薄毛女性にサプリメントは育毛効果があるのか?

毛髪が抜け落ちることで薄毛になってしまうのは男性に限ったことではありません。女性にも起こり得る現象です。男性と違い、見た目などにも大きく変化が現れるので気にする方も多いと思います。なぜ毛が抜けやすくなってしまうのか、対処法はあるのか、などをひとつずつひも解いていきたいと思います。是非参考にしてみてください。

薄毛の原因はエストゲンの減少

男性の薄毛には、男性ホルモンの過剰生成により、頭皮の皮脂分泌が大量に増えることで毛が抜け落ちてしまうメカニズムを説明してきました。女性のメカニズムもホルモンがおおいに関与しています。そのホルモンの名前は「エストロゲン」と言い、女性の身体や心には欠かせないホルモンとなります。一体エストロゲンとはどんなホルモンなのか、そこから紹介していきましょう。

人間の体内では確認されているだけでも数十種類のホルモンが生成されていると言います。ホルモンとは、どこかの臓器や組織で生成されて、身体の機能や精神状態を正常に保てるような働きかけをするのが主な仕事です。エストロゲンは、まず脳の視床下部がから下垂体部分を刺激するホルモンが分泌され、下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌されます。そのホルモンが卵巣を反応し分泌されるのがエストロゲンです。少しややこしいですが、卵巣に眠っているこれから排卵するであろう卵胞を成長させる役割を持っているのです。

そのホルモンがなぜ薄毛と関係しているのか、ここまでの説明ではまだピンと来ない方も多いでしょう。女性には生理周期というものがあります。生理が始まった1週間後くらいから卵胞期と呼ばれるエストロゲン分泌が増える時期が到来し、排卵期を迎えます。排卵が終わると黄体期というプロゲステロンというまた別なホルモンが分泌される時期になり、やがて生理が始まる、というのが約1ヶ月に訪れる周期です。エストロゲンが正しく分泌されないと生理周期が乱れてしまうことになります。それだけではありません。エストロゲンには様々な作用があるのです。女らしい体付きをサポートしたり、自律神経を整えて精神状態を安定させてくれる効果もあります。また、潤いのある肌やツヤのある頭髪を成長させ保つ役割を持っているのもエストロゲンなのです。大げさに言ってしまえば、エストロゲンが減少すれば女性らしさも減少してしまうと言っても過言ではないくらい、大切なホルモンなのです。残念なことにエストロゲンは閉経が近づくにつれて減少してしまうのが現実です。

育毛に良いとされるサプリとその効果

男性の薄毛とは多少の違いはありますが、こんな自覚症状があれば女性でも毛髪に気を付ける必要があります。まずはいつもより抜毛が増えたと感じる場合です。シャンプーやブラッシング時、もしくは朝起きて枕に大量の抜毛が付いているなど、ちょっとでも思い当たる方は注意が必要です。見た目で何となく髪にボリュームがなくなったり、前髪辺りが薄く見える場合も同様です。他にも、前よりも髪や頭皮がべたつくようになったり、痒みやフケが気になるようになった方も注意が必要です。

年齢とともにエストロゲンが減ってしまうのであれば防ぎようがない、と思う方も多いと思いますが、今は薄毛に有効的なサプリメントなども増えてきています。もちろん食事から必要な成分を摂取することも可能ですが、忙しい方には手軽に摂取できるサプリメントがおすすめです。

ではどんな成分を気にしながら摂取すればいいのでしょうか。まずは男性の薄毛でも紹介した亜鉛成分が含まれたサプリです。亜鉛は毛髪の成分であるたんぱく質を生成する効果が期待できます。またはエストロゲンと似た作用を発揮してくれると言われているイソフラボン成分が多いものもおすすめです。豆乳や納豆などの大豆食品からもイソフラボンは摂取できます。他にも葉酸やプラセンタ、コラーゲンやマルチビタミンなどの成分もおすすめです。

しかし、やはりサプリメントだけに頼っているだけでは効果が十分に出ない場合もあります。生活習慣の乱れやストレスなどは男性同様に毛髪にとっては大敵です。最近は女性の社会進出も大いに進んでいますし、家事や育児で悩んでいる方も多いと思います。なかなかストレスを避けて生活することは難しいかもしれません。さらに、自分だけの時間をゆっくり取れる方も減ってきているでしょう。そうなると、自分のことは二の次で栄養の偏った食生活になってしまったり、睡眠時間が短くなってしまったり、ストレス解消として暴飲暴食に走ってしまう方もいるかもしれません。心当たりがある方はまず自分の生活習慣を見直し、規則正しい生活を心掛けることも大切です。

髪の成長を運ぶのは血液!

毛髪に限ったことではありませんが、体内へ栄養を行き届かせるためになくてはならない組織が血管です。血管を流れる血液が酸素や栄養分を隅々まで届ける役割を持っています。主に、動脈が栄養分を運ぶ役割を持っており、静脈とリンパ管が不要となった老廃物や二酸化炭素を体外へ排出する役割を持っています。そのどちらも正常に機能することが健康と美容の秘訣でもありますが、ここでは動脈が持つ役割について詳しく紹介したいと思います。

体内には頭の先から足先まで、細かい血管がたくさん張り巡らされています。特に頭皮や指先などの皮膚が薄い部分には毛細血管と呼ばれる細い血管が巡っています。そして、頭皮にある毛根へ栄養分を運んでくれているのも毛細血管を流れている血液なのです。ところが、毛細血管があるところに全て血液が正常に流れているとは限りません。血液がサラサラと問題なく流れてくれるには、やはり日々の生活習慣や食生活などが大きく関わってきます。毛根を健康にするには、健康な血液と血流の促進が必要です。

ストレスが多い現代社会では、女性の喫煙者も少なくはありません。男性にももちろん言えることですが、タバコは薄毛にとって最も良くない嗜好品だと言えます。その理由は、タバコに含まれるニコチンという成分にあります。ニコチンは血管を収縮させるために、血行を悪くする作用があります。他にもタバコには有害物質が含まれていますので、大量に吸っている方は少しずつでも減らしていくことをおすすめします。また、過剰なアルコール摂取もおすすめはできません。アルコールは少量であれば体に良い効果があるとされていますが、毎日過剰な量を摂取し続けると、主に肝機能の低下や他の臓器へも悪影響を及ぼします。

毛根を健康に保つためには身体全体の健康に気を配る必要があります。他にもウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動や、軽い筋トレなどの運動も血行促進効果がありますし、生活習慣改善、新陳代謝の向上など健康への近道となります。まずは頭皮と毛根に十分な栄養を運ぶ、という認識で血液をキレイにすることと血行を良くすることを意識してみましょう。

まとめ

男性の薄毛は主に頭部の中心部から始まり、次第に拡がって毛が抜け落ちますが、耳の後ろやうなじ上部あたりの毛は残ることが多く見られます。ですが女性の薄毛は全体的に抜け落ちてしまうため、全体的な髪のボリュームが減ってしまうという傾向にあります。決して防げないというわけではありません。有効的なサプリ摂取と同時に、育毛に良いとされることは積極的に実践するように自身で努力するようにしましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る