生え際の後退が始まったらAGA治療?成功・失敗のポイント

人の顔を見て話すのはコミュニケーションとして当然ですが、その際に自然とおでこや頭も視界に入ってしまいます。そんな目立つパーツである生え際、おでこですが実はAGA症状が出やすいポイントです。AGAは男性ホルモンが影響して頭頂部やおでこが後退する症状で、男性だけでは無く女性にもみられる疾患です。ちなみにAGA治療は医療機関で出来ますが、人によって成功・失敗が分かれる事もあり初めて治療を受ける方にとっては不安です。そんなAGA治療にスポットを当てて紹介しています。

薄毛には様々な種類がある

薄毛と言えばAGAが代表的ですが、それだけではありません。女性に多いびまん型脱毛症は通常頭髪は10~15%の範囲で休止期になり、生え過ぎないようにサイクルと整えているのですが、この症状は頭髪が20%以上も休止期に入ってしまい、広い範囲で薄毛が見られる症状です。加齢と共にかかりやすくなり、柔らかい毛髪だけでは無く硬い毛髪も抜け落ちるのが特徴です。

続いてはストレスが原因で免疫異常を起こした結果、コインの様に円形状になって毛が抜けおちる円形脱毛症です。これは遺伝的要素もあり、30~40%が適用されます。

甲状腺機能低下症がきっかけで甲状腺ホルモンの分泌が低下する事で、休止期に入る毛髪が増えて脱毛するケースもあります。ホルモン異常により脱毛症はびまん性脱毛症を引き起こす原因にもなります。これらはAGAとは違う原因の薄毛になるので、薄毛=AGAではありません。

AGAは年齢問わず生じる疾患です

「前よりも生え際が後退している。でもまだ若いし、AGA治療は必要ない。」それは本当でしょうか?薄毛やAGAは中高年からの疾患とイメージがありますが、実のところ年齢は関係ありません。厳密に言うと20歳を過ぎたら誰でもなり得る症状なので「自分は大丈夫。」とは思わずに、少しでもおかしいと思ったらすぐにAGA治療を受けましょう。

ちなみにAGAはジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種が細胞に、毛髪の成長を抑制する様に指令を出す為に起こっています。生え際は頭頂部をメインに毛髪の成長が抑制され、側面はそのままの状態なのでアンバランスな薄毛状態となります。このジヒドロテストステロンは体質や遺伝によって生成する量が違う為、AGAは遺伝する可能性が高いと言われています。

薄毛予防やAGA治療を成功させたいのなら、自分の家系に薄毛がいるか確認する事も大切です。

生え際の後退に気付いたら気をつけるポイント

認めたくないけれど、生え際が後退してきた。その時、どんな事に気をつけるべきでしょうか?

気づいた時点でおでこの広さをチェックします。前髪をかきあげて指の本数でチェックして日付と広さをメモしておきます。続いて頭皮を触ってみて、突っ張っていないか確認して下さい。頭皮が硬く突っ張っているのなら血行不良になっている事が考えられるので、マッサージやヘッドスパや薬の服用で血行改善する必要も出てきます。

人間は毎日100本ほど毛が抜け、それは自然のサイクルに則っているので問題ありませんが、AGAの場合はそれ以上毛髪が抜けてしまうので、成長が追いつかずに薄毛になってしまいます。

抜け落ちた毛髪の毛根が細くなっていたり、白くなっていたりする場合は十分な栄養が行き渡っていない証拠になり、場合によっては速やかにAGA治療を受けなければなりません。

どうして生えてこないの?薄毛の改善成功・失敗の違い

とにかく薄毛を改善したいので、ネット検索をして効果的な方法をやみくもにやればいいだろう。それはとても危険な考えで、失敗に繋がる可能盛大です。

AGAといえど症状は人それぞれで、今回は生え際にスポットを当てていますが頭頂部やびまん性など数多くありますので、ネットの情報を鵜呑みにするのは危険です。

また生活習慣や食生活からきている薄毛の場合は、別のポイントでアプローチをしても思った以上の効果は期待出来ません。反対に効果を期待出来るケースは皮膚トラブルやホルモンの影響である場合です。

皮膚トラブルで毛髪の成長が遮られているのなら、まずはその根本を改善しましょう。この場合も独断での判断は危険なので薬局や医療機関へ相談しながら治療していきます。ホルモンが原因の場合は、服薬が必要なので同じく医療機関に相談するのが成功の近道です。

自己流での治療は危険?

さっそく自分でケアをしてみたけれど、中々薄毛が改善しない。それどころかより生え際が後退している気がする。よく聞く失敗談ですが、じっくりと分析すれば失敗の原因が分かります。

まずセルフケア自体、知識のある人でないとおすすめ出来ません。別の項目で説明した様にAGAはホルモンの影響で生じているので、根本を解決しなければ付け焼刃に過ぎません。それどころか自分に合わない薬や育毛剤を使う事で頭皮にダメージを与えて、更に薄毛を加速させてしまう恐れもあります。

成功のコツは何といっても自分の体調や状況を把握して、効果的なアプローチを考える事です。それが難しいのであればセルフケアを辞めてクリニックへ相談しながら、医療的なアプローチをして下さい。近年ではまるでサロンの様にオシャレなクリニックだったり、完全予約・個室になっていたりするので人目を気にする事もありません。

自己流での治療は危険?

クリニックは発毛サロンと違い、れっきとした医療機関です。その為クオリティの高い施術を受けられる反面、高額なコストが発生してしまうのがネックとも言われています。

前者である発毛サロンは1回につき5~8000円が相場となり、後者のAGA治療クリニックは1度で1万5000~2万円程度の費用が発生します。

一見割高に見えますが、クリニックの場合は月1~2回で良いですし、医学の視点からアプローチをしてくれるので仮に発毛しなかった場合には、別のアプローチをしてくれます。その点サロンはヘッドスパとカウンセリングのみで医療行為は不可です。長いスパンで考えると確実性のあるクリニックに部がある事が分かります。

ちなみに服用や注入治療以外に大きな手術が必要になる場合は30~120万円程度が相場になるので、事前に医師としっかりと話し合った上で決めて下さい。

予防に徹したい場合にもクリニックが吉

まだ大丈夫そうだけど、いつAGAになるか分からないので予防治療がしたい場合はまず生活習慣の見直しをして下さい。過度のアルコールやタバコ・脂質多めの食生活もAGAになってしまうリスクが高まります。

毛髪を作る成分であるケラチンは、大豆や魚、卵に多く含まれているので積極的に摂取するのも育毛に成功するポイントです。慢性的なストレスもホルモンに影響を与えます。完全にストレスをなくすのは難しいですが、趣味を含む楽しみを見つけてうまく発散させる事が予防に繋がります。

また良質な睡眠もAGA予防に繋がるので、出来る事からで構いませんので少しずつ不安材料を潰して薄毛予防をして下さい。分散すると小さな事の積み重ねだったり、当たり前の事だったりしますが塵も積もれば山となるのでコツコツを積み重ねてAGA治療が不要になるくらいの状態を維持して下さい。

まとめ

生え際は自分でもよく気づきやすいポイントで、且つAGA症状が出やすい部分でもあります。もしAGA治療が必要になった場合は、セルフケアよりもクリニックでの受診が育毛成功のコツです。

セルフケアは知識が必要ですし、且つ自分にあった治療方法を見つけるまで時間がかかってしまいます。また合わない治療は頭皮にダメージを与えるので、よりAGAが進行してしまうケースもあり挫折や失敗に繋がりやすいです。

AGAは予防も可能で、食生活や生活習慣を見直す事で後退していた部分が改善する事もあります。

AGA治療や効果に関するコラム

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください