筋肉を鍛えるとAGAになりやすい?

AGAの原因に男性ホルモンのバランスが乱れることが挙げられます。男性であればぶよぶよしたお腹よりも引き締まった肉体に憧れるものです。そのため筋トレをしている方も多いと思いますが、筋肉を鍛えて増やすことでAGA治療に支障が出る、という噂があるのをご存知でしょうか。筋トレをしたことで薄毛になってしまっては本末転倒です。噂の真意について調べてみましょう。

何故筋肉を鍛えるとAGAになりやすいと言われているのか?

そもそも、なぜそんな噂が出始めたのでしょうか。

AGAの原因からおさらいしてみたいと思います。男性には男性特有のホルモンがいくつかあります。その中のひとつにテストステロンと呼ばれるホルモンが存在します。テストステロンは成長ホルモンとも呼ばれており、骨格や筋肉、体毛などの男性らしい身体つきを作るのに大いに役立っているホルモンの一種です。そして、そのテストステロンが変化したジヒドロテストステロンというホルモンがAGAに直接関与しています。ジヒドロテストステロンが過剰に分泌されることで頭皮の皮脂分が増量し、毛穴を詰まらせたり毛根の機能を消滅させてしまうことから抜毛が多くなり、次第に薄毛になってしまうのです。テストステロンが変化し、ジヒドロテストステロンが分泌されてしまうことが薄毛の原因です。ではなぜテストステロンが変化するのか、その原因はひとつに定まってはいません。遺伝的要素もありますし、生活習慣の乱れが原因していることもあります。

ではなぜ筋肉を鍛えることがAGAになりやすいと言われているのでしょうか。それは筋トレをすることでテストステロンの分泌が増加することから、噂として囁かれているようです。確かにテストステロンは成長ホルモンの一種なので、筋肉を増量する時に必要となるホルモンではあります。ですが、テストステロンがAGAの直接原因ではありません。テストステロンがジヒドロテストステロンへと変換するかどうかが問題なのです。ジヒドロテストステロンへ変換するには、5a-リダクターゼという酵素の量が人より多いとか、受容体があるかなどが重要になっており、誰しもがジヒドロテストステロンを分泌できるわけではないのです。酵素の量や受容体がある体質かどうかは人によって異なります。

先程も申し上げたように、遺伝によって変換してしまうこともありますし、偏った食生活や不規則な生活習慣が原因となって変換することもあります。そのため、筋トレがAGAと直接因果関係があるとは考えづらいことが、こちらのメカニズムで理解いただけると思います。筋肉を鍛えただけでAGAになるということはありませんので安心してください。

プロペシアが筋トレの効果を弱くする?

次は既にAGA治療中の方に向けた内容です。AGA治療に有効的だと言われている薬のひとつにプロペシアというものがあります。プロペシアを服用しながら筋トレをする場合、筋肉が付きづらくなるという噂もあるのはご存知でしょうか。その真意について調べてみたいと思います。
プロペシアとはどのような作用がある薬なのでしょうか。プロペシアには、AGAになってしまう原因であるジヒドロテストステロンの働きを抑制する作用があります。テストステロンという成長ホルモンがジヒドロテストステロンへと変換されることで薄毛は進んでしまいますが、ジヒドロテストステロンへの変換をしやすくする酵素の生成を邪魔する役割を持っているのがプロペシアです。
筋肉を鍛えるのに必要なホルモンはテストステロンです。プロペシアは直接テストステロンへは影響がないように思いますが、ホルモンへ影響を与える薬であることには違いありません。プロペシアの副作用として、男性機能障害や乳房肥大などの報告が挙げられており、男性らしい身体付きから女性のように丸みのある身体付きへ変化するケースも報告されています。テストステロンへの直接的な原因は発見されていませんが、男性ホルモンに関わる酵素を阻害する力があるということは、男性らしい身体を作るには影響をもたらすこともあるようです。
しかし、100人のプロペシア使用者が全員筋トレをしても効果が得られないのかというと、そうではありません。薄毛が改善されて筋トレも成功したという方もいますし、薄毛は改善されたものの筋肉が付かなかったという方もいます。やはり、もともとの体質も関連してくるでしょうし、プロペシアが筋肉に影響してくるかどうかは一概には言えないところがあります。また、それ以外にも副作用の症状が出る場合もあるので注意が必要です。肝機能障害、男性機能障害などの症状が出ることもありますので、気になることがあれば医師にすぐ相談することをおすすめします。
では、万が一AGA治療中に筋トレの効果が出なかった場合、両立する方法はあるのでしょうか。次に説明したいと思います。

筋肉を鍛えたいけどAGAも治したい人は?

プロペシアの使用で筋トレ効果が下がるという直接的原因の証明はいまだにされてはいませんが、実際にそのような症状が出ている人がいることも確かです。AGA治療も筋トレも両方効果を出してがんばりたい、という方はどのような方法を取れば確実なのでしょうか。

プロペシアには筋トレ効果以外にも副作用が現れる方が多くいます。男性ホルモンへ働きかける薬なので、多少なりとも身体に影響が出てしまうのは致し方ないのかもしれません。では副作用を出さないためにはどうすればいいか、単純にプロペシアの成分が入っていない薬を使って治療するより他はありません。プロペシア以外にもAGAの治療に使われている薬やサプリ、育毛剤はいくつかあります。その中でプロペシア成分が入っていないものを選べばいいのです。

育毛剤やAGA専用のサプリには、海藻エキスを中心に作られているもの、キャビキシル、オウゴンエキス、センブリエキス、ノコギリヤシなど、プロペシア以外にも様々な成分から作られているものが多くあります。海藻やハーブなどの天然のものを成分にしているものであれば副作用に心配する必要もなくなります。しかし、プロペシアに比べると効果が低いものもあります。薄毛や男性特有のAGAの治療については、まだ解明されていない点もあるため、誰が使っても確実に効く、という薬がいまだにないからです。

ある人はプロペシアの副作用もなく確実に薄毛に効果があったが、別な人が使用しても目立った効果は出なかった、という場合もありますし、プロペシアよりノコギリヤシの方が効果的だという方もいます。どんな成分が合っているのかは使用してみなければ分からない点も多くあります。特に、普段からアレルギー症状が強く出たり、過去に何かの薬で副作用が強く出たという経験がある方は、専門の医師や薬剤師などに予め相談してみることをおすすめします。

自分に合う成分が見つかれば、筋トレを続けながらAGAの治療も続けられますし、効果を得られる可能性も高くなるでしょう。自分に合う成分、治療法を見つけることが大切です。

まとめ

アンチエイジングを希望する人が増えている時代ですから、男性の方もいつまでも若々しくかっこよくいたいと思うことは当然です。出来れば男らしい身体つきと若々しい頭髪を維持したいものです。筋トレをすることは身体のためだけではなく、精神面にもプラスになることがたくさんあります。有効的な治療法、筋トレ法を是非見つけましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る