

まとめ

AGA治療に有効なお薬はいくつかありますが、AGAの原因を作り出している生活習慣を一緒に見直していきましょう。近い未来の体をつくるための食事はバランスが大事、好きな物だけを食べていても改善されることはありません。体の健康維持は頭皮の環境を保つことにもなります。

クリニックでのカウンセリングを踏まえて、自分でできるセルフマッサージを行い体の内側からと外側の両方から環境を整え、AGAになりにくい体質にしていきましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る