女性の薄毛の原因とその対策方法とは?

AGAという呼び方は男性特有の薄毛にしか使われないということをご存知でしょうか。しかし、髪の毛の抜け毛や薄毛で悩んでいるのは男性だけではありません。女性の中にも髪の毛が薄くなってしまう人はおり、薄毛に男女差はないと言えます。AGAとの違いを知るとともに、正しい対策法を一緒に学んでいきましょう。

女性の薄毛になる原因とAGAの違いは?

まずはAGAについて少しだけおさらいをしてみましょう。AGAの正式名称は「男性型脱毛症」と言い、男性ホルモンの影響によって髪の毛が薄くなってしまった男性に対して使われる症状名です。抜け毛は男性ホルモンの一つである成長ホルモンが、別のホルモンへと変わることにより、頭皮の皮脂分泌が過剰になって引き起こされます。抜ける箇所にも特徴があり、頭頂部や前頭部が薄くなるのに対して、耳の後ろあたりの後頭部分の髪の毛は残っているのが一般的です。

では女性の場合はなぜ薄くなってしまうのでしょうか。女の人の薄毛の原因も様々なものがありますが、一番多いのは更年期を原因とする抜け毛です。こちらをFAGA「女性男性型脱毛症」と呼んでいます。FAGAもホルモンバランスが崩れることで発症する脱毛症です。女の人は、思春期頃を境に初潮を迎え、30年から40年程度は月経に付きあっていかなければなりません。

月経は月に一度訪れますが、その一ヶ月の間に女の人の体内では二つのホルモンが交互に分泌されます。月経直後から排卵前までに分泌されるホルモンをエストロゲンと言い、排卵後から月経直前までに分泌されるホルモンをプロゲステロンと言います。エストロゲンは女の人にとっては嬉しいことが盛りだくさんのホルモンで、肌や髪の毛のツヤを保ったり女性らしい身体つきを維持する役割を持っていると言われており、エストロゲンが分泌されている時期はダイエットにも有効的だとも言われています。

それに対してプロゲステロンは排卵や妊娠を助けるホルモンです。大切なホルモンではありますが、精神的に落ち込んだりイライラしやすくなったり、肌や頭皮がべたつきやすくなるなどの症状が表れます。更年期が近くなるにつれてエストロゲンの分泌量がだんだん減ってきてしまい、月経が完全に終了すると同時にエストロゲンもほぼなくなってしまいます。エストロゲンが減ることで髪のボリュームやツヤはなくなり次第に抜け落ちてしまいます。こうした仕組みから、FAGAの原因はエストロゲンの減少が原因していると言えます。

女性にみられる脱毛の症状

ではFAGAになってしまった場合、具体的にはどのような症状が出てくるのでしょうか。男性は頭頂部を中心に抜け落ちていくのに対して、女性の場合は部分的ではなく広範囲にわたって薄くなってしまうのが特徴です。また、男性のように完全に抜け落ちて頭皮が丸見えの状態になる人はあまり見受けられません。全体的に髪がぺしゃんと落ち着いてしまうような感じです。しかし、FAGA以外の原因で脱毛してしまうこともあるので、もし抜け毛で悩んでいる方がいれば自分はどのタイプの脱毛症なのかを知る必要があります。

まずはダイエットなどによって食生活を変えたことで、栄養が偏ってしまうことによって引き起こる脱毛症もあります。髪およびその周辺の代謝が低下していることが原因となります。他には、若い頃にカラーリングやパーマをかけすぎたことによって、頭皮が炎症したりかぶれている状態を放置した結果、髪が大量に抜けてしまうこともありますし、過度なストレスによって円形脱毛症を引き起こしてしまうこともあります。また、妊娠中、出産後に抜け毛が増えるという方も多くいます。こちらも妊娠、出産という過程で分泌されるホルモンバランスの変化や、鉄分などの栄養素が不足することからよく見られる現象です。

更年期によるものなのか、それとも食生活などの乱れによるものなのか、過度なストレスを日々抱えているからなのか、もしくは細菌妊娠や出産を経験したからなのか、まずは自分の脱毛の原因を正しく知ることが大切です。特に、ストレスを慢性的に抱えていて且つ深刻化している人は、自分がストレスを抱えていることに気付かないものです。円形脱毛症は名前の通り、丸く部分的に髪の毛が抜け落ちるのでFAGAの抜け方とは明らかに違います。もし円形になっている抜け毛部分を見つけたら、まずはご自身のストレスを認識することが大切です。

もし薄毛に気が付いたら、慌てずにそれぞれの脱毛への対策と治療法などについて知ることから始めましょう。その方法については、次項から説明したいと思います。

女性の薄毛の治療と対策

女性の薄毛に対して、どのような対策、治療をしていけばいいのかを調べてみましょう。まずは一番多いFAGAですが、更年期の症状の表れ方やエストロゲンの減少する過程には個人差があることは必ず覚えておきましょう。極端なことを言いますと、更年期になってすぐに髪の毛だけではなく肌全体がたるんでしまったり、体つきも変化して一気に老けこんでしまう方と、年相応には見えても健康的な外見をキープできている方とに分かれてくるのです。その差が出てしまう理由はどこにあるのでしょうか。

その理由としてもともとの体質や遺伝要素も考えられますが、普段からの生活習慣が大きな原因だと考えられます。若い頃から暴飲暴食はせずに野菜やお肉、魚などのメニューをバランスよく摂り、適度な運動と質の良い睡眠を心掛けてきたような生活を送ってきた人と、普段からお酒やタバコなどの嗜好品を好み、食事は好きなものだけを食べ続け運動は全くしてこなかった生活を送ってきたような人とでは、将来的に必ず差が出ます。さらに後者は生活習慣病などの疾患にかかるリスクも増えるでしょう。乱れた生活はFAGAを早める結果となります。心配な方は、まずは食生活などの改善から始めてみると良いでしょう。

また、最近は育毛に良いと言われるサプリメントや育毛剤なども市販で売られています。そういったものを日常生活に取り入れてもいいでしょうし、シャンプー前の頭皮マッサージを習慣化させることもおすすめです。自分に合う治療法でなるべく早く治したいと思っている方は、専門のクリニックに相談してみてもいいでしょう。脱毛全般の原因を調べてくれるでしょうし、それぞれに見合った治療法を提案してくれるはずです。

女性であっても最近はクリニックを利用しながら治療している方が増えていますので、まずは軽い気持ちで一度訪れてみてください。男性のAGAとも共通していることですが、生活習慣の乱れやストレスなどが原因となっていることがあります。まずは規則正しい生活を送ることから初めてみましょう。

まとめ

薄毛は男性特有のものではなく、女性でも十分にあり得ることです。まずは自分の薄毛の原因を正しく知ることで適切な改善法、対策法、治療法が見つかるはずです。抜け毛が増えたことにショックを受けて、くよくよ悩んだりそのことばかり気にして生活してしまうのは、大きなストレスとなり髪にも頭皮にも負荷を掛けてしまいます。誰でもなる可能性がある症状だと割り切って、悩む前にまず自分でできることから始めてみましょう。一人で抱え込まず、同じ悩みを持つ人に相談してみるのも良いかもしれません。

この記事をシェアする
TOPへ戻る