AGA治療でうつになる?原因と対策法

うつは今や「心の風邪」と言われるほどポピュラーな疾患になりつつあります。AGA治療中にうつを発症してしまうと治療そのものにもやる気がなくなり、本来得られるはずの治療効果が期待できなくなってしまいます。なぜ、AGA治療においてうつを発症してしまうのでしょうか。最新の研究では、治療に使われる薬の副作用が少なからず影響しているのではないかといわれています。治療薬の副作用について詳しく掘り下げるとともに、それ以外の原因についても探ってみました。

うつとはどのような症状なのか

うつ病とは医学的には精神疾患に分類されている病気ではありますが、実は非常に広い概念をもち、単体の症状としてはとらえきれない複雑な側面をもっています。兆候としては主症状と周辺症状に分けられ、主症状としては著しい倦怠感、食欲不振、過覚醒(充分な睡眠がとれなくなる)などが挙げられています。周辺症状はおもに身体の不調として表れることが多く、血色が悪くなったり、消化機能が急激に落ち込んだり、手足の急激な冷えを感じることによって医療機関を受診し、診断されるケースが多いと言われています。

つまり、うつ病は本人でさえも自覚しにくい病気であり、そのことが早期治療をさまたげる要因となっているとの指摘もあります。また、「うつになると気分が落ち込む」というイメージが一般的にはあるようですが、必ずしもパターンはひとつではなく、絶望的なほど気分が沈み込む日もあればまったく反対にテンションが異様に高揚する日がつづくなど、単一の概念ではとらえきれないのがこの病気の複雑なところです。最新の研究では「非定型うつ」といって、従来型に必ず見られるような気分の落ち込みなどがほとんど見られない症例が報告されたりと、疾患としての概念は今後ますます広がるだろうと言われています。

AGA治療においてうつ病を発症するのは、治療薬の副作用の影響も指摘されていますが、もう一方では治療が思うように進まないことによるストレスや自責の念がどんどん精神を追い詰めていき、結果的に心を病んでしまうケースもあるのではないかと考えられています。AGAと精神疾患の関連性は未だ解明途上ですが、治療をする側も受ける側も病気の特性を充分に理解して治療にあたることが重要です。

うつになる原因には治療薬の副作用があった

AGAもその治療プロセスにおいて薬を必要とする以上、一定の副作用のリスクは免れません。現時点ではまだ研究途上の段階ですが、AGA治療薬の副作用がうつ病の発症リスクを高めるということが指摘されています。とくに強い作用をもつ治療薬は脳の神経伝達物質の分泌に影響を与え、うつ病に深く関係するセロトニンやドーパミンなどの物質を抑制してしまうために気分の落ち込みが引き起こされると言われています。薬の副作用によるリスクが懸念されるのはAGA治療だけではありません。喘息の治療に吸入式のステロイドを使用し続けている場合は、確かにある確率で肥満現象が観られることが知られています。ステロイド系喘息治療薬の一般的な副作用は動悸、悪寒、手のふるえなどです。たいていの症状は一過性で終わりますが、喘息の症状を抑制するために体質に合わない強い薬を長期間にわたり服用していると、日常生活に支障をきたすレベルの重篤な副作用で悩まされる場合もあります。いくつかのステロイドはアナフィラキシーショックを起こす可能性があるため、注意が必要です。そのような症状が見られる場合は、直ちに服用をやめ、他の方法に切り替えるようにしてください。AGA治療についても同じことで、「AGA治療薬でうつになる」というイメージから多くの人が病院での診察を受けることなく、市販薬によって症状を緩和しようとしています。最近は市販薬も格段に進歩し、副作用が少なく効果が高いものが続々と開発されているため、クリニックに足を運ぶのが恥ずかしい人にとっては魅力的に思えるかもしれません。しかし、市販の薬に頼る治療には限界がありますし、一歩間違えれば症状を悪化させる危険性もあります。市販薬に安易に頼る前に、一度専門医の診察を受け、医師の指示の下で忍耐強く治療し続けることがAGAを改善する確実な方法です。

自己判断での服用ではなくクリニックでAGA治療を行うべし

これはあらゆる病気の治療に言えることですが、薬を長期間にわたって服用するうえで何よりも重要なのは、「効果と副作用についてあらかじめ熟知しておく」ということです。AGAのような命に直接かかわることがなく、なおかつ日常生活にも大きな支障をきたすことのない疾患においては、ついつい忙しさから市販薬のみの治療に頼ってしまうことがあるかと思いますが、実はそれは逆効果であり、かえってAGAの症状を悪化させてしまう可能性があります。

市販薬のみに頼ることの本当の恐ろしさは、「病気の本質を見えにくくしてしまう」という点にあります。はじめから自分がAGAであると自覚する人はきわめて稀であり、たいていの場合は最近少し髪の毛が薄くなってきたな、という感覚のもとで治療薬を探します。もともとの違和感がごく軽微なものであるため、本人としてもあまり深刻にとらえることはなく、薬局で目についた治療薬によってその場をしのぐことになりがちです。しかしながら、AGAは非常に複雑なメカニズムをもち、市販薬を短期間使用しただけでは症状を根本的におさえることにはなりません。むしろ、タイプの合わない市販薬を安易に使いつづけることで皮膚によけいなダメージを与え、専門的な治療によって得られるはずの効果を阻害してしまうことになりかねません。

また、専門のクリニックできちんと治療を受けている場合であっても、処方された治療薬を安易な自己判断で急にやめたりすると本来の治療効果が得られなくなるどころか、それまでせっかく積み重ねてきたアプローチがすべて無駄になってしまうことも大いに考えられます。副作用を過度に恐れることなく、専門医の指示のもとで正しく治療薬の服用をつづけることがAGA改善の原則なのです。

まとめ

AGA治療薬とうつ病との関連性は未知数の多い領域です。ただ確実に言えるのは、薬の服用に安易な自己判断は禁物ということで、副作用の懸念される薬であるからこそ、専門医との緊密な連携のもとで正しく服用し、症状をコントロールする必要があるのです。自身だけの判断で服用を続けたり、薬を勝手に増やしてしまうことで、病気の本質がわかりにくくなってしまったり、思わぬ合併症を引き起こしてしまったりすることがあるのです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください