最近髪が…もしかして若ハゲ?セルフチェック法とAGA治療

床屋さんに行った時におでこやつむじが広がってきた気がすると思ったら要注意です。数カ月前の髪の量と比べて明かに髪の量が減っているなら、若ハゲの危険があるのです。若ハゲの主な原因には普段の習慣やストレス、遺伝などが挙げられます。そうした若ハゲを防ぐにはこまめなセルフチェックを行い、すこしでも危険を感じたらすぐにAGA治療を始めるのが効果的です。AGA治療は早く始めた方が掛かる費用と期間を少なくする事が出来るからです。

日常から忍び寄る若ハゲ

まずは先ほど挙げた若ハゲの原因を詳しく解説しましょう。遺伝はどうしようもないですが、普段の生活習慣を変えたりやストレスを溜めない事でハゲる危険を少なくできます。理想的なのは「毎日規則正しい生活を送って、バランスの取れた食生活をして、ストレスのない職場で働く」事です。

しかしそんな生活はほとんどの人は送れないと思います。会社勤めをしていればどうしても不規則な生活になりがちですし、バランスを一々気にして食事も出来ません。「ストレスのない職場にしてください」と上司に言ったらクビになるかもしれません。

つまり現代の男性は常に若ハゲの危険に晒されていると言えるのです。そこで必要なのが自分の髪を守るためのセルフチェックとなります。やって欲しいチェックは2つだけで、それも5分も掛からず出来る事です。まずは朝起きたら枕に抜け毛が付着してないかを見てください、通常の髪の生え変わりもあるので明らかにおかしな量が付いてなければ大丈夫です。

次に朝の身だしなみの際に鏡を見てください。普段から皆さんされていると思いますが、チェックしてほしいのは「生え際が後退してきていないか」と「つむじが広がっていないか」です。つむじは普通に見るのは難しいので、手鏡を常備して合わせ鏡で見ると楽に確認できます。

セルフチェックで早期発見が大切!

もしセルフチェックで自分の髪に異常を発見したなら、直ぐにお医者様などに相談して必要ならAGA治療を始めたい事を伝えましょう。髪が不自然に抜ける原因は若ハゲの他にも重大な疾患の初期症状である可能性もあるので、お医者様に相談する事はとても重要です。

基本的に若くて健康上の問題もない男性は急に髪が抜ける事はありません。髪が抜けているという事はあなたの身体が発している危険信号なのです、肉体的または精神的な負荷が身体を蝕んでいるという兆候なのです。

AGA治療に限らずどんな病気でも早期発見できれば完治する可能性は高まります。そのために毎日のセルフチェックは若ハゲという問題にとどまらず、健康全般に関してとても重要といえるでしょう。

ヤバいと思ったらすぐにAGA治療を始めよう

一般的に若ハゲは進行が速いとされています。気付いた時には手遅れだったなどという事の無いようにセルフチェックを怠らないようにしましょう。特にAGA治療が必要になった時には早期に治療を始めれば直ぐに元通りの髪に戻る事が出来ます。

しかし若ハゲが進行してから始めるAGA治療は期間が数年間に及ぶ事も多く、費用もその分高額になる傾向があります。AGA治療は保険対象外なので、高額な治療費用の負担は避けたい所です。しかもAGA治療は完治しないで薬の服用を止めたりすると効果が無くなってしまうので、せっかく掛けた費用が無駄になってしまいます。そのため、毎日のセルフチェックで危険を感じたら直ぐにお医者様に相談して適切な治療を行う事が結果として負担の少ないAGA治療につながるのです。

まとめ

若ハゲを防ぐためには毎日のセルフチェックが重要な事と若ハゲの危険を見つけたら直ぐにお医者様に相談して必要ならAGA治療を早期に始める事が結果として負担の少ない方法である事がご理解いただけたと思います。完全に毛根が死滅してしまうとハゲの治療は不可能となってしまいます。

毎日セルフチェックを行って、毛根にまだ元気があるうちにAGA治療を始めていただく事がハゲの治療のためには必要不可欠な事なのです。「まだ若いからそのうち直るだろう」と高を括っていると取り返しのつかない事にもなりかねませんので、ぜひこの機会にセルフチェックの習慣を付けてください。

AGA治療や効果に関するコラム

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください