最近話題のAGA治療って結局のところ若ハゲに効果あるの?

ネットで「若ハゲ」で検索してみるとAGA治療のページがたくさん出てきます。治ったという声がある一方、治らなかったという声もあります。どちらが本当なのでしょうか?結論を先に行ってしまうと「治るハゲ」と「治らないハゲ」があるのです。

治るハゲの代表的なものが遺伝によるハゲです。意外に思われるかもしれませんが、遺伝的なハゲには治療法が確立されているのです。他の原因のハゲでも治療開始が早ければ治りやすいので、生え際が気になったら直ぐにお医者様に掛かりましょう。

まずは原因分析から始めよう

若ハゲの主な原因をいくつかご紹介すると、遺伝・生活習慣・ストレス・頭皮環境の異常、などが挙げられます。他にも色々原因はありますが、基本的に早期発見されたハゲはAGA治療の効果が高まる傾向にあります。

特に遺伝による若ハゲの場合、ハゲる原因は「男性ホルモンの過剰分泌」が原因です。この「男性ホルモンの過剰分泌」を抑制する薬はすでに開発されているので、遺伝などで男性ホルモンの過剰分泌が原因となったハゲは治しやすいのです。とはいえ自分のハゲの原因が何なのかはお医者様に掛からないと判りませんので、取り敢えずはお医者様に診断してもらう事が必要です。

実は若ハゲの方が治療効果が高い

なぜ若ハゲの方が治療効果が高いのか、それは髪を生やす「毛母細胞」が元気だからです。毛母細胞が元気だと薬の効果も高まりますし、少ない薬でも元気な髪をまた作れるように治療する事が出来ます。

人間の身体は20前後に成長のピークを迎えると言われています。成長のピークとは即ち、細胞の活動が最も活発な時期でもあります。その後年齢を重ねる毎に徐々に細胞の活動は衰えていきます。そのため、若ハゲの治療でも細胞が元気に活動している20代の方が年配の方の治療に比べて効果が出やすいのです。

さらに若いうちにハゲの治療を開始すれば、ハゲがあまり進行していない内に治す事が出来るのでハゲを治しやすいのです。年齢を経てしまうとハゲも進行してしまっているので、完治させるのに時間とお金が多くかかってしまうのです。最悪なのは毛母細胞が死滅してしまったハゲは治療できません。カツラや植毛といった「ハゲを隠す手段」しか取る事が出来ませんので、早めの治療が大事という事が判っていただけると思います。

若ハゲに効果的なAGA治療法教えます!

若ハゲに一番効果的なAGA治療は「早く治療を始める」です。繰り返しますが毛母細胞が死滅してしまえば、そのハゲは治す事が出来なくなります。つまり毛母細胞が死滅する前にいかに早く治療を始められるかが鍵になるのです。

一般的なAGA治療には男性ホルモンを抑える薬を使用する治療法と毛母細胞の成長を促す成長因子を頭皮に注入するという治療法があります。大まかに分類すると前者は「ハゲを抑えるための治療」であり、後者は「髪を増やすための治療」であるといえます。どちらの方法で治療するかはお医者様の判断に従っていただきたいですが、基本的には早いうちに治療を開始すると薬を使った治療だけでハゲを治す事が出来ます。

さらに早いうちから治療を開始すれば、どちらの方法でも治す部分が少なくて済みます。そのため費用と時間の節約になりますので、まずは早めにハゲを発見して治療する事が重要なのです。

まとめ

AGA治療の効果についてはネットなどで多くの情報が掲載されており、成功例と失敗例どちらもたくさん例示されています。失敗例を分析してみるとその多くが「治療開始が遅すぎた」事が大きな原因であると思われますので、早期の治療開始が、いかに大事かがわかります。

若ハゲになったけどそのうち治ると考えて特に治療せずに後で後悔したという話もネットで検索すればたくさん出てきますので、その二の舞にならないように気を付けて早めの治療を心掛けましょう。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください