前髪をAGA治療するメリット・デメリット

AGAといえば頭頂部の薄毛、いわゆる「てっぺんハゲ」の状態をイメージしますが、実は生え際や前髪部分の後退も当てはまりAGAと判断されます。生え際は顔の延長で見える部分なので何とか治療したいと思うのですが、AGA治療する事でどんなメリットがあるのでしょうか。またコスパの悪い治療方法や効果が無くデメリットの多い治療方法についても説明しているので、予防を含めこれから治療をしようと考えている方に役立つ知識になります。

前髪が後退する原因とは?

普段は前髪で隠しているけれど、実はどんどんおでこが広くなっている。そんな悩みを抱えている方は少なくありません。しかしなぜ生え際部分だけが後退していくのでしょうか?

その原因はDHTという男性ホルモンが影響しています。このホルモンは元々筋トレなどをすると分泌されるテストステロンというホルモンが5アルファリダクターゼという酵素と結びついて出来ます。このホルモンは前立腺肥大症の原因や、ニキビの発生、そして薄毛の原因となりあまり人にとっては良くないホルモンです。このDHTが多く分泌されればされる程、AGAが進行していきます。

DHTはストレスや運動・栄養不足によって引き起こされてしまうので、生活習慣が乱れていると気が付かない内に薄毛になってしまう事だってあります。DHTはデメリットばかりのホルモンですが完全にストップ出来ないので出来る限り抑制するのがAGA治療です。

前髪が多いとこんなメリットが

以外ですが前髪が多いと女性から好感をもたれやすいと言うデータがあります。そのデータによると、全体的にアップしていると人によっては威圧感があったり、つっけんどんなイメージがあったりする様です。

反対に降ろしているとナチュラルで若いイメージ、または優しそうな印象があり近づきやすいと取られます。普段はあげているのに、リラックスしている時だけ降ろしているギャップにキュンとする方も多いので、上手に活用して下さい。

ただいくら前髪のメリットを公開しても肝心の髪の毛がない意味がありません。だからこそAGA治療を受けて、今よりももっとアナタの魅力を引き出し自分の好きなスタイルを楽しみましょう。

ちなみにおでこの後退が気になり髪の毛を前に持ってきて隠していても、ほとんどの場合がバレているので変に隠さずにあげてしまうのも一つの方法です。

シャンプーの方法で改善するかも?

AGAに限らず薄毛が気になる時にシャンプーの方法を見直すのはとても良い方法です。薄毛の原因として頭皮の汚れが十分に落ちていない事があげられます。

頭皮は皮脂を多く分泌して乾燥から身を守っているのですが、ホルモンバランスが崩れて皮脂の分泌が過剰になってしまい、毛穴が詰まってしまいます。それが蓄積される事で毛髪にうまく栄養が行き渡らなくなってしまい、薄毛になってしまいます。

男性は女性に比べて髪の毛が短く、シャンプーに時間をかけずにいる方が多いのですが薄毛が気になるからこそゆっくりと丁寧に洗うと良いです。この時に爪を立てると小さな傷がつき皮膚トラブルの原因となりますので、指の腹で優しく揉みこむ様に洗って下さい。洗浄力の強いシャンプーよりも頭皮に優しい成分が配合されているシャンプーの方がメリットは多いです。

育毛剤はコスパが悪い?

薄毛の改善と言えば育毛剤をイメージする方もいますが、実際のところはコスパが悪くデメリットが多いとされています。

まず育毛剤は即効性が無く最低でも3ヶ月ほど使い続けなければいけないので、その間コストが発生し高額になりやすいのがネックです。また市販品から処方品まで数多くありますので、自分にあった育毛剤を選ぶのはかなり体験です。中には効果の強いものがあるので副作用がおきやすかったり、初期の段階だと脱毛が起こってしまったりするケースもあります。

何を選べばよいのか分からない場合は、成分を確認し始めの内は肌に優しいタイプを使うのが無難です。これを見決めていなければ頭皮トラブルを起こしてしまう事もあります。頭皮トラブルは治るのが遅く、クセになりやすいので気をつけて下さい。これらを総合的に判断しても育毛剤はコスパがよくない事が分かります。

クリニックでのAGA治療とは?

素人が思いつきで治療に励むよりも、専門クリニックでAGA治療を受けた方が短期間で済みます。

そもそも専門クリニックと言うのは医療機関なので、発毛サロンやセルフケアよりも専門的且つ柔軟な対応が出来るのが特徴です。通院する煩わしさはありますが、頻度は事前に相談出来ますし定期的なカウンセリングや血液検査は毛髪だけでは無く健康意識を芽生えさせてくれます。

ちなみに部分的なAGA治療も行っているので、前髪だけの後退が気になる場合にもぴったりです。クリニックではまずカウンセリングを行い、頭皮の状態をチェックします。AGAと診断された場合は治療を受けるか判断出来ますし、断ったからと言ってしつこい営業などはありません。

治療は服薬と注入がメインで、自分のペースだはもちろんの事、身体に負担が少ないのがメリットです。

クリニックでのAGA治療とは?

M字ハゲとも呼ばれる生え際部分のAGAですが、服用や注入治療でも良くならない場合は自毛植毛がおすすめです。この施術は人工毛では無く、自分自身の毛髪を植毛するので拒絶反応が少なく自然に見えるのが特徴です。

また大きなメリットとして自分の皮膚なので定着しやすく、その部分から髪の毛が生えてくるのでメンテナンスフリーです。植毛の際は側頭部や後頭部の髪の毛を切り取って植毛するので、施術から1週間程度は傷になります。そこから医師の指示で包帯を外し1~3ヶ月後には健康な髪の毛が生えてきます。前髪は他の部位に比べて範囲が狭いので定着率も良く、植毛するにはぴったりの場所です。

施術メニューによっても違いますが費用は50~130万円で安くはありませんが、長年悩んできたコンプレックスが解消されるので決して高い費用ではありません。

AGA治療体験を直撃

実際に前髪のAGA治療を受けた方によると、すぐにクリニックへ行くのでは無く始めは発毛サロンから入るケースが多い様です。薄毛が気になりだし発毛サロンへ行くも発毛を実感せず、それに対してストレスを感じて更に脱毛してしまい悪循環。

そんな時にクリニック情報を知りカウンセリングへ行ったところ、サロンでは出来ない服薬や注入治療をしてやっと効果を実感出来た様です。

AGA治療で使われる薬はミノキシジルと行って国内でも認可されている安全性の高い薬です。この薬を服用するとAGAの根本であるDHTが抑制されるので、薄毛が改善します。

保険が効かない自費治療なので1回につき1万5000~2万円程度発生しますが、この方は通院から7ヶ月で満足の行く状態になったとの事です。サロンよりも丁寧でメリットが多く、デメリットは保険が効かない事のみだそうです。

まとめ

気になる前髪の薄毛はAGAである可能性が高く、初期の内に治療する事をおすすめします。AGAは発毛サロンや育毛剤ではほとんど効果が見られず、お金を無駄にしてしまう事が多いです。

それに比べてAGA治療クリニックは医療機関なので柔軟な対応が出来るので安心です。自費治療になるので高額になりやすいのがデメリットですが、それでも確かなアプローチをしてくれるので患者としても安心です。どうしても発毛しない場合には自毛植毛を受ける事も出来ます。

AGA治療や効果に関するコラム

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください