AGA治療関連トピックス

  • AGAとは?

    AGAという言葉を聞いたことがありますか。近頃はテレビコマーシャルの効果もあり、AGAや治療についても少しずつ浸透しているよう...

  • AGA治療を行える場所は?

    AGA治療を始めるなら、できるだけ効果の高い治療を受けたいですね。AGAは病院で治療ができる症状であり、専門外来を開設している...

  • AGA治療の種類と注意点とは?

    いざAGA治療を受けようとクリニックや育毛サロンを探し始めると、どのような治療方法があるのか、どこで治療を受けるべきか悩み...

AGA治療の効果が表れる平均的な期間と費用は

AGA治療は病院で相談し治療できるとはいえ、自由診療で保険は適用されません。また自分の納得できる効果が得られるまでには、ある程度の期間とお金がかかることを覚悟しなければなりません。治療を始めるにしても、市販の育毛剤から専用クリニックでの徹底した治療まであります。費用と効果は必ずしも比例しませんが、時間とお金をかけて行う治療ですから、効果が出るまでの費用や期間について知っておきましょう。

AGA治療で薄毛に効果がある理由とは?

AGAの治療を始めようとした場合、いろいろな選択肢があることをお伝えしてきました。市販の育毛剤は手軽に始められ、クリニックや外来よりも費用もかかりません。それではクリニックや病院で受ける治療は市販の育毛剤のみを使う場合に比べて効果が高いのでしょうか。まず前提として、AGAは頭皮や皮膚の問題ではなく、男性ホルモンが関係しています。その為、頭皮ケアだけではある程度進行したAGAには効果が得にくいのです。

一方医療機関の場合、初めにきちんとAGAであるか否かを診断してもらい、適切な薬の処方と生活習慣改善のアドバイスなど包括的な治療を受けられます。また一般的な市販の育毛剤などは頭皮のごく表面にしか薬剤が届きません。しかし専用クリニックで受けられるメソセラピーでは特殊なコームのような器具を使い、毛根まで薬剤を浸透させます。このように、発毛に特化しさまざまなアプローチで治療を受けられるのがクリニックの強みです。

AGA治療の効果が表れるまでの平均的な費用は?

AGAの治療を開始するにあたり、もっとも気になることのひとつに費用があります。AGAは自由診療のため 保険が適用されませんので、診療も薬も自己負担となります。効果を実感するまでにどのくらいの費用が必要か知っておきたいですね。費用は皮膚科などの一般病院と専用クリニックで変わりますが、効果の実感に早い人では3から6か月程度かかります。

皮膚科では初診で1万円程度、その後は3か月に1回程度の受診で効果を見ていきますので、早い人では約3万円程度で効果を実感できるでしょう。しかし一般的には6か月から1年程度治療を継続しますので5から6万円ほどは必要です。

一方、専用クリニックで治療する場合はもっと高額になります。診察も毎月あり、受診料は15000円程必要です。中には30000円程必要になる場合もありますので、早い人でも6万円から10万円程必要です。皮膚科に比べ、発毛効果は高いと言われていますが、費用と効果は比例するものではありませんので自分にあった治療法を選ばなければなりません。

AGA治療の効果が表れる平均的な期間は?

AGA治療を検討している人は、大体どれくらい治療を続ければ効果が現れるか気になりますよね。治療内容によっては費用も高額になりますので、平均的な治療期間を知っておきたいものです。実際には個人差があるため一概には言えないのですが一般的には、まず半年程度は治療を続けた方がよさそうです。多くの病院でもAGAの治療は6か月は継続するよう進めています。

その上で大体の目安として、年齢の若い人やAGAがあまり進行していない人は、効果が出やすく、中には3か月で目に見える効果が現れる人もいます。逆に高齢であったりAGAが進行している人は、毛根そのものが死んでいる可能性が高く効果が現れるまでに時間がかかるようです。

まずは3か月を目処に治療を始め、次に6か月、さらに次に1年というスパンで治療を続けていきましょう。6か月を1つの目安として治療スケジュールを立てる病院もあるので、定期的に効果を判定しながら治療方針を検討しましょう。

AGAに効果的な治療法を比較

AGA治療の基本は飲み薬や塗り薬です。使われている薬は医師の処方箋が必要です。そのため、市販の育毛剤やサプリに比べて効果が期待できます。以下にAGA治療に効果がある薬をご紹介しています。なお副作用ですが、どんな薬でも3割程度発症するため、AGA治療薬だけ特別発症率が高いというわけではないです。

AGA治療薬の比較表1

名前プロペシアプロペシア
(ジェネリック)
ザガーロアボルブ
種類飲み薬
(錠剤)
飲み薬
(錠剤)
飲み薬
(カプセル)
飲み薬
(カプセル)
価格6000円~7000円4500円~6000円8000円~15000円7000円~9000円
用量0.2mg
1mg
0.2mg
1mg
0.1mg
0.5mg
0.5mg
服用の仕方1日1回/1錠1日1回/1錠1日1回/1錠1日1回/0.5mg
AGA治療に
有効な成分
フィナステリドフィナステリドデュタステリドデュタステリド
具体的な効果AGA症状の改善
脱毛酵素(Ⅱ型)の5αリダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制
AGA症状の改善
脱毛酵素(Ⅱ型)の5αリダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制
AGA症状の改善
脱毛酵素(Ⅰ・Ⅱ型)の5αリダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制
AGA症状の改善
脱毛酵素(Ⅰ・Ⅱ型)の5αリダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制
AGA治療の効果が出始める期間6ヶ月~1年程度6ヶ月~1年程度6ヶ月~1年程度6ヶ月~1年程度
副作用の発症率2%以下2%以下17%以下17%以下
副作用の症状性欲減退
勃起機能不全
食欲減退
乳房障害
抑うつ症状
下痢や腹痛、頭痛 など
性欲減退
勃起機能不全
食欲減退
乳房障害
抑うつ症状
下痢や腹痛、頭痛 など
性欲減退
勃起機能不全
精液量減少
肝機能障害 など
性欲減退
勃起機能不全
精液量減少
肝機能障害 など
注意点妊娠中や授乳中の女性が服用すると、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響が出る可能性あり
未成年の場合は、安全性が確立されていないため服用禁止
妊娠中や授乳中の女性が服用すると、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響が出る可能性あり
未成年の場合は、安全性が確立されていないため服用禁止
妊娠中や授乳中の女性が服用すると、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響が出る可能性あり
未成年の場合は、安全性が確立されていないため服用禁止
妊娠中や授乳中の女性が服用すると、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響が出る可能性あり
未成年の場合は、安全性が確立されていないため服用禁止

AGA治療薬の比較表2

名前ミノキシジルタブレットロゲインアロビックスミノキシジル
種類飲み薬
(錠剤)
塗り薬塗り薬飲み薬
塗り薬
価格8000~10000円4000~9000円1200~1500円内服薬:8000円
外用薬:5500円
用量2.5mg
5mg
10mg
60ml30ml内服薬:5mg
外用薬6%
服用の仕方1日2回(朝・晩)/2.5mg1日2回(朝・晩)/1ml1日2~3回適量を患部に塗布内服薬:1日1回/1錠
外用薬:1日2回患部に塗布
AGA治療に
有効な成分
ミノキシジルミノキシジルカルプロニウム塩化物ミノキシジル
具体的な効果AGA症状の改善
毛乳頭細胞に働きかけアデノシンを分泌させ、発毛を促進
AGA症状の改善
毛乳頭細胞に働きかけアデノシンを分泌させ、発毛を促進
血行促進
自律神経を刺激して、育毛効果を高める
AGA症状の改善
毛乳頭細胞に働きかけアデノシンを分泌させ、発毛を促進
AGA治療の効果が出始める期間4ヶ月~1年程度3ヶ月~1年程度不明6ヶ月~1年程度
副作用の発症率3~8%程度8%程度3.5%程度8%程度
副作用の症状かゆみ
脱毛
発熱
吐き気
動悸
頭痛 など
かゆみ
発疹
蕁麻疹
めまい
動悸
皮膚炎 など
発汗
悪寒
刺激症状
かゆみ
接触皮膚炎 など
頭皮のかゆみや炎症
血圧低下
心拍数の増加
頭痛やめまい
体重増加
手足のむくみ など
注意点低血圧、循環器系に持病がある、人工透析を受けている、未成年は使用禁止18歳未満は使用禁止、頭皮に炎症・外傷がある、低血圧、不整脈の方は使用禁止65歳以上の高齢者は使用に注意すること二十歳未満の服用は認められていない
外用薬は日焼けした頭皮への塗布すると副作用が強く出る可能性がある
薬の同時服用は避け、4~6時間開けること

髪の毛が薄くなる原因について

最近髪の毛が薄くなってきた、シャンプーをしていても抜け毛がいつもより多い気がする。。など髪の毛が薄くなった場合、なぜ薄くなったのかどうすれば元の状態に戻るのか気になる方はいるかと思います。今回は、髪の毛が薄くなる理由や効果的な治療方法などをご紹介します。

髪にはヘアサイクルがある

髪の毛には1本1本寿命があり、髪の毛が生えてそれが成長して伸びて、やがて成長が止まり、髪の毛が抜けていきます。髪の毛にはヘアサイクルがあり、成長期、退行期、休止期があります。成長期は、文字通り髪の毛が伸びます。この成長期が一番長く通常2~6年間続きます。

成長期にも3段階あり、最初の成長期では髪の毛が生まれる段階で、古い髪の毛が細胞から離れると同時に毛母細胞(毛乳頭から栄養や酸素を受け取り髪の毛を作る細胞)が分裂し、新しい髪の毛を作ります。 次の成長期では、新しい髪の毛が成長し、古い髪の毛を外に押し出そうとします。この段階では古い髪の毛はシャンプー等で簡単に抜けます。最後の成長期では、新しい髪の毛が太く長く成長します。

退行期は、毛母細胞が寿命を迎え、細胞分裂しなくなり、髪の成長も止まります。完全に成長が止まるまでおおよそ2~3週間で、髪の毛の1%程がこの退行期にあると言われています。

休止期では、毛母細胞の細胞分裂が完全に停止し、脱毛が始まります。抜けた部分の奥の方では、また新しい髪の毛が生える準備が始まります。この期間は大体2~3か月ほどです。

髪が薄くなる・抜けやすくなる理由

髪の毛が薄くなる・抜けやすくなる理由は主に4つあります。一つ一つ見ていきたいと思います。ただ、いずれも前述した髪のサイクルが正常でないことが原因の可能性が高いため、何をどう改善していけばいいのか、解説していきます。

なお髪の毛は、10万本あると言われ、一日におよそ100本ほど抜けると言われています。生えてくる髪の毛も同じくらいありますので、一概に髪の毛が沢山抜けたからと言って、薄毛で悩む必要はないです。

血行不良

先ほどの髪のヘアサイクルの項目でも述べましたが、髪を作るためには、毛乳頭にある毛細血管から栄養や酸素を補給する必要があります。

血流が悪くなると、頭皮の筋肉が弱くなったり、毛細血管から栄養が十分に得られなくなったりするため、結果として髪の毛が抜けやすくなります。

男性ホルモン由来の物質「テストステロン」

男性ホルモンの1種「テストステロン」が酵素の働きによって、「ジヒドロテストステロン」に変わると、毛乳頭細胞の受容体に取り込まれ、発毛に関わる毛乳頭を委縮させ、毛母細胞の成長を抑制してしまいます。 そうなると、ヘアサイクルの成長期が短くなり、細く短い毛しか生えなくなります。

また、細く短い毛ですので抜けやすくもなります。これが原因となる薄毛は男性型脱毛症と呼ばれ、別名AGAとも呼ばれます。
AGAの原因ですが、ストレスや食事、生活習慣も関わってくると言われています。またAGAは進行形の脱毛症であるため、自然回復する可能性が低いので治療する必要があります。
また、FAGAと呼ばれるAGAの女性バージョンがあります。女性ホルモンに「エストロゲン」がありますが、このホルモンは、髪の毛の成長を促したり、成長期を長く持続させる役割があります。

またエストロゲンがコラーゲンの生成を促すので、髪にハリやコシが生まれます。FAGAは加齢に伴い女性ホルモンのエストロゲンが減少し、相対的に男性ホルモンが増加します。
なおFAGAの特徴として、AGAは頭頂部や生え際で起こるのに対し、FAGAは髪の毛全体が薄くなってしまいます。


脂漏性皮膚炎

ストレスが溜まると、「マセラチア菌」が増殖します。マセラチア菌が増殖すると、皮膚炎の原因となる遊離脂肪酸となって肌を刺激します。肌が刺激されることで炎症が発生し、そのまま放置すると、毛穴にダメージを与え薄毛や抜け毛の原因になります。

こちらは皮膚炎によるものですので、皮膚炎が収まれば自然と薄毛や抜け毛に悩まされることはなくなるので、早めに皮膚科に行って治療してもらいましょう。

紫外線

紫外線に当たると髪の毛に含まれる水分が失われ、抜けやすくなります。また髪の毛は自己修復能力がないため、一度受けたダメージはそのまま残ってしまいます。

薄毛の種類と主な原因

前項までで、薄毛の原因について解説しました。ここでは、薄毛や脱毛症の種類やその原因について解説します。

AGAの場合

AGAは、主に男性ホルモンによって引き起こされますが、AGAの中でもどこから髪の毛が薄くなるのかによってタイプが異なります。

なお、AGAの発症の兆候としては、頭皮や顔が脂っぽい、毛が細く柔らかい、細くて短い抜け毛が目立つ、といったことが挙げられます。

頭頂部が薄くなる場合

頭頂部から薄くなるタイプはストレスによって生え変わるサイクルが崩れていることが多いです。

生え際から薄くなる場合

おでこは構造上血流が滞りやすいと言われています。加えて、デスクワークによる眼精疲労の蓄積によって頭皮の筋肉が緊張し、血流が悪くなり薄毛の原因になってしまいます。

耳まわりから薄くなる場合

耳まわりから薄くなる場合、首や肩こりが原因と言われています。そのため首や肩の血流を良くしましょう。

全体的に薄くなる場合

全体的に髪の毛が薄くなっている場合は、腎臓の機能が低下していると言われています。腎臓の機能が低下すると全身の血行が悪化し、髪の毛が抜けやすくなります。

円形脱毛症の場合

円形脱毛症は、その名の通り円形に髪の毛が抜けます。頭全体の毛が抜けることもがありますが、原因としてはストレスや頭部の怪我が考えられます。年齢問わず発症し、病気や出産時にも発症することがあるようです。


びまん性脱毛

びまんとは広範囲にわたるという意味で、びまん性脱毛は、髪の毛が全体的に薄くなっていくことです。びまん性脱毛は、女性に多く起こると言われております。

原因としては、更年期によるホルモンバランスの乱れ、過剰なダイエットよる栄養不足、睡眠不足やストレスが挙げられます。 そのため、原因となるストレスや栄養不足の解消、頭皮マッサージをして血流を良くしましょう。


以上が、薄毛の種類と主な原因です。円形脱毛やびまん性脱毛は原因となるものを解消すると、薄毛が解消されますがAGAは治療しないと進行は防げません。次の項目ではAGAに効果的な治療方法をご紹介します。

まとめ

薄毛が進行している場合、AGA治療薬では効果がでないこともあります。そのため、気になる方は、植毛やウィッグも選択肢に入れましょう。

また、薄毛を過剰に気にしないことも大切です。研究結果で、薄毛に悩んでいる人の中でも、比較的気にしていない人と過剰に気にしている人を比較すると、比較的気にしていない人の方が毛量が多かったという報告があります。

最新のAGA治療法をチェックしよう

最新のAGA治療は痛みが少ない、副作用の心配がなく短時間で治療が済むというように治療中の体への負担の軽減だけではなく、自然な毛髪で生え続ける、または発毛と育毛を短時間で実感できる理想的な治療法があります。昔では諦めていたAGAの症例でも、最新の治療法なら取り戻せるのです。

個人差はありますがほとんどの人に効果があるとされている自毛植毛のドナーストリップ法と、副作用がなく女性にもお勧めしたい毛髪再生メソセラピーに注目しました。

AGA治療は日々進歩している

国内で承認されたお薬は何度も安全性が確かめられた身元が確かなもので、海外のものを含めるとAGA治療薬はたくさんあります。治療薬は2つのタイプに分かれます。AGAの進行を抑えるものと毛母細胞に働きかけ発毛を促進するものです。どちらか一方の治療ではなく、複数を組み合わせて行う治療法が主流となっています。

外用薬と内服薬では、注射などでピンポイントに治療するのか頭皮全体を体の内側から改善させるのかで違いが出てくるのです。AGA専門医院では個人の症状に合わせた治療法とマッサージや生活習慣、食事の摂り方まできめ細かいカウンセリングを行うことによって体の内側から改善していく治療ができるようになってきました。

プロペシア錠のように男性限定のものもありますが、女性に特化した治療法や完全オーダーメイドのお薬で治療するものがあります。最新のものでは自分の毛髪を生かすドナーストリップ法や血液検査で原因を追求し栄養分の足りない部分を補い個人の体質に合わせた薬を処方するヘアーベルパック、プラセンタエキス等の栄養価の高いものを直接頭皮に注射し育毛を促す発毛メソセラピーなど治療法は日々進歩しているのです。

どの治療法も特長があって個人の体質で効き目に違いがあるのは当然のことです。AGAの原因は遺伝のものから生活習慣まで幅広く、特定することが短期間で効率良く治す方法です。相談窓口は男女別になっていてプライバシーも万全です。
昔だったら治る見込みがなかった薄毛の症状も今なら改善できる時代です。クリニックの数も増え、受けたい治療法を探せるようになってきています。一つの治療法が合わなくても諦めずに積極的に相談していきましょう。

自毛植毛であるドナーストリップ法

治療してみたのはいいけれど発毛させる方法や進行を抑制する方法も、あまり効果がなかったという方には自毛植毛のドナーストリップ法というものがあります。その名前の通りドナー(移植させる毛)を後頭部や側頭部から採取し薄毛の部分に移植させる方法です。毛包単位植毛とも呼ばれています。AGAの影響を受けない部分からの採取になるのですが、グラフトという単位で決められた本数の治療となります。植毛するには医師の経験と技術が必要で仕上がり具合に影響します。植毛するのは自分の毛髪なので違和感がなく、移植された部分も自然な感じに間近で見てもわからないほどきれいな仕上がりです。植毛後は髪が生えそろうまで一年ほどかかり長期間にはなりますが移植された毛髪はそのまま生え続けます。

ドナーを採取するときはメスを用いるFUT法が標準だったのですが、最近は縫合技術が向上して傷が残りにくくなりました。最新のものではメスを使わない毛穴の一つひとつから採取するFUE法があります。一部のクリニックでは特殊な機械で行われています。ドナーの定着率を上げるために移植株を揃えて手植えしていくのですが、植毛に使われる道具や方法は様々で移植株の大きさや施術する場所によって使い分けることが多いようです。

費用は薬物療法に比べると最低金額が数十万円からとなり、かなりの高額にはなりますが服用する薬が体質に合わない方や短期間で治療を済ませたい方にドナーストリップ法は向いていると言えるでしょう。

大抵のクリニックでは初回カウンセリングが無料で受けられ、費用に合わせたプランの提案もあります。ドナーストリップ法を専門にしているクリニックがありますので、症例と実績を参考にしながら選んでいきましょう。

短い期間で効果を実感できる、毛髪再生メソセラピー

毛髪再生メソセラピーは自毛を移植する植毛とはタイプが違い、レーザーや超音波を使って不足している栄養分を頭皮に浸透させて発毛を促す治療法です。内服薬で気になる、アレルギーや副作用がないので女性にも人気があります。毛髪は毛幹細胞(毛根)と言われる部分でつくられます。薄毛の部分は毛根が眠っている状態になっていて、発毛に必要な成長因子や血行を促進させる、ミノキシジルなどを直接頭皮に与えることで活性化し発毛させます。

頭皮にはバリア機能があり、外用薬を塗布するだけでは浸透率があまり高いとは言えませんでした。それを解消するのがダーマスタンプやエレクトロダームという機器です。ダーマスタンプは小さな針が並んだ剣山のようなもので、痛みを伴いますが麻酔で解消します。エレクトロダームは頭皮に電流を通して浸透しやすくしたものです。レーザーは血行を促進させる働きがあり、超音波は粒子を細かくして頭皮に浸透させます。機器についてはクリニックによって取り扱いが違いますので、事前によく調べていきましょう。

施術は2、3時間で終わり、数回受けることになります。早ければ3カ月ほど6カ月から12カ月で効果が現れ持続します。施術後も維持するために内服薬を続ける人が多いようです。

毛髪再生メソセラピーは個人差があるものの、発毛率が高いと言われていて短時間で効果が実感できる分、1回分の費用も高額になります。頭皮に浸透させる薬剤についてはオリジナルで成分を配合しているクリニックが多く、説明をしっかり受けることが大切です。確実に毛髪を増やしたいけど植毛はしたくないし、体質に合わない内服薬は極力避けたい、または短期間で効果を得たい人に最新のAGA治療法の一つとして毛髪再生メソセラピーが挙げられるのではないでしょうか。

まとめ

AGA治療には2つのタイプの治療法があります。AGAの進行を抑制するものと発毛を促進するものです。

内服薬と外用薬の複数の組み合わせで自分に合うものを探すのですが、最新の治療法として自毛植毛のドナーストリップ法、短い時間で効果が実感できる毛髪再生メソセラピーが登場しました。両治療法とも高額ではありますが、自然な仕上がりと自毛を生かせる点や副作用の心配がなく短時間で効果がある部分が治療の切り札として多くの人に支持されているようです。

東京でAGA治療が受けられるクリニックの選び方

AGAを含む薄毛人口は年々増えていて、今や中年・中高年だけの悩みではなくなりました。それに比例するかの様にAGA治療が可能なクリニックが多く出来ていますが、どれも似た様な印象しかないのでどこへ通えば良いのか分からない。特に東京には数多くのクリニックがあるので、情報を見るだけでもゲンナリしてしまいます。そんなクリニックの選び方ですが、実績や費用を始めメニューや通いやすさと多くのポイントがあります。これらの優先順位を決めて、自分に合ったところを選びましょう。

まずAGAの症状と治療方法を知ろう

AGA治療が受けられるクリニックを選ぶ前に、まずAGAとは何か?から学んでいきましょう。AGAは男性型脱毛症の事で、ホルモンが影響して薄毛・抜け毛が酷くなってしまいます。男性と言う名称ですが、実は女性もAGAになるケースも珍しく無く、女性専用のAGA治療サロンもあります。

AGAにもいくつかタイプがありますが、ほとんどのケースでおでこ、生え際が後退していったり、頭頂部の毛髪が薄くなったりします。国内でも800万人以上の方が悩まされていて、早い方は20代中盤から症状が出ています。

ちなみに単なる薄毛とは原因が違うのでAGAなのかハッきりさせるには専門の機関で検査してもらいます。AGAの場合は育毛剤や投薬によって治療していくので、初期の状態では大掛かりな手術は必要ありません。どうしても改善しない場合は植毛手術をするケースもありますが、保険が利かず高額な費用が発生するのがネックです。

実績や評判で選ぶ

どんなに広告を出していたり、安いプランを提供していたりしても実力が伴っていないと不安ですし、コストも無駄になってしまいます。東京にいくつもあるクリニックの中から、自分に合ったところを選ぶにはまず実績や評判をチェックするのも良いです。

ほとんどの場合、公式サイトにこれまでの実績が掲載されているので、どの程度の件数を熟しているのか?またはサポートに力を入れているのかを確認出来ます。公式サイトだけの情報に不安があるなら口コミサイトからそのクリニック情報を確認するのも賢い方法です。

但し口コミは必ずしも本当の事を掲載している訳では無いので鵜のみにするのでは無く、半信半疑程度に抑えるのがベストです。

これら吟味した選び方であれば大きな失敗はありません。複数のクリニックを比較しているサービスもあるので、参考にするのも良いです。

治療メニューやプランの豊富さで選ぶ

別の項目でAGA治療は投薬や育毛剤と説明しましたが、これらの処方は1種類だけではありません。またカウンセリングを丁寧にしてくれるクリニックはもちろんの事、食生活や生活習慣をヒアリングして生活の根本から見直す様に指導してくれるところもあります。

また薬を処方するのは良いですが、それにプラスして育毛を促すヘッドスパやマッサージを行っているクリニックもあり頭皮を健やかに保つ為のメニューを提供しています。AGA治療は1、2度の治療で目に見えて効果が表れる訳では無く、長期的なスパンで考えなければなりません。だからこそプランや治療メニューの選び方が重要になります。

東京にあるクリニックの中にはお試しプランを設けているところもありますので、まずはチャレンジしてみて良いと思ったところに通院するのも良いですし、モニター募集しているクリニックに応募するのもベストです。

継続的に通えるクリニックで選ぶ

人によって進行度が違いますし、根本的な原因も違う事からAGA治療は早くても3ヶ月、長い場合は年単位での治療が必要です。その為、出来る限り通いやすいクリニックを選択するのも途中挫折しない選び方です。

基本的に東京はアクセスが良いので、さほど苦労する事はありませんが都心を外れたエリアや、自分のライフスタイルと合わないクリニックは自然と足が遠のいてしまうので注意して下さい。

またクリニックの外観や内装、雰囲気も大切な部分です。いくら高品質な治療が受けられるとしても不潔な印象であったり、外装・内装共にボロボロであったりすると不安になってしまいます。当然スタッフの対応も重要なポイントです。こちらの話を聞き入れてくれるのか、または治療の説明だったりスケジュールを明確に説明してくれたりするのかをチェックして、不明点があればその都度質問して下さい。

費用・コスパで選ぶ

AGAは脱毛症の一つですが、保険が効かないのでケースによってはかなり高額になってしまいます。年単位で通院するのならランニングコストとして考えなければならないので、費用・コスパでクリニック選びをするのも良いです。

一般的なAGA治療であればカウンセリングの後に診察、処方の流れになるので総額で1万5000~2万円ほどです。但しこれに注入治療と言って、頭皮に薬液を注入する治療を受けると更に加算され1度に4万円ほど発生する事もあります。その為、自分の懐を相談しながら負担にならない程度に通うのが治療までの一番の近道です。初診時に1度の通院で支払える金額を伝えておくとスタッフがそれに合わせてメニューを組んでくれます。

但し安いクリニック=良い訳ではありません。1度の費用は微々たるものですが、通院回数が多いとそれが積もって逆に高くついてしまう場合もあります。

完全予約制だから人目を気にせず治療が受けられる

東京のとあるAGA治療クリニックは完全予約制で、個室になっているので人目を気にせず治療を受けられると支持を得ています。AGAはデリケートな問題ですし、治療を受けていると知られるのが気恥ずかしいと思っている方も大勢います。

別のクリニックではスタッフが担当制になっているので小さな変化だったり、患者さん側から相談しやすかったりする環境造りをしています。薄毛の改善有無はもちろんですが、処方された薬が合わずに副作用を起こしてしまった場合など、小さな体調の変化を見逃さないので信頼出来ます。

治療メニューも充実しているので、患者さんの症状や状況に合わせて柔軟に対応出来るのも特徴ですので、東京でクリニック選びをしている方にぴったりです。カウンセリングが無料、または電話やメール・アプリを使って相談が出来るところもあります。

傷跡からAGAまで幅広く対応

AGA治療に特化しているクリニックも良いですが、頭部の傷跡や疾患を含めて様々なケースに対応出来るクリニックもある様です。美容関連にも強く、単に薄毛を治療するだけでは無く美しさにもこだわってくれるので満足度が高いです。このクリニックは美しさに重きを置いているので女性にも通いやすく、丁寧なカウンセリングが評判です。若い男性や薄毛を克服してオシャレを楽しみたいと考えている方におすすめのクリニックです。

傷跡や手術に定評のあるクリニックはAGAが進行してしまった際の自毛植毛手術を受付している事もあるので、これまで育毛剤や服用での治療をしても解決しなかったケースにも有効です。選び方やクリニックは星の数ほどありますが、自分にとって何が重要なのかを考えて選んでいけば大きな失敗はありませんし、途中挫折のリスクも減ります。

まとめ

東京には多くのクリニックやサロンがありますが、AGA治療を行っているところも多々あります。そんな数多くの中から自分にあったクリニックの選び方を公開しています。

コストにこだわるのは重要ですが、治療メニューやプランなど自分に合ったものを選択しなければ意味がありません。1度にかかる費用は平均1万5000~2万円程度なので、通いやすく且つ負担の無いクリニックがベストです。治療実績や雰囲気など利用者からの口コミを参考にするのも良い方法です。

おすすめのクリニック

10

第1位
オルソクリニック銀座

オルソクリニック銀座は、患者それぞれに合った治療法で、心身の衰えや心と体のアンバランスを改善していくクリニックです。体の不調や心のアンバランスの原因を、カウンセリングと最新の技術で見つけ出し、若々...

徹底的な検査で効果の高い治療方針を提案します オルソクリニック銀座にはホルモン専門のドクターが在籍しており、専門性の高い診療と問診を行うことで、患者それぞれの症状や事情に合わせ治療...

レビュー

  • 50歳を過ぎてから髪の毛が薄くなってきたことが気になり始め、同僚の勧めもあって思い切ってAGA治療を始めてみることにしました。オルソクリニック銀座さんに決めたのは、その同僚が以前通っていて効果が出た、という話を聞いていたからです。

    髪の毛が薄くなってしまう原因は人それぞれとのことで、自分に合った治療法を考えていただけたのが嬉しかったですし、丁寧なクリニックだなという印象を受けました。まだ通い始めたばかりなので、これから効果が出てくることを期待しています。
  • 閉経してから髪の毛が抜けるようになり、毎日悩んでいました。女性でもAGA治療が受けられるクリニックがあると友人に聞いて通い始めましたが、先生がとても親身になってくれるので助かっています。これからも通い続けたいと思います。

AGA治療や効果に関するコラムcolumn

当サイトについてsite information

AGAとは、「男性型脱毛症」を意味するAndrogenetic Alopeciaの略です。一般的に遺伝やホルモンによる影響と考えられています。
男性の10人に1人はAGAに悩んでいると言われており、このサイトをご覧の方も AGA治療をして、AGAを解消したいと思っている方もいることでしょう。
当サイトは、そんなAGAでお悩みの方に、AGA治療効果に定評のあるおススメの業者やそれに関連するコラムを配信していますのでぜひご参考にしていただければと思います。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください