勉強のし過ぎでハゲるのは本当?

勉強をすることはとても良いことです。知識を身につけることは非常に有益なことですし、学生さんは勉強をすることが仕事のようなものです。しかし、その勉強を一生懸命やりすぎてしまうことが髪の毛に悪い影響を与えてしまうということになると困ってしまいますよね。どういったことが原因となって髪の毛に影響を与えるのか、防止するために出来ることは何なのかなどについてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

実際に勉強のしすぎではげてしまった人がいる

勉強をし過ぎたことによって髪の毛が薄くなってしまいましたと言われても、にわかには信じることが出来ないかもしれません。そんなことはありえないと言いたくなってしまっても不思議ではありません。しかし、日本の事例ではありませんが、海外で実際に勉強をし過ぎて髪の毛が薄くなってしまったという人は存在するというのです。その方は強いストレスを感じ続けたことで髪の毛が抜けていってしまい、円形脱毛症になってしまったのです。

病院で検査を受けても明確な原因が分からず、特に薄毛の原因となる異常がありませんでした。唯一原因として考えられたものが、ストレスを感じ過ぎてしまったことによって血行不良になってしまったのではないかということでした。円形脱毛症の明確な原因というのは、現段階では解明されていませんので本当に過度のストレスを感じたことが髪の毛が抜けてしまった原因となっていたと言い切ることは決してできません。

ですが、それ以外に問題や以上は一切ありませんでしたので高い確率でストレスが円形脱毛症の原因であろうとされたのです。ストレスを強く感じ続けてしまうと、血の巡りが悪くなります。そうすると頭皮の血行も悪くなってしまい、髪の毛に必要な栄養分や酸素がきちんと届けられなくなってしまいます。髪の毛は頭皮から栄養分や酸素を供給してもらうしかそれらを得る方法がありません。

ですので、頭皮の血流が悪くなってしまうと髪の毛は栄養がなくなってしまい、弱っていってしまって最終的に抜け落ちていってしまうのです。知識を身につけたり、良い成績をとったり、良い学校に進学したりと勉強をすることは人生を豊かにするためにとても大切なことですし、必ず必要なことです。

ですが何事も適度に行うということが大切であるということは決して忘れてはいけません。自分のためになると思って努力して行っていたことが、自分にとって良くない影響を与えてしまうなんてことになってしまっては元も子もありません。そんなことにならないように、無理をしてストレスを溜め込んでしまうことの無いようにしましょう。

はげてしまう原因とは?

勉強をし過ぎたことによってはげてしまうのは、一体どのようなことが原因となっているのでしょうか?まず一番の原因となるのは過度なストレスです。多くの方は何かを学ぶということ自体にストレスを感じてしまいます。そして一生懸命やればやるほどそれが負担になってしまい、さらにストレスを感じてしまいます。ストレスを過度に感じることは自律神経の働きに支障をきたし、身体全体の不調と引き起こします。そして血流が悪くなり、頭皮の環境も悪化につながるのです。

頭皮の環境が悪くなると、上手く酸素や栄養を髪の毛に届けることが出来なくなってしまったり、髪の毛が健康に成長するための土台がきちんとした状態で保てなくなり、結果的に髪の毛の健康状態が悪くなって髪の毛が育たなくなってしまったり、抜け落ちていってしまいます。勉強に限らず、高いストレスを慢性的に感じるような職業の人であったり、一時的であったとしても過度なストレスを感じる人が円形脱毛症になってしまったという事例が多いことからも、ストレスは髪の毛に良くない影響を与えてしまうということが良く分かります。

また、ストレスがたまると良く眠ることが出来なくなります。そして勉強を一生懸命行う人にありがちなのが、集中するあまり睡眠時間を削ってしまったり、きちんとした食事を摂らなくなってしまうということです。前に述べたように、睡眠不足は髪の毛の成長には非常に悪い影響を与えます。そして髪の毛も細胞の一部ですので、充分な栄養を摂取しなければ健康な状態を保つことが出来ません。

髪の毛の健康の為にはタンパク質が非常に重要で、それは本来食事からバランスよく摂取するものです。きちんとした食事をとらないと、必要な栄養素を摂取することが出来ずに、必要な栄養素が髪の毛のまで行き渡りませんので、もちろん髪の毛の状態は悪くなっていってしまいます。

防止するには効果的な息抜きと生活習慣見直しが必要

ではもしはげてしまったら、ストレスを軽減したり、環境を改善するために勉強をすることを止めれば良いのかというとそうではありません。そして止めれば良いといっても学生さんのように止めることが出来ない環境の人も多くいらっしゃいます。では一体、どのように髪の毛が薄くなることを防止したり改善していけば良いのでしょうか?

まず大切なことは、適度にストレスを発散することです。もちろん一生懸命時間を費やして学ぶことはとても大切なことです。ですが、ストレスを感じるほどやっても意味はありません。少しやりたくないと思ったら少し音楽を聴いてみたり、お風呂に入ってみたり、好きな本を読んだり、友人と電話をしたりと何でも良いので少し自分の好きなことや気分転換になることをしてみたりして根を詰めすぎないようにします。

受験生や、試験の日程が詰まっていたりすると休憩時間をとることを惜しんで学ぼうとしてしまう人が多いですが、それでストレスをためすぎてしまったり、体調を崩してしまっては大変です。少し気持ちに余裕を持って行うことで、より良い結果に結びつくこともあります。そして、質の良い充分は睡眠をとることもとても大切です。

睡眠をきちんと取ることは、身体の疲れが取れるだけではなく心の疲れも取れてストレスの解消にも繋がると言われています。一生懸命やる人ほど睡眠時間を長くは取らない傾向にありますが、最低でも6時間、可能であれば7時間程度は眠るようにしましょう。それでも睡眠に時間を割きたくない!という人は短い時間のなかでいかに質の良い睡眠をとるかということにこだわるのも良いです。

よく眠ることが出来るように証明や寝具、音楽や香りを工夫してぐっすりと深い眠りにつけるようにします。寝る前に神経を刺激してしまわないように、ベッドに入る30分前からはテレビやスマートフォン、パソコンの画面などは見ないようにしましょう。そして適度に身体を動かすこともおすすめです。気分転換を兼ねて少し外を歩いてみたり、自転車で出かけてみるのも良いです。そこまでしなくても、少しストレッチをしたりするだけでも血行を良くすることが出来ます。

まとめ

勉強を一生懸命行うことと、髪の毛が薄くなってしまうことには直接的な原因はありません。ですが、一生懸命学ぶという行為の度が過ぎてしまい、過剰なストレスを感じるようになってしまったとしたら話は別です。過度なストレスは、自律神経を狂わせてしまったり、血行を悪くしてしまったりと全身的な不調の原因となります。それはもちろん髪の毛の健康状態にも影響を与えてしまいます。勉強をすることはもちろん素晴らしいことですが、どんなことでも適度に行うことも大切であるということを忘れてはいけません。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください