頭皮のかゆみの原因のそれぞれの対策方法

頭や髪の悩みとして一般的なのはおそらく薄毛に関してでしょう。お医者さんでAGA治療が推奨されていたり、市販の育毛アイテムなども豊富に販売されていたりと、比較的解決に向けて努力しやすい環境にもあります。しかし、頭皮のかゆみについてはどうでしょう。この悩みを持つ方は多いものの、積極的に改善しようとしている方は意外と少ないのです。確かになんとなく軽視しがちな症状かもしれませんが、何も対策しなくても大丈夫なのでしょうか?

フケの原因と対策方法

頭の痒みを引き起こす元凶として名高いもの、それがフケです。また、かゆみよりも「フケ」の存在自体に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。毎日ちゃんと洗髪して清潔にしているつもりでも発生してしまうというのが厄介な点です。それに、どうしても肩にフケが乗っていたりすると不潔に見えてしまうのも困りものですよね。ではそのフケの発生にはどのような原因があるのでしょうか。主なものを3つ、その対策とともに取り上げていきます。

まず1つ目は、お肌の大敵でもある乾燥です。頭皮もお肌の一部ですので、やはり乾燥は大敵となります。ですが、日々浴びている紫外線や気候や気温によるものも大きいので、なかなか避けられない症状と言えるかもしれません。お肌と同様に紫外線対策を講じたり、例えば冷房のあたり過ぎによる乾燥対策を考えたりすることも重要です。その他、シャンプーによって乾燥が起こることもあるので、例えば保湿に特化したAGA対策用のへケア商品を使ってみるのもひとつの方法でしょう。

2つ目の原因として、ストレスが挙げられます。ストレス社会と言われる昨今、なかなか避けて通れない要因かもしれません。ストレスが溜まると体の免疫が落ち、それが肌の機能の低下につながりフケが発生しやすくなります。また、フケが気になり余計にストレスが溜まるという悪循環に陥ってしまうこともしばしばあります。なかなか難しいかもしれませんが、あまり考えすぎず前向きにフケ対策に取り組むことも必要です。

最後に3つ目ですが、雑菌によるフケの発生ということも考えられます。 主な物としてはマラセチア菌というカビの一種が挙げられるのですが、湿気と皮脂の多いところで繁殖しやすくなっています。まさに、人の頭にはマラセチア菌にとっての好条件が揃いやすい環境にあると言えます。例えば食生活の乱れや睡眠不足が頭皮の状態に悪影響を及ぼすことがあるので、まずは当たり前のようですが、健康的な生活を心がけることも大切です。頭皮に脂汚れを遺さないように丁寧に洗髪することも重要です。

シャンプー・コンディショナーによるもの

頭皮のかゆみの大きな要因のひとつとして、使用中のシャンプーやコンディショナーによるものだったということもよくあります。それらの種類、そして使い方という視点から考えていきます。まずは使用している製品自体が原因となってしまっている場合です。自身の頭や毛髪との相性が悪く、皮膚トラブルを起こしてしまっていることがあります。こういったケースでは、別のものに変えた途端に症状が治まることがよくあります。

大きく分けて、乾燥肌か油性肌でシャンプーやコンディショナーを選択することをおすすめします。例えば乾燥肌タイプの方が洗浄力の高い製品を使用すると、頭皮の機能を保つために必要な油脂まで落としてしまうことにつながります。そうすると皮膚が敏感な状態になり、少しの刺激にも耐えられず「かゆみ」を感じてしまうのです。

一方、脂性肌タイプの方は適度に皮脂汚れを洗い落とせるような製品を使用したほうが良いでしょう。肌を良い状態に保つために、バリア機能のある皮脂は必要不可欠ですが、逆に多すぎるとそれがまた頭皮トラブルにつながってしまうのです。特にAGA治療をしていたり、気を遣っていたりする方ならよくご存じでしょうが、過剰な皮脂分泌はフケやかゆみといった症状だけでなく、薄毛にもつながりやすくなるので注意したいところですね。

頭皮のトラブル対策といった面では、育毛アイテムとして販売されている製品を使用してみるのも良いでしょう。そして、使い方が原因となっている場合についてですが、よく聞かれる問題がすすぎ残しです。シャンプーはもちろんですが、意外とコンディショナーに関してはそのうるおい効果を期待してということなのか、十分に洗い流せていないことが多いようです。

毛穴にその成分が残ってしまうことで、汚れが詰まってしまい、さらにそれがかゆみという症状に現れてしまいます。また逆に、汚れを洗い流すためといって強く洗髪してしまうのも原因となり得る場合があります。しっかりと洗い流すことやマッサージすることは大切ですが、肌に傷がつかないように注意しましょう。

もしかしたら病気の可能性も

頭皮のかゆみが、実は病気によるものだっということもあります。病気といっても軽いものから重い症状のものまであり、その判断は難しいかもしれません。なので、たかが「かゆみ」だと軽視せずに、色々な対策をとっても改善されない場合には、一度病院で相談してみることをおすすめします。では、その病気とはどういったものなのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

最もかゆみが強く感じられるものと言えば、アタマジラミによる感染症です。「シラミ」というと、なんだか現代の日本とは縁遠いものと思われがちですが、意外とそうでもありません。特に幼稚園から小学校ぐらいまでの集団生活の中で、子どもが感染してしまうことが実際にあるようです。人から人へと移るという性質、そして子どもは汗をかきやすいということがその要因として挙げられます。ただし大人であっても、帽子をよくかぶる方や、例えば現場作業等でヘルメットの使いまわしをしている方などは要注意です。アタマジラミ対策専用のシャンプーで改善ができるようですが、まずは感染しないように気をつけましょう。

タオルや枕、帽子など直接頭に触れるものの他人との共用を避けたり、すぐに汗をふくなど頭皮を清潔に保つという対策をしておくことも重要です。そしてもうひとつ、脂漏性湿疹ということも頭皮のかゆみの原因として考えられます。これは、皮脂の過剰分泌によって湿疹が出るというものです。かゆさに関して言えばそれほど強いものではないようですが、気になるのは、それが薄毛の原因となり得るという点です。脂漏性湿疹への対策をせずに放置してしまうと、頭皮の脂っぽい匂いが気になってきたり、抜け毛が増えたりと、厄介な症状へとつながります。

その他、あせも、アトピー性皮膚炎、乾癬、かぶれといった肌トラブルや病気なども考えられます。このように、様々な病気の可能性もあることを考慮すると、やはり放っておくのは得策ではないでしょう。気になる症状がなかなか改善されない場合には、早めに皮膚科を訪れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

頭皮のかゆみについてまとめてみましたが、いかがでしたか。気になる部分などはありましたか?頭髪の悩みやトラブルの中でも、どうしても放置してしまいがちな症状だと思います。多少のかゆみなら誰でも経験することであり、すぐに気にならなくなる場合も多いからでしょう。ですが逆に言えば、非常に身近なトラブルとも考えられます。すぐに治まれば良いですが、例えば放置したことが薄毛につながってしまったり、そもそも病気が原因だったりするケースもあるので、まずは自身で可能な限り対策してみてくださいね。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください